*

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

デロイトが最新のレポート “Football Money League 2015” を発表した。これは昨年もこの時期に「フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014」で紹介したように、欧州サッカーチームの収入を総計および項目別に比較したもので、今どのチームがリッチなのか、そしてその収入源は何なのかが分かる、ユニークな視点からのチーム分析レポートなのである。

 

今年で18回目となる本レポートだが、毎年注目度は高く、この発表を元にした報道も既に多数なされている。例えば、Economist 紙では、“Football Wealth” と題して、最新の「リッチランキング」について紹介している。

 

Economist-money-league-2015

 

 

今年もナンバーワン・金持ちチームは、スペインのレアル・マドリードだ。その事自体には今さら驚くことはないかも知れない。なにしろ現在あれだけの選手を集められるチームは他には存在しないのだから。しかし、そんなレアルの1位が10年連続となったと聞いて驚いた。他にもリッチチームが多々あるなか、10年もの間トップを維持し続けるレアルのクラブ経営に改めて凄みを感じざるを得ない。

 

 

 

一方でGuardian 紙では、“Manchester United tipped to overtake Real Madrid at top of money league” という記事で、マンチェスター・ユナイテッドの躍進を報じている。そしてもう一つは、これがユナイテッドという1チームのことではなく、プレミアリーグ全体としての傾向であるということ。以下の図が示すように、リッチランキング上位20チームには、プレミアリーグのチームが8つと最多であるほか、上位40チームにまで広げて考えると、なんとプレミアの全チームがランクインしているのである。

 

Guardian-money-league-2015

 

 

そんなプレミアリーグ全体の底上げにつながった要因は、”Their growth was partly fuelled by their commercial strategy of selling regional sponsorship categories around the world but also by the Premier League’s broadcasting deals that bring in £5.5bn over three years.” と書かれているように、新たなテレビ放映権の契約である。

 

一方で凋落が止まらないのが日本人選手の本田や長友がいるイタリアのセリアAだ。上の図ではトップ20に現在何とか4チームを送り込んでいるが、2001年時点ではトップ10のうち5チームがセリアAだったことを考えると、その落ち込みは激しい。こうした比較から見えるのは、リーグそのものの運営の巧拙である。先日は「米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営」の中で、アメリカのスポーツではアメフトが最も巧みにリーグ運営をしていることを紹介した。同じ視点でヨーロッパサッカーを眺めてみると、いま間違いなく経営上手なのはプレミアリーグということになるのだ。

 

そんなプレミアのチームを含め、上位各チームの詳細は以下のスライドから確認できる。


 

 

また、ちょっとサイズが大きいが、以下のインフォグラフィックも眺めているだけでおもしろい。デロイトのウェブサイトでは、詳細なレポート本体(PDF版)も公開しているので、さらに関心がある人はぜひご覧ください。

money-league-2015

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

UK top cosmetic surgery women and men 2013

美容と整形:2013年も引き続き市場は拡大

美容と整形について、最新のレポート "UK cosmetic surgery statistics

記事を読む

liverpool football club

英国プレミア・リーグと、リバプールのData-driven football

今シーズンの英国サッカー「プレミア・リーグ」が、マンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた。それを不思

記事を読む

データで考える|史上最高の女子テニスプレイヤーは誰だ?

「データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?」で紹介したように、Financial Ti

記事を読む

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

錦織の全仏オープンテニス敗戦を、SlamTracker のデータで振り返る

先日は「グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途中棄権があったものの、初戦を無

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と統計学のオススメ2冊が半額以下の注目セール

Kindle本日の日替わりセールに、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

PAGE TOP ↑