*

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

公開日: : アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されているように、ロンドンのサザビーズで行われたアート・オークションにおいて、約1.5億円で落札された作品が、なんとその直後にシュレッダーで切り刻まれてしまったのである。そしてこれはもちろん事故ではない。

 

なにしろこの作品は、覆面のまま活動を続ける現代アーティスト Banksy によるものなのだから。そのバンクシーは自ら “The urge to destroy is also a creative urge.” とコメントし、今回の行為が事前に周到に準備されたものだったと明かした。アーティスト本人の意志により、オークション会場の最後で手が加えられ、まさにその場で変貌したアート作品として、注目度・希少性がさらに高まり、その価値はもちろんのこと現代アート史に残る「事件」となったのである。

 


 

そして、こうした「事件」の積み重ねが現代アートの歴史でもある。その昔、マルセル・デュシャンが便器にサインしただけのものをアート作品として出品した「便器事件」もまた、当時のアート界に喧喧囂囂の議論を巻き起こしたものとして記憶されている。つまるところ、何がアートなのか、という点において、これが新しいアートの形だと提示することこそが現代アートの特徴でもあり、今回のBanksy による「シュレッダー事件」にもつながってくるのだ。

 

そんな現代アートの世界を理解するための優れたガイドブックとして以下3冊をおすすめしたい。なにが芸術なのかそもそも分からない、こんな作品なら幼稚園児でもつくれる、そう思うのも当然だ。だがしかし、現代アートには現代アートのきちんとした文脈があり、それに沿った上で新しい価値を付け加える、そのひと手間が必要不可欠なのである。日本を代表する現代アーティストの村上隆もその著書の中で述べているように、世界の舞台で認められるためには、その literature を理解し、自作品の contribution を明確にし、かつそれをきちんと売り込むための strategy が必要なのである。まさに研究者の論文発表と同様の取り組みを、現代アーティストたちもまた日夜行っているのである。その意味でも、研究者こそ現代アートの世界とその舞台裏を知っておくとよいのではないだろうか。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ジョジョの奇妙な原画展|荒木飛呂彦の冒険

この夏最大の注目とも言えるべきイベント、「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒険の波紋」がいよいよ始まるぞオ

記事を読む

日本橋コレド「江戸・金魚の涼ナイトアクアリウム」に行ってきた

7月から日本橋コレドで開催されていた「アートアクアリウム2014~江戸・金魚の涼~ナイトアクアリウム

記事を読む

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せているのはご存知の通りだ。そして

記事を読む

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観

記事を読む

フェルメールになりすまし、ナチスをだました男|20世紀最大の贋作事件

4/7にNHK-BSプレミアムで再放送予定の「ダークサイドミステリー」は必見である。アート好きにとっ

記事を読む

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

アート界を震撼させた本物のニセモノ|贋作師ベルトラッチの数奇な人生

先日放送された NHK-BS 世界のドキュメンタリー「贋(がん)作師 ベルトラッチ ~超一級のニセモ

記事を読む

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこの番組を見ようと思っていたのは

記事を読む

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術の見かた」が始まる。これはぜひ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑