*

論理思考の駆け引きで騙し合い|カードゲーム「TAGIRON」が熱すぎる

公開日: : オススメ

以前に「冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニオン」を遊び倒そう」でも紹介したように、僕はけっこうボードゲームが好きなのである。正月に家族・親戚でわいわい楽しむのも、週末に友達と集うのも最高だよね。もちろん今はコロナ禍でそんな密はゲーム避けなくてはならないのがツライところだけれども。

 

さて、そんななかでごくごく最近知った、超おもしろゲームが、この「TAGIRON」である。たぎる論理、で「タギロン」というネーミングからも分かるように、論理思考が問われる究極の数字当てゲームがこちらだ。以下の説明にもあるとおり、遊び方はじつに簡単、しかも10-15分程度のプレイ時間なのできわめてお手軽に遊べるのだ。しかししかし、このシンプルなゲームがこんなにも奥深いなんて!!!

 

と僕が気づいたのはつい先日。そのきっかけは以下のYouTube動画である。なんと数学系YouTuberのヨビノリたくみ氏が、あの将棋・永世名人の森内俊之と、このTAGIRONで対決しているのである!いやぁ知らなかったなぁ、こんなに面白いカードゲームがあるなんて。しかも、こんなに面白い遊び方があったなんて! という動画内容なのである。

 


 

もちろん、僕自身は大変もうしわけないが、ヨビノリたくみ氏のお名前はまったく知らなかった。しかし、対戦相手はあの森内永世名人ですよ。著書『覆す力』でも知られる、あの天才棋士ですよ。しかも、森内俊之の公式YouTubeチャンネルでの企画なのだ。

 

 

 

いやあ、面白い、このTAGIRONゲーム。僕はもうこの動画を見終わった瞬間に購入したからね(笑)。しかも今、この商品が品切れとなっているんだけれども、これはもう間違いなくこの動画のせいだと思う。本当にね、この動画を見たら、間違いなく絶対に自分でもプレイしてみたくなる。そして、論理思考に自信があるあなたならば、絶対に同じような友達と対戦してみたくなるはずだ。ぜひどうぞ!

究極の数字当て推理ゲーム、タギロン。論理的な思考を駆使するハードな頭脳戦ゲーム!赤と青の「0」~「9」(「5」のみ黄色)の数字タイルが各1枚あり、この前提をヒントに「5はどこ?」「赤の数の合計は?」といった質問カードを駆使して、相手が持っているタイルの「数字・色・位置」を見破る。質問をうまく選んで情報を絞り、相手よりも早く答えを導く論理パズルゲーム。

【遊び方】(2人プレイの場合)
[準備]数字タイルを各自5枚ずつ取ったら、ついたてで隠して、ルール通りにならべます。質問カードは、山から6枚を表にして場にならべます。[進行]場にある質問カードから1枚選んで、相手に質問をします。相手は質問に正直に答えます。これを交互にくり返していき、相手の持つ数字タイルが全て分かったと思ったら宣言をします。[勝敗]先に、相手のタイル5枚の「数字・色・位置」を完璧に言い当てたほうが勝ちです。

※3人プレイ、4人プレイは遊び方と勝利条件が異なります。

【対象人数】2~4名 【プレイ時間】約15分

[セット内容]数字タイル20枚(「0」~「9」各2枚)・質問カード21枚・ついたて4枚・説明書 1枚

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

科研費に採択された研究者に絶対おすすめのクラウドサービス2選

科研費採択おめでとう さて、いよいよ4月の新学期が始まった。多くの大学では、新型コロナウィルス感染

記事を読む

ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に

3/22月曜日、NHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」ご覧になっただろうか? 番組史上も

記事を読む

今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選

今年もいよいよ年の瀬。この一年、仕事に関連するオフィス・アイテムを色々と買った中で、これは最高!と思

記事を読む

将棋・渡辺明と囲碁・井山裕太の名人対談|天才的頭脳とAI的息苦しさ

さて、将棋と囲碁、それぞれの2020年賞金ランキングが以下のように出そろった。 日本将棋マ

記事を読む

新潟を代表する日本酒・朝日酒造「久保田」の萬寿/翠寿/紅寿/千寿をとことん味わう

ご存じのように、新潟は日本を代表する酒の産地であり、米と水の美味さが相まって「端麗辛口」と呼ばれる味

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2017年版

毎年恒例のイベントといってもよいだろう、それがこのニューヨークタイムズ紙が選ぶ「今年絶対に行きたい世

記事を読む

今年の確定申告こそ電子申請で|クラウド会計とe-Tax の合わせ技で手続き簡略化

今年も確定申告の時期がやってきた。あす2月16日から申告期間が始まり、例年であれば3月15日までのと

記事を読む

家計簿をクラウド会計で|研究費管理から確定申告まで

一年の計は元旦にあり、というように、2021年の計画を様々に立てている人も多いことだろう。とくに今後

記事を読む

もちろんご存知ですよね?ついに開幕、第四回OKB48選抜総選挙。センター推しは、三菱鉛筆ユニボール・シグノだ!

いよいよ第四回目となった「OKB48選抜総選挙」、熱い闘いが今年も始まった。もちろんOKBとは「お気

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き水中考古学者の海底探検記|ガラクタから宝物そして遺跡新発見

「水中考古学」なる学問分野をご存知だろうか? もちろん考古学なら知って

真理探究に命を懸けて|科学と宗教を描いた異色漫画ついに完結

これまで何度もイチオシしてきたこの漫画『チ。―地球の運動について―』が

科研費獲得の方法とコツ|戦略的な申請書執筆ノウハウ

さて、今年もまた科研費の応募締切が近づいてきた。採択された場合に翌年4

映画『マイスモールランド』とクルド難民の現在地

現在上映中の映画『マイスモールランド』をご存知だろうか? これはもとも

NHKの異色数学番組『笑わない数学』第2回は「無限」の魅力と魔力に迫る

さて、初回が放送されたばかりのNHK『笑わない数学』、ご覧になりました

NHKの異色エンタメ『笑わない数学』が歴史的超難問を大真面目に解説する

NHKには『レギュラー番組への道』という大変とがった企画を集めた番組が

【Kindle特大セール】7月の月替わりセール注目の統計データ分析3冊

Amazonは今月は年に一度の最重要イベント「プライムセール」を実施す

連邦最高裁判事9人が形づくるアメリカの歴史

下の写真がアメリカ連邦最高裁判所だ。各種ニュース等での報道の通り、今回

PAGE TOP ↑