*

フェルメールになりすまし、ナチスをだました男|20世紀最大の贋作事件

公開日: : 最終更新日:2020/04/04 アート, オススメ番組・映画・ドラマ

4/7にNHK-BSプレミアムで再放送予定の「ダークサイドミステリー」は必見である。アート好きにとってはご存知の話しかも知れないが、これを機にアートに興味を持つ人もぐっと増えるだろう、そんな美術界を震撼させた、ウソのような本当の話なのである。

ヒトラー率いるナチスドイツの最高幹部が15億円の名画サギに!?世紀のだましを実現したのは、闇の天才贋作(がんさく)師メーヘレン。大人気画家フェルメール幻の作品への金持ちや権力者の欲望を狙いニセ名画を量産した末に、驚くべき数奇な運命で人生を翻弄された伝説の画家だ。タダ同然の絵を数百万倍の名画に仕立てただましテクニックとは?高名な美術研究者までだまされた、意外な落とし穴とは?芸術と金と欲望の闇に迫る!

 

 

 

美術作品をめぐるアヤシイ話は古今東西あまたと存在する。それは漫画の世界でも同様で、例えば往年の名作『キャッツ・アイ』から、近年の傑作『ギャラリーフェイク』まで、とても面白い作品が数多く生み出されてきた。そんないちおしの『ギャラリーフェイク』は、期間限定でKindle無料でお試しキャンペーンを実施中なので、ぜひとも最初の5巻までを試し読みしてみて欲しい。とても面白いんだから!

 

 

 

ところが、である。現実世界の方が、漫画の虚構よりもさらに何倍も数段もエキサイティングだと言ったら信じられるだろうか? それがその通りとなっているのが、世界のアート市場なのである。有名作家の唯一無二の作品が、信じられないほどの高値で取引される世界、だからこそ偽物がはびこり、魑魅魍魎が跋扈する世界でもあるのだ。そんなダークな美術史の中でも燦然と輝く、という言い方がよいのか疑問だが、強烈な爪痕を残したのが、今回放送される「メーヘレン事件」なのである。

 

NHKでの放送もぜひご覧頂きたいが、それとともにおすすめしたいのが、こちらの書籍『フェルメールになれなかった男』だ。このフェルメール事件をもとにした、傑作アート・ノンフィクションであり、以前に書いたエントリ「アートは小説よりも奇なり:盗作と贋作の歴史、美術ノンフィクションが面白い」でも紹介し、イチオシした一作である。

 

秀れた才能を持ち、将来を嘱望された画家は、なぜ贋作作りに手を染めることになったのか。第二次大戦終結直後のオランダで、ナチの元帥ゲーリング所蔵の「フェルメールの絵画」に端を発して明らかとなった一大スキャンダル事件に取材。高名な鑑定家や資産家たちをもまんまと欺いた世紀の贋作事件を通して、美術界の欲望と闇を照らし出し、名画に翻弄される人々の姿を描き出した渾身作。

 

ちなみに、フェルメールという作家は、きわめて少数の作品しか世に送り出さなかったため、その希少性から値段が高騰しやすい。くわえて、じつはフェルメールはもう一枚作品を残していた、というストーリーを組み立てやすいということもあり、犯罪集団からは格好のターゲットとなるのである。そんなフェルメールを巡る数々の事件をまとめたのが、こちらのエントリ「盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史」だ。

 

アートの世界というのは、光り輝き、人々の憧れも大きい。だからこそ、その背景でどす黒い欲望がうずまき、闇は暗く深い。そんなまさに人間ドラマの結晶だからこそ、僕らは今も綺麗に着飾った美術史の裏にある、もう一つの真実から目が離せないのだろう。そんな思いをさらに強くさせてくれるだろう、4/7のNHKの番組、そしてそれにまつわる関連書にもぜひ目を通してみて欲しい。そこには人々を惹きつけて止まない、誰もがのぞいてみたくなる深淵があるのだ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

最強のトイレがアメリカに上陸。一方の日本では「トイレとうんち」展が大人気

僕はトイレに並々ならぬ関心を持っている。本当に。だから、国連が「11月19日は世界トイレの日」と定め

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

WOWOW人気「連続ドラマW」シリーズ、8月の新作サスペンス『石の繭』明日スタート

WOWOWの人気ドラマシリーズ「連続ドラマW」をご覧になったことがあるだろうか?圧倒的なクオリティは

記事を読む

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。彼ならではの視点から語る「幸福

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」今月の新作・医療サスペンス『死の臓器』本日スタート

先月のWOWOW「連続ドラマW」として放送された『予告犯』。映画版から一年後が舞台となったドラマ版で

記事を読む

Amazonプライムを利用して話題のWOWOW「連続ドラマW」を見る|無料キャンペーン実施中

いまWOWOWドラマが面白い 圧倒的に質が高い大人のための本格作品 これまで何度も紹介してきたよ

記事を読む

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこの番組を見ようと思っていたのは

記事を読む

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せているのはご存知の通りだ。そして

記事を読む

年末年始こそWOWOWドラマを観る|過去の名作がまとめて再放送

いよいよ今年も残りわずか。年末年始の過ごし方を考えている人も多いことだろう。それにしても、例年以上に

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

no image
宗教的絶望と科学的真理|異色マンガ『チ。―地球の運動について―』が面白い

前回「中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―

ここで今こそ学ぶ倫理です。

1/16土曜からNHKで放送が始まるドラマ『ここは今から倫理です。』は

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受

日本語の誤用をとことんを考える『明鏡国語辞典』が10年ぶりに大刷新|新しい「問題な日本語」

今年も国語辞典の話題が多かったが、最新のトピックとして最も注目すべきな

アイデアと問題解決につづく第3弾『独学大全』ついに登場|一家に一冊、学びの百科事典として

さてさて、あの『独学大全』もう読みましたか? 人生100年時代、つねに

イェール大学出版局「リトル・ヒストリー」は初学者に優しい各学問分野の歴史解説

以前にもおすすめしたのだが、米国イェール大学出版局の “A Littl

中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―地球の運動について』が面白い

『鬼滅の刃』で全国盛り上がっているところ申し訳ないんだけど、ものすごい

PAGE TOP ↑