*

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

公開日: : オススメ

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返礼品競争にならないよう、各自治体に通知があったものの、野田聖子総務大臣となってからは今度は「自治体判断に一任」との見方が提示されている。

9/5 産経新聞)野田聖子総務相は4日、産経新聞のインタビューに応じ、ふるさと納税の返礼品の選択を自治体の裁量に任せ、来年度は返礼品に関する通知を出さない方向で検討する方針を明らかにした。総務省は4月に全自治体に返礼品競争の沈静化に向けた通知を出したが、野田氏は返礼品に関し「自治体にお任せするのが当然」との認識を示した。

 

そんな状況もあり、ふるさと納税にはさらに注目が集まっているように思う。もちろん僕自身もいくつかの自治体にふるさと納税しており、とても美味しい地場食品等の返礼品をもらったので、ここでいくつかおすすめとして紹介しておこう。

 

以前に書いた「他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要」でもまとめたように、大学教員が本務校以外で非常勤講師を勤めた場合、必ず確定申告が必要になる。そういう人は結構な数いると思うのだが、どうせ確定申告するのであれば、ふるさと納税もやってみてはどうだろうか?僕自身もそれがきっかけで、ふるさと納税を始めてみたのだが、確定申告の手続きも予想以上に簡単であり、一度やってみるのも悪くないと思う。それでは以下、おすすめの美味しい返礼品を紹介しよう。今年のふるさと納税の締切は12月末なので、申込みはお早めに。

 

山形県酒田市「つや姫」

山形生まれの新しいコメ、それがこの「つや姫」だ。そしてこれがまた美味しいのである。なにしろ、普段は地元・魚沼産コシヒカリを食べている僕が言うんだから間違いない!美味しいよ、つや姫!そんな素敵なおコメが3袋15kg も届くのが、山形県酒田市への1万円のふるさと納税。これはもう本当にお得で美味しい、絶対にはずせない自治体だと思う。ぜひ味わってみて。

 

 

鹿児島県日置市「特大焼豚」

そんな美味しい白米に合わせるべき豪華なおかずがこちら、焼豚大ブロック詰め合わせですよ!鹿児島県日置市に1万円をふるさと納税すると、こんなにもボリュームある焼豚が届くんです。まじ、上手い。鹿児島、行きたい。間違いなくそう思うであろう逸品をぜひどうぞ。

 

 

大阪府泉佐野市「インドの青鬼」もしくは「よなよなエール」

そんな最高のおかずに合わせるべき最高の酒が、このIPA「インドの青鬼」ですよ!「クラフトビール業界ナンバーワン・ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」の苦みが最高に旨い」って言いましたよね。僕は普段から箱買いしていたんだけど、それがついに、ふるさと納税でも登場したのである。こんなお得なことが他にありますか?というわけで頂いてしまった最高の返礼品でした。もしIPAが苦すぎるという人には、同じく泉佐野市のふるさと納税返礼品である「よなよなエール」がおすすめです。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

B385 【ふるさと納税】よなよなエール 350ml×1ケース
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

 

 

兵庫県多可町「純米吟醸・加賀鳶」

ビール党ではなく、日本酒党のあなたには、この純米吟醸「加賀鳶」が旨いです。もちろん両党の僕も大変美味しく頂きました。ちなみに加賀鳶を生産している福光屋は、金沢で最も長い歴史を持つ老舗の酒蔵だ。だったら金沢市にふるさと納税したいところなのだが、こちらの返礼品は兵庫県多可町から頂けるものとなっている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】152 加賀鳶セット
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

 

 

神奈川県小田原市「丸う蒲鉾」

お正月に酒を呑みながら、何をつまむべきか?答えはこの、蒲鉾しかないでしょう。蒲鉾といえば小田原、そして数ある生産者の中でも有名どころの一つがこの丸う、である。僕のところにも2週間程度で届いたので、今から頼んでもお正月に間に合うのではないだろうか。おすすめですよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】蒲鉾詰合せ「蒲鉾3本入(月)」
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

 

 

和歌山県有田市「みかん」

そして冬休みにコタツに入って食べるものといえば、みかんでしょ。だったら全国一番の産地といってもよい和歌山県有田市の返礼品はどうですか?てんこ盛りという表現がぴったりで、箱にぎっしり詰まった美味しいみかんがうちにも届きましたよ~。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】有田みかん てんこ盛り
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

 

 

山形県東根市「さくらんぼ佐藤錦」

もう一つ大人気のふるさと納税返礼品のフルーツと言えば、さくらんぼ「佐藤錦」である。シーズンは6月なのだが、こういう人気返礼品は早め早めで手続きをしておかないとあっという間に品切れとなってしまうのである。今ならまだ大丈夫、このタイミングでふるさと納税しておけば、半年後にはサイコーに旨いさくらんぼがどっしり届きますよ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】A-227 30年_さくらんぼ「佐藤錦」1kgバラ詰め
価格:10000円(税込、送料無料) (2017/12/16時点)

 

 

ふるさと納税は楽天が一番お得

ふるさと納税は、自治体のウェブサイトから直接申し込んだり、その他のサイトから手続き出来たりと、多様な方法がある。ただ、その中でも一番お得にできるのは、やはり楽天だと思う。何しろ、楽天ポイントを利用することもできるし、各種セール期間中にはさらにお得度が増す。とくに今は、年末最大最後の「大感謝祭」を実施中で、今年のふるさと納税をする最後にして絶好のタイミングとなっている。手続きは12月末まで、お忘れずに!

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

さらに充実した国語辞典を|中型の岩波『広辞苑』と三省堂『大辞林』が大幅改訂

さて、卒業・入学のシーズンがやってきた。そして、そんな季節の定番の贈り物といえば、もちろん国語辞典で

記事を読む

今年の確定申告こそ電子申請で|クラウド会計とe-Tax の合わせ技で手続き簡略化

今年も確定申告の時期がやってきた。あす2月16日から申告期間が始まり、例年であれば3月15日までのと

記事を読む

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大き

記事を読む

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編

記事を読む

Amazon Audible (オーディブル) で「聴く」読書|おすすめオーディオブックの始め方

僕がオーディオブックというものを初めて知ったのはアメリカにいたときだった。プロのナレーターが本を朗読

記事を読む

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所。2023年のリストはこちらの

記事を読む

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第70期王将戦、挑戦者決定リーグで

記事を読む

将棋竜王戦ランキング戦決勝|杉本八段と藤井七段の師弟対決が素晴らしかった

前回、「藤井聡太七段が先勝|現役最強棋士・渡辺棋聖とのタイトル戦」でも書いたように、いま将棋がむちゃ

記事を読む

冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニオン」を遊び倒そう

みんなで楽しめる、おすすめボードゲーム3選 以前に「宣教師のアニキの家で『カタンの開拓者たち』には

記事を読む

今年の卒業祝い・入学祝いにおすすめ|これまで以上に思い出に残る国語辞典をプレゼントしよう

新型コロナウィルスの蔓延で、いまや全国の学校が休校となり、すでに簡易的な卒業式を終えたところもあれば

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑