*

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 オススメ, オススメ番組・映画・ドラマ

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読んだ。そして思った、ようやく本当のところを語る人が出てきたかと。

「大人が鑑賞できるドラマがない」という理由で、地上波のドラマはNHKしか見ないという人が多くなった。ドラマ好きはWOWOWのドラマをチェックしている。なぜそうなるか、理由がある。

 

そうなんです、いまや圧倒的なクオリティの大人向けドラマは、WOWOWの中にしか存在しないのである。地上波民放ドラマがことごとく壊滅するような惨状の中、なぜWOWOWだけがそんなこと出来るのかと疑問に思うだろうか?しかし、これはもう当たり前としか言いようのない構造なのだが、CM収入を当てにするためスポンサーの顔色を常に伺っている民放と、視聴者が直接支払う契約料に支えられているWOWOW、どちらが視聴者が見たいと思っているドラマを作れますか?ということなのである。

民放の連ドラは、3ヵ月クールで全10話の枠に固執する。これもスポンサーのためだ。「企業側が春夏秋冬で宣伝戦略を考えているので、テレビ局側の都合で変えるわけにはいかないんです」(前出・スタッフ)

 

CMが入るドラマの場合、それを計算に入れて作るので、中身がバラエティ番組のように分断されている。ドラマ好きの視聴者は地上波から離れて、NHKとWOWOWに流れています

 

 

wowow-drama-1511

 

 

翻ってWOWOWは「挑戦するドラマ。」と銘打ち、実に見ごたえのある作品を相次いで制作しており、演出家でTBSテレビ相談役の鴨下信一氏も手放しで絶賛する。

「いまよく観られているドラマは、ほとんどが犯罪モノ。TBSの『半沢直樹』も経済事犯がテーマです。その点、WOWOWはスポンサーの顔色を見なくちゃいけない民放よりも犯罪ドラマを作りやすい。この3年、WOWOWのドラマはとてもいい。たとえば、『震える牛』(’13年)は本当に大胆。食肉の偽装問題を扱うなんて、地上波ではできません。全5回というのもちょうどいい。犯罪モノはそう長く引っ張れる題材じゃありません。WOWOWは役者もいい。柴田恭兵や三上博史などが再評価される場にもなった。犯罪者も、捜査側も、ギリギリの人間性が出る犯罪モノは、実力のある役者が腕を見せるんです。WOWOWには役者が能力を発揮できる作品が揃っています」

 

まさにその通りで、これは僕自身も以前に「WOWOW『連続ドラマW』これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」で解説した通り、WOWOWドラマのスゴさの秘密は、第一になんといってもドラマの題材。死刑判決、地熱発電、臓器移植、癌特効薬、遺伝子組換食物、学術研究捏造等々、極めて現代的なテーマをずらりと揃え、大人のための本格的社会派ドラマを確立させたことだ。第二のスゴさが、スピーディでスリリングなストーリー展開。全5話で完結する構成は「起・承・転・転・結」と一切の無駄がない。もちろんWOWOWだからCMも挿入されない。これに慣れると中だるみのまま10週も続く民放ドラマにはもう耐えられなくなるだろう。そして第三に、実力派俳優を揃えたキャスティングの妙。視るものを唸らせるほどの迫力ある芝居に毎回くぎ付けになる。

 

というように、見れば分かる、見終えれば必ず唸る、それくらいの圧倒的クオリティのドラマはもうWOWOWでしか制作できないのである。とくにそれが顕著なのが企業不祥事ものだ。先に紹介した『震える牛』では食肉偽装問題を、傑作『空飛ぶタイヤ』では大手自動車メーカーのリコール隠しを、そして今年WOWOWが全力で企画制作したのが、あの『沈まぬ太陽』なのである。日航機墜落事故をテーマとした本作は、そのJALが民放の大スポンサーであるために「絶対に地上波では制作できない」そういう作品なのである。だからこそ、腐り切った会社、周辺業者や政治家との癒着、そして組織的犯罪を徹底的に描き切ることができ、そこに(チープな民放ドラマでは実現できない)迫力あるリアリティが宿るのである。

 

wowow-shizumanu

 

 

通常5回連続で完結する作品が多い中、今回の『沈まぬ太陽』に限っては全20話というのも、それだけWOWOWが力を入れている証拠である。「新規加入者に何が目的で入ったかと聞く調査では、通常のドラマの20倍くらいの回答数で『沈まぬ太陽』を見るためだと答えていただいています」という結果が出ているように、視聴者の期待を集めた本作も、いよいよ次回で最終回となった。原作を読んだ人にとっても、上川隆也と渡部篤郎の熱演には思わず惹き込まれ、目頭を熱くする場面も多く、期待を越えるほど重厚なドラマとなっている。

 

これまでのストーリーを見逃してしまった人はぜひ今からでもWOWOWオンラインで視聴してみて欲しい。なにしろこの大作『沈まぬ太陽』から前出の『震える牛』に『空飛ぶタイヤ』、そしてそれ以外の数多の傑作ドラマがすべて、いつでも視聴可能なのだから。今、大人のための本格的社会派ドラマ WOWOW「連続ドラマW」シリーズがものすごく面白いんです。

WOWOWオンライン

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

nishikori

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

2014-12-25 18.34.58

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン

記事を読む

2014-03-15 10.20.53_tn

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

428px-The_Geographer

アート界を震撼させた本物のニセモノ|贋作師ベルトラッチの数奇な人生

先日放送された NHK-BS 世界のドキュメンタリー「贋(がん)作師 ベルトラッチ ~超一級のニセモ

記事を読む

8469196557_c31f9eb9e4_z

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

aooni

クラフトビール業界ナンバーワン・ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」の苦みが最高に旨い

今年もまたビールが旨い季節がやって来た。もちろん、クラフトビール飲んでますよね?数年前から盛り上がり

記事を読む

WOWOW-15end1

年末年始こそWOWOWドラマを観る|過去の名作がまとめて再放送

いよいよ今年も残りわずか。年末年始の過ごし方を考えている人も多いことだろう。それにしても、例年以上に

記事を読む

singari-people

WOWOW「連続ドラマW」最新作『しんがり』が面白い|山一證券破綻の舞台裏を描いた社会派ドラマ

先日「WOWOW人気の「連続ドラマW」シリーズ今月の新作「しんがり」いよいよスタート」でも書いたとお

記事を読む

furueru-ushi

食肉偽装とWOWOW連続ドラマW『震える牛』のリアル

中国の工場で発生した期限切れ鶏肉の事件だが、これは別に、同工場もしくは同国の衛生管理技術の水準が低か

記事を読む

omohide4

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

credit: carlaarena via FindCC
【Kindle日替わりセール】高野秀行の最新探検記『恋するソマリア』で学ぶアフリカ現地情勢

本日のKindle日替わりセールに、あの高野秀行の『恋するソマリア』が

kindle-1605
【Kindle特大セール】光文社の新刊ベストセラーが早くも半額キャンペーン

始まったばかりの「【50%ポイント還元】光文社キャンペーン」が素晴らし

kindle-sale-150812
【Kindle特大セール】角川書店50%オフの大キャンペーン|おすすめはこの26冊だ

角川書店の Amazon Kindle 電子書籍4,000冊以上が50

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑