*

英国プレミア・リーグと、リバプールのData-driven football

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

今シーズンの英国サッカー「プレミア・リーグ」が、マンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた。それを不思議がる人はもういないほどに、シティは変わり今や世界有数のリッチなクラブとなった。以前に「フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014」で紹介したように、2014年度の収入総額では世界第6位という規模である。

 

liverpool football clubphoto credit: pat_makhoul via photopin cc

 

そんな今年のプレミア・リーグに関して、Economist の記事 “The booty-full game: In football, managers matter. But not as much as money does”。今シーズン優勝者のマンチェスター・シティと、僅かの差で惜しくも2位となったリバプールの間には、以下の図にも示されているように、チーム資金の使い方で大きな差がある。

 

City are the richest club in the league (they are owned by a Emirati billionaire). This affords them the best players, and they lavish the greatest amounts on pay, spending £330m ($550m) last year. Liverpool, who valiantly fought City to the wire, spent £100m less on remunerating their team.

 

money and performance in football

 

サッカーチーム運営にとって、いい選手を集めること、そしてそのために大金を投じることは今に始まったことではない。しかしながら、それだけの投資がリターンに見合っているかというのは、昔から議論されてきたことである。その観点で、今シーズン最も注目を集めたのは、マンチェスター・シティではなく、むしろ2位の成績を残したリバプールの方だろう。あれだけの資金差がありながら、サッカーの最終成績では僅差に詰め寄った。つまりそれだけ効率のよいマネジメントをしているということであり、いい選手を安く獲得しているということなのだ。米国野球大リーグを舞台にした名作『マネーボール』の、まさにサッカー版なのである。

 

New York Times では、”The Premier League Standings if Only Goals by English Players Counted” という記事の中で、イギリス人選手のみに限定したゴール数をランキングしており、とても興味深い。話がそれるが、こういうのを英国紙ではなく米国紙が話題にするのはちょっと珍しい気がする。下図、まずはマンチェスター・シティのゴール数。海外のスター選手を集めたチーム作りをしているため、イギリス人選手の活躍の場は少なく、必然的に “English goals only”  は少ないという結果だ。

 

ManchesterCity_outside

 

 

それに対してリバプールは、イギリス人選手を中心に据えたチーム作りをしており、その結果 “English goals only” のランキングでは第1位となる。

 

Liverpool_inside

 

liverpool gerrardphoto credit: Nigel Wilson via photopin cc

 

以前に書いたように、米国でも日本でも野球の世界ではデータの活用が一気に進んだ。その舞台裏を描いたのが『マネーボール』であり、『プロ野球を統計学と客観分析で考えるセイバーメトリクス』シリーズである。一方で、野球に比べるとデータ活用が遅れていたサッカー。しかしそこにいま、データで考えるサッカーという新しい潮流が生まれつつあるのだ。

  1. フットボールの統計学
  2. リバプールと Data-driven football
  3. マンチェスター・シティが公開した全データ:新たな時代の幕開け

 

その魁となったのが英国プレミア・リーグのリバプールなのだが、チーム運営にデータサイエンティストを招き、データ活用を進めてから数年を経て、ようやく今シーズンのリーグ第2位という成果につながったのである。即効で効果がでるような方策ではもちろんない。

 

しかし過去数年の経験を蓄積したいま、来シーズンのリバプールはもっと強くなるのではないだろうか。もちろんただ強いだけではない。市場で過小評価されている選手を集め、極めて効率のよい経営をする、それがマネーボールのサッカー版だ。これからも益々、リバプールから目が離せない。

 

またより一般的に、サッカーとデータという組み合わせでは、以下の2冊がおすすめ。経済学者がスポーツを面白おかしく、でも極めて真面目に研究した内容である。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

relationship on facebook

フェイスブックから愛を込めて|Data love と love data

「バレンタインの統計学と経済学」で書いたように、Facebook Data Science チームは

記事を読む

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを

記事を読む

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

ディエゴ・マラドーナのもう一つの伝説と、リオネル・メッシの新たな伝説

ワールドカップ準決勝第一試合でドイツがブラジルに大勝したのに続き、第二試合ではPK戦でアルゼンチンが

記事を読む

テニス・ウィンブルドン決勝|ビッグ・データを制するのは誰だ?

いよいよ今年のテニス・ウィンブルドンも大詰め。女子シングルスでは、第1シードのセリーナ・ウィリアムズ

記事を読む

fire department in New York

オープンガバメント:ニューヨーク市消防庁のオープンデータ戦略

ニューヨーク市の消防庁が、データを使って建物検査を効率的に行っているというウォール・ストリート記事。

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

ウィンブルドン決勝ジョコビッチの優勝をデータで振り返る

さて先日の「テニス・ウィンブルドン決勝|ビッグ・データを制するのは誰だ?」にも書いたように、僕は今年

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム

japanese dictionaries 1
三省堂『辞書を編む人』が、今年の新語を募集中

時を経て社会は変容し、そして言葉も変遷する。いつの時代もワカモノの言葉

レギュラー化決定NHKの新番組「ろんぶ~ん」は最高のアカデミック・エンターテインメント

さて先週から始まったNHK-Eテレの新番組「ろんぶ~ん」をご覧になりま

植物はスゴい!と語る山田孝之がもっとスゴかった

先日放送されたNHK-Eテレの「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」

30万部突破のベストセラー『英語は3語で伝わります』他に学ぶパワフル動詞の使い方

中山裕木子著の『会話もメールも英語は3語で伝わります』を、とても興味深

『ヤバい統計学』他で学ぶ数字のセンス|統計リテラシー入門におすすめの4冊

以前にも「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」で紹介した

PAGE TOP ↑