*

今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選

公開日: : 最終更新日:2016/02/25 オススメ

今年もいよいよ年の瀬。この一年、仕事に関連するオフィス・アイテムを色々と買った中で、これは最高!と思えるものを厳選して7つ紹介したい。

 

富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)で超快適ペーパーレスのオフィス仕事

「Evernote と連携した富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)がスゴイ:保存すべき紙資料が激減した」で紹介した通り、これこそまさに、1人に1台のマストアイテムというべきものだろう。Evernote を仕事に使っている人は多いだろうが、このスキャナのすごいのは、そのEvernote との連携が実にスムーズなところだ。買った人のほとんどが「なぜもっと早く買わなかったんだ!」と叫ぶこと必至。それくらい便利なこのアイテムは、僕にとってももう手放せないものとなっている。

 

2014-07-18 15.59.08

 

Evernote をまだ使っていないという人は、現在Kindle版がセール中の『Evernote 基本&活用ワザ 完全ガイド』で、そのスゴさを早いところ確認すべし。いずれにしろ、このスキャナ「スキャンスナップ」が一台あるだけで、どれだけオフィスの紙資料が減ったことか!素晴らしい逸品として、ベスト・オフィス・アイテム of 2014に推したいところだ。

 

 

 

ワイヤレス・エルゴノミクスキーボードは長時間タイピングしても疲れない

続いては、こちらも「マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン」で激推しした通りなのだが、もうこれがないオフィスPC仕事など考えられない。それくらい、手首にやさしい、おすすめキーボードとなっているのである。

2014-07-18 16.00.54

 

ヘンテコな形をしたデザインだと最初は感じるだろうが、この傾斜と質感が実によく手に馴染むのである。球体に近いマウスも、すっぽりと手のひらに覆われる様が実に自然であり、一旦これに慣れてしまうと、なぜ今までのキーボードとマウスはあんなにも手首に負担のかかる不自然な形状をしていたのかと不思議になるほどだ。PC作業が多い人にとっては、手首へのストレスを軽減させるためにも、これはもう必需品だと思います。

 

 

 

iPad スタンドがあって初めて気づく両手が軽く自由になることの素晴らしさ

僕も iPad Air 2 を愛用しているのだが、当初はそのスタンドが必要だなんて思ってもみなかった。しかししかし、このアイテムを購入し、スタンドに立ててみて初めて気づいたことがある。それが、両手が使えるってなんて自由なんだ!っていうこと。PC作業中にメインモニタを見ながら、ちょっと脇で確認したいことがあるときなど、スタンドがあって本当に便利だったと思う。

 

2014-12-13 11.17.55

 

そしてもう一つは、普通にネットしたり電子書籍を読んだりするとき。iPad のような軽量タブレットの「重量感」というものを、このスタンドを使ったことで改めて感じるのである。いくら軽量化してもタブレットは重い。ある程度の時間持ち続けることによる疲労は結構蓄積されるだろう。もちろん、スタンドを使ってみるまではそんなこと微塵も思わず、あぁなんてタブレットって軽いんだろって思っていたのだけれども。この Anker 製のスタンドは、きちんとしたつくりであり、傾斜角度も自由に調整できる優れもの。僕などはあまりにも便利だということに気づいた瞬間、オフィス用だけでなく、自宅用にもう一つ追加購入してしまったほどのおすすめアイテムなんです。

 

 

 

USB急速充電器ポートで絡まる各種機器コードを整理整頓

オフィスに iPad があって、iPhone があって、そして Kindle 端末もあってと、充電しなければならない機器がどんどん増えていくのは、多くの人にとっての悩みだろう。充電コードが汚く絡まるし、どれがどの機器に対応していたのか混乱する。そんなイライラする悩みを解消してくれたのが、こちらの複数ポートを有する急速充電器だ。このアイテムが一つあるだけで、オフィスデスク周辺のコンセント周りがぐっと整頓されたのは言うまでもない。Amazon のカスタマーレビューで驚くほど高い評価を受けているが、それも使ってみて納得の一品である。

 

 

ちなみに、こちらの製品も Anker 製なのだけれども、上記のタブレット・スタンドでも書いたように、Anker 社の製品は非常にクオリティが高い。実際に、同社製品のモバイルバッテリーを始め、USBハブなども非常に高い評価を受けており、PCや携帯の周辺機器なら、僕はこれからも Anker 製品を買い続けようと思っているほどだ。実際に同社が出す製品は、以下のようにことごとく「人気」商品となるなど、ちょっと信じられない程にカスタマー・レビューが高いのである。

 

anker-products

 

 

大容量USBメモリによる快適ファイル整理・保存

これまでもっと容量の小さいUSBメモリを使っていたのだけれども、たまに大きなファイルを保存しようとするときなど、容量に入りきらずにストレスを感じることが何度かあった。そこでもう思い切って大容量のUSBメモリにしてしまおうと考えて購入したのがこちら。今はもう大量の写真を整理するとき等にも、転送速度も早く、実にストレスなくファイル保存できている。大きく速いは正義。

 

 

 

オフィス用ホワイトボードにはプラス製クルボがベストな2つの理由

ホワイトボードは絶対に欠かせないオフィスアイテム。しかし、その種類は多く、どれを選んでいいのか悩みどころでもある。僕自身が各種メーカーの各種製品を比較検討した末に出した結論が、プラス製の「クルボ」である。このアイテムの一つ目の特徴は、公式ウェブサイトでも解説されているように、ホワイトボード板面を裏表回転させて使用する他製品とは異なり、横にスクロールさせて使うということ(下の写真左側)。これによって、板面を回転させるために従来必要とされていた空間が不要となり、一気に省スペース設計を実現することができている。

 

crubo-l-2 crubo-l-3

 

さらに二つ目の特徴として、よりコンパクトなデザインとするためにL字型の脚を用意していることである(上の写真右側)。つまり、ホワイトボード後方に従来生じていたデッドスペースが、この製品によって完全に解消されているのである。というように、本製品のユニークさは、ホワイトボードそのものではなく、オフィス内でどうしても嵩張ってしまい邪魔になりがちだったホワイトボードの、省スペース設計に大きく貢献しているところなのである。オフィスでどのホワイトボードにするか迷ったら、僕はこのプラス製「クルボ」(L字脚タイプ)がベストなんじゃないかと思う。

 

 

 

ようやく見つけたデザイン性ある壁掛け時計はレムノス製

最後に、仕事がはかどるアイテムというよりは、気分やすらぐアイテムとして、デザイン性ある壁掛け時計を推したい。今までずっと探していたのだが、なかなかいいデザインのものが見つからず、仕方なく僕のオフィスには壁掛け時計がないままだった。そんな中ようやく見つけたベストアイテムがこちらのレムノス製電波時計だ。

 

 

シンプルなデザインをより一層シャープなものにしている理由の一つは、この時計に秒針が付いていないことだ。だいたい、壁掛け時計に秒単位の正確さを求めるか?個人的にはそのような精確さが必要なときには、デジタルのしかもストップウォッチを使う。だから、アナログの壁掛け時計に僕が求めているのは、綺麗なデザインで大まかな時間が分かる、それで十分なのである。しかもこれは電波時計だから、精度も申し分ない。

 

オフィス正面奥の壁に掛けているのだけれども、実に気持ちがいい。あと、全然知らなかったのだけれども、このレムノス社製の時計にはじつに多くのバラエティがあり、そのどれもが色使いやフォントそれに質感等々、デザイン性に優れたものが多い。今度時計を買うときも、僕は間違いなくこのレムノスにすることだろう。それくらい気に入ったアイテムなんです。

 

lemnos

 

 

というように、今年もいろいろと良い買物をした。それでは来年もまた、happy shopping!

 

photo credit: Andrew from Sydney via photopin cc

photo credit: Andrew from Sydney via photopin cc

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Evernote と連携した富士通 ScanSnap(スキャンスナップ)がスゴイ:保存すべき紙資料が激減した

昨年着任して以来、少しずつ研究室の設備を充実させてきたのだが、その中でのベスト・アイテムが、最近購入

記事を読む

熱い将棋の夏|初企画オールスター東西対抗戦のファン投票始まる

近年の将棋界はいろいろと攻めていると思う。藤井聡太二冠のような400年に一度のスーパースター登場に依

記事を読む

生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう

さて先日から東京都美術館で始まった「若冲展」。生誕300年を記念した大回顧展ということもあって、NH

記事を読む

今年もアメリカの大学卒業シーズンがやってきた|おすすめ歴代スピーチ10選

さて、今年もアメリカの大学では卒業シーズンとなった。コロナ禍で大きく様変わりしてしまったとはいえ、卒

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

美女と稲刈り:魚沼産コシヒカリ、新米できました

さてさて収獲の秋、味覚の秋、そして食欲の秋。今年も魚沼産のコシヒカリの新米ができましたよっ!以前に「

記事を読む

クラウドソーシングを使って優秀なリサーチアシスタントを早く安く簡単に探す

英語論文の校正にかかる費用と時間というのは、多くの研究者を悩ませるところだろう。安くて早くて質のいい

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニス準々決勝|対ジョコビッチ戦の敗戦をデータで振り返る

先日「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白

記事を読む

マイクロソフト製ワイヤレス・キーボード Sculpt Ergonomic がスゴイ:手首が疲れないおすすめのデザイン

前回「ScanSnapがスゴイ」で書いたように、僕が最近購入した研究室アイテムのうち、ベストは富士通

記事を読む

Amazon Audible (オーディブル) で「聴く」読書|おすすめオーディオブックの始め方

僕がオーディオブックというものを初めて知ったのはアメリカにいたときだった。プロのナレーターが本を朗読

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑