*

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

公開日: : アメリカ, オススメ

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやかな日差しのもと、学校を卒業して新しいステップを踏み出す若人の姿はじつに清々しい。日本の春、桜満開の卒業・入学も素晴らしい光景だが、アメリカのこの時期も本当に素敵だ。

 

そんな卒業式をさらに華やかにするのが、著名人によるスピーチだ。毎年各大学が競うようにして大物を招待し、それは政治家や起業家そしてスポーツ選手やハリウッド俳優にまで至り、じつに豪華なラインナップなのである。例えば今年であれば、こちらで各大学のスピーカーが一覧にまとめられている。

 

photo by ACC

 

 

このリストによれば、例えば5/11にはオプラ・ウィンフリーがUniversity of Southern Californiaで卒業スピーチを行い、翌5/12には元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグが Rice University に登壇となる。そして続く5/13にはアップルCEOのティム・クックが Duke University で卒業生に言葉を贈る。

 

こうした豪華な顔触れは毎年つづくが、それでは果たして歴代ベストと呼べるようなスピーチは一体どれなのだろうか?もちろん人それぞれの好みはあるだろうが、総じて評価が高く、今も語り継がれているのが次の5つだろう。詳しくは動画付きで「もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選」で紹介しているので、ぜひ参考にして欲しい。

 

photo by ACC

 

 

そんな歴史に残るだろうスピーチの一つが、フェイスブックCOOシェリル・サンドバーグによるものだ。その著書『リーン・イン』でも詳しく語られているように、自分の体験をふまえ、もっと女性に社会で活躍して欲しいと若い後輩たちにエールを贈る。そんなサンドバーグは、今年は6/8にMITの卒業式でスピーチを行うこととなっている。いまどきすぐに動画も公開されるから、これもぜひ見逃さずにチェックしてみてはどうだろうか。こうした著名人が若者に語る内容が印象的であるのと同様に、英語のレッスンにももってこいなのである。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

科研費に採択された研究者に絶対おすすめのクラウドサービス2選

科研費採択おめでとう さて、いよいよ4月の新学期が始まった。多くの大学では、新型コロナウィルス感染

記事を読む

japanese dictionaries 1

春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院を卒業した学生にとっては就職の

記事を読む

playground in a rural area

アメリカと日本と国際養子縁組

先日のTBSの番組「女児はなぜアメリカへ行ったのか?国際養子縁組を考える」を観た。 豊かな社会とは

記事を読む

うんち終了2日前:おすすめ企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

「この夏休みどこか1か所出かけるとしたら、ここでしょ!」と、僕が激推しした「トイレとうんち展」が、い

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

世界で最も成功したスポーツビジネス:アメフトNFLとスーパーボウル

米国で最も盛り上がるスポーツイベントと言えば、アメフトのスーパーボウル。個人的にはいまだにアメフトの

記事を読む

ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に

3/22月曜日、NHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」ご覧になっただろうか? 番組史上も

記事を読む

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピーク・シーズンである。だからこ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑