*

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

デロイトが最新のレポート “Football Money League 2015” を発表した。これは昨年もこの時期に「フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014」で紹介したように、欧州サッカーチームの収入を総計および項目別に比較したもので、今どのチームがリッチなのか、そしてその収入源は何なのかが分かる、ユニークな視点からのチーム分析レポートなのである。

 

今年で18回目となる本レポートだが、毎年注目度は高く、この発表を元にした報道も既に多数なされている。例えば、Economist 紙では、“Football Wealth” と題して、最新の「リッチランキング」について紹介している。

 

Economist-money-league-2015

 

 

今年もナンバーワン・金持ちチームは、スペインのレアル・マドリードだ。その事自体には今さら驚くことはないかも知れない。なにしろ現在あれだけの選手を集められるチームは他には存在しないのだから。しかし、そんなレアルの1位が10年連続となったと聞いて驚いた。他にもリッチチームが多々あるなか、10年もの間トップを維持し続けるレアルのクラブ経営に改めて凄みを感じざるを得ない。

 

 

 

一方でGuardian 紙では、“Manchester United tipped to overtake Real Madrid at top of money league” という記事で、マンチェスター・ユナイテッドの躍進を報じている。そしてもう一つは、これがユナイテッドという1チームのことではなく、プレミアリーグ全体としての傾向であるということ。以下の図が示すように、リッチランキング上位20チームには、プレミアリーグのチームが8つと最多であるほか、上位40チームにまで広げて考えると、なんとプレミアの全チームがランクインしているのである。

 

Guardian-money-league-2015

 

 

そんなプレミアリーグ全体の底上げにつながった要因は、”Their growth was partly fuelled by their commercial strategy of selling regional sponsorship categories around the world but also by the Premier League’s broadcasting deals that bring in £5.5bn over three years.” と書かれているように、新たなテレビ放映権の契約である。

 

一方で凋落が止まらないのが日本人選手の本田や長友がいるイタリアのセリアAだ。上の図ではトップ20に現在何とか4チームを送り込んでいるが、2001年時点ではトップ10のうち5チームがセリアAだったことを考えると、その落ち込みは激しい。こうした比較から見えるのは、リーグそのものの運営の巧拙である。先日は「米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営」の中で、アメリカのスポーツではアメフトが最も巧みにリーグ運営をしていることを紹介した。同じ視点でヨーロッパサッカーを眺めてみると、いま間違いなく経営上手なのはプレミアリーグということになるのだ。

 

そんなプレミアのチームを含め、上位各チームの詳細は以下のスライドから確認できる。


 

 

また、ちょっとサイズが大きいが、以下のインフォグラフィックも眺めているだけでおもしろい。デロイトのウェブサイトでは、詳細なレポート本体(PDF版)も公開しているので、さらに関心がある人はぜひご覧ください。

money-league-2015

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

football studium

フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014

以前「フットボール・マネーリーグ2013」で紹介した、"Deloitte Football Mone

記事を読む

japanese igo

日本囲碁マネーリーグ|賞金ランク首位・国民栄誉賞の井山裕太

さてさて、1-2月にかけては毎年、それまでの一年間の各種ランキングが発表されることが多い。僕自身が毎

記事を読む

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途中棄権があったものの、初戦を無

記事を読む

オリンピック女子選手とチームが大活躍

昨日8/6金曜日のオリンピック生中継を見ていた人は、何度も涙がこぼれ落ちそうになったのではないだろう

記事を読む

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せてくれるこの大学スポーツは、始

記事を読む

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づくめの圧勝という形で終わったた

記事を読む

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

データで考える|史上最高の女子テニスプレイヤーは誰だ?

「データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?」で紹介したように、Financial Ti

記事を読む

錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKERが面白い

現代において、スポーツ選手がデータ活用するのはもはや当たり前と言えよう。そしてそれはもちろん監督やコ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑