*

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ, ビジネス・経営者

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象徴されるように、今大会のドイツは終始圧倒的な強さだった。そして、その強さを支えたのがビッグ・データだった、というのも大変に興味深い。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ウォール・ストリート・ジャーナルが “Germany’s 12th Man at the World Cup: Big Data” で書いているように、ドイツ企業SAPが開発した Match Insights が今大会のドイツチームの秘密兵器であり12人目のプレイヤーだったと報じている。このツールを有効に利用することで、ドイツ優勝の要因となった素早いパス回しと aggressive style へと結実したのだと。

As Germany prepares for Sunday’s World Cup final against Argentina, it will have Big Data on its side.

To gain a competitive edge, the team partnered with German software giant SAP AG to create a custom match analysis tool that collects and analyzes massive amounts of player performance data.

The tool, called Match Insights, analyzes video data from on-field cameras capable of capturing thousands of data points per second, including player position and speed. That data then goes into an SAP database that runs analytics and allows coaches to target performance metrics for specific players and give them feedback via their mobile devices.

A focus for the German team this year was speed, said Nicolas Jungkind, SAP’s head of soccer sponsorships. Using Match Insights, the team was able to analyze stats about average possession time and cut it down from 3.4 seconds to about 1.1 seconds, he said. The tool allowed them to identify and visualize the change and show it to coaches, players and scouts. “That then goes into the game philosophy of the German team. What is apparent is the aggressive style Germany plays.”

 

さて、その Match Insights のシステムについては、一部が公開された映像を見たほうが理解が早いと思う。サッカーの試合をリアルタイムにデータ化し visualize するこのツールは確かに素晴らしい。眺めているだけでも美しく、思わず見とれてしまいそうではないか。もちろん監督やコーチにとっては見入っている暇はなく、このデータをどう分析し、どう戦略に活かすかが問われているのだけれども。こうしたドイツチームの取り組みについては、週刊ダイヤモンドも「サッカーW杯優勝のドイツ代表が8年間改善してきた「数字」とは?データフットボールを支える最新テクノロジー」という特集で紹介している。

 

 

 

さて、この Match Insights だが、これまではドイツチームへの独占的提供にとどまっていた。しかしなんと、SAPジャパンはつい先週、日本のスポーツ・ビッグデータ市場への本格参入を発表した。これは非常に面白くなってきた。今後SAPが同システムを、日本を始めとする世界のナショナルチームへ提供すれば、今度はこのツールをどう利用するかという、データ分析・活用の手腕がますます問われるようになるだろう。

 

監督の戦略・戦術とともに、サッカーの試合そのものが飛躍的にレベルアップするのは間違いない。次の日本代表監督を誰が担うのかといった報道に熱が帯びるのは結構だが、いよいよ本格的なデータドリブン・サッカーの時代を迎え、誰がそれに最も上手く適応していけるのか、そういうデータ活用の観点からも監督の候補や適性について議論して欲しいところである。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

american-beer-2013-infographic

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧

記事を読む

liverpool football club

英国プレミア・リーグと、リバプールのData-driven football

今シーズンの英国サッカー「プレミア・リーグ」が、マンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた。それを不思

記事を読む

wowow-tennis-australia-2017

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

medium_5440728466

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現

記事を読む

amazon-student-2014-fall

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

volley-ball

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の完勝に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう。もちろん僕も毎年正月の楽しみと

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

データとマネジメントとストラテジー|ドイツ・サッカー復活の道のり

昨年のサッカー・ワールドカップ。開催国ブラジルを7-1という大差で沈め、決勝でも強豪アルゼンチンを倒

記事を読む

us-open-2015

全米オープンテニスを Slam Tracker でデータ観戦しよう

いよいよ全米オープンテニスが始まった。それと同時に錦織圭の初戦敗退。大変残念だけれども、それだけグラ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑