*

サッカー監督の経済学:シメオネ率いるアトレチコ・マドリードの躍進

公開日: : ニュース

スポーツ選手の成績は数字に如実に表れる。野球の野手なら打率や本塁打数、投手なら奪三振数や防御率といった具合だ。野球に比べて数値化しずらいと言われるサッカーでも、ゴール数、アシスト数、パス成功率等々、選手のパフォーマンスを評価する指標は多々存在する。

 

それに比べて判断が分かれるのが、サッカーチームとしての成績をどう評価するかということ。例えば今年の英国プレミア・リーグを制したマンチェスター・シティの強さを疑うものは誰もいない。しかしながら、「英国プレミア・リーグと、リバプールのData-driven football」で書いたように、経営効率という観点から見ると、24年ぶりの優勝を僅差で逃したリバプールのほうが圧倒的に優れていたと言えるだろう。

 

そしてチームの評価よりももっと難しいのが、サッカー監督の手腕をどう評価するかということだ。それはつまり、「あれだけいい選手を揃えたら、誰が監督やったって勝てるでしょ?」という、ファンや外野からの批判に答えねばならないということである。

 

football coach economicsphoto credit: Bjørn Giesenbauer via photopin cc

 

「『ジャパン』はなぜ負けるのか」の著者サイモン・クーパーは、フィナンシャル・タイムズの記事 “Football’s best managers” の中でも、選手を評価することの易しさに比べ、監督を評価することがいかに難しいかを説明している。しかしながら、今年の欧州サッカーでは、監督の手腕がクリアに評価される機会があった。それも一人ならず二人の監督に対して、である。

 

一人目はもちろん、18年ぶりのリーガ優勝に導いたアトレチコ・マドリードのシメオネ監督だ。バルサとレアルという2強支配が長く続いたスペインサッカー界において、アトレチコ・マドリードのこの躍進は誰にとっても、そしてそれは長年のファンにとっても驚きの事件だった。しかし、低迷していたこのチームを生き返らせたのが、アルゼンチンの「悪党」ディエゴ・シメオネであることに異議を唱えるものはいない。

 

2011年に彼が監督に就任してからは矢継ぎ早に、国内および国際タイトルを獲得していった。そして今年ついにリーガ優勝を成し遂げたばかりか、なんとチャンピオンズリーグでは40年ぶりに決勝に進出。その決勝戦の相手はレアルであり、マドリード・ダービーマッチという最高の舞台が整った。地上波生放送は明日土曜日27:35 (日曜早朝)から。この時間は超ツライけれども、これはもう見るしかないでしょ!?

 

というように、低迷するチームを立て直したシメオネ監督の手腕に対する評価は疑いようがない。一方でもう一人、今年のヨーロッパサッカーで手腕を評価された監督が、昨年退任したマンチェスター・ユナイテッドの前監督アレックス・ファーガソンだろう。

 

ファーガソンの後任として今年からマンUを率いたモイーズ監督だったが、戦術採用も選手起用も空回りし成績は低迷。最終的にはシーズン途中で更迭となったが、もっと早くに監督を変えるべきだったというのが大方の見方だろう。結果、マンUとしては歴史に残るほど不名誉な一年を過ごすこととなり、リーグ優勝争いに加われなかったばかりか、チャンピオンズリーグへの18年連続出場の記録が今年で途絶えた。ファンにとっては踏んだり蹴ったりの一年となったわけである。

 

いかに能力の高い選手を揃えていようとも、監督の采配と、より広義にはチームマネジメント次第で、同じチームがこうも様変わりしてしまうことを証明してしまったモイーズは、間接的にファーガソンの監督能力の高さを証明してしまったことにもなる。名監督を名監督と正確に評価することは大変に難しい。シメオネのようなチーム再生か、逆にモイーズのようなチーム沈没のような、誰の目にも明らかな事例というのはそう多くはないのだから。

 

そしてそれ以上に困難なのが、平凡な監督の能力をきちんと評価することであろう。何しろ、シメオネやモイーズのような極端な例を除いた大多数は、とくに注目することもないような毎年平凡なチーム成績だったりするわけである。しかしそんな平凡に思えるパフォーマンスを出し続けるというのも、ひょっとすると非凡な監督手腕によるものなのかも知れない。今年のヨーロッパサッカーは、明暗両極端の事例を通して、監督を評価する視点を変えてくれた一年でもあったのではないだろうか。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

valentine chocolate

バレンタインの統計学と経済学

モテの諸兄にとってはウキウキの、非モテの諸氏にとってもドキドキの、バレンタインデーが今年もやってきま

記事を読む

facebook on pricenton's future

プリンストン大学の研究に、フェイスブックが倍返し

WSJ「『フェイスブック滅亡』論文、物議を醸す」や、CNET「Facebook、ユーザー急減の予測に

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

南魚沼発のコンセプト観光案内「美女旅」が、岩手県遠野・花巻に飛び火

「君は南魚沼の美女を見たか?市の公式観光パンフレット美女旅が話題に」で紹介したから、もうご存知ですよ

記事を読む

確定申告は明日まで|マイナンバー義務化で非常勤講師も手続きを忘れずに

さて、今年の確定申告の手続き期限も明日3/15までと迫ってきたが、必要な方はもう手続き済みましたよね

記事を読む

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

最強のトイレがアメリカに上陸。一方の日本では「トイレとうんち」展が大人気

僕はトイレに並々ならぬ関心を持っている。本当に。だから、国連が「11月19日は世界トイレの日」と定め

記事を読む

日本のクラフトビールは新潟がアツいんです。ご存じでした?

さて、昨日書いた「アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです」の続編。じつは日本のクラフトビールは

記事を読む

国民栄誉賞受賞|将棋永世7冠羽生善治と囲碁7冠井山裕太

将棋と囲碁という伝統ある世界において、大きなニュースとなったのが、長い将棋の歴史の中で初の永世7冠を

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。こ

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新

卒業・進級・入学おめでとう|大人になったら自分にベストの国語辞典を自ら選ぼう

桜満開・春爛漫のこの時期、これほどまでに卒業・入学に相応しいシーズンが

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピ

春の卒業・入学シーズンを前に国語辞典をしっかり選ぼう|やはりオススメの定番4冊

さていよいよ3月となり、入試の合格発表から卒業式・入学式の季節となった

確定申告の強い味方|クラウド会計が圧倒的に超便利

さて今年も確定申告の時期がやってきた。大学教員を含めサラリーマンであれ

PAGE TOP ↑