*

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

公開日: : 最終更新日:2016/09/20 オススメ, オススメ番組・映画・ドラマ

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読んだ。そして思った、ようやく本当のところを語る人が出てきたかと。

「大人が鑑賞できるドラマがない」という理由で、地上波のドラマはNHKしか見ないという人が多くなった。ドラマ好きはWOWOWのドラマをチェックしている。なぜそうなるか、理由がある。

 

そうなんです、いまや圧倒的なクオリティの大人向けドラマは、WOWOWの中にしか存在しないのである。地上波民放ドラマがことごとく壊滅するような惨状の中、なぜWOWOWだけがそんなこと出来るのかと疑問に思うだろうか?しかし、これはもう当たり前としか言いようのない構造なのだが、CM収入を当てにするためスポンサーの顔色を常に伺っている民放と、視聴者が直接支払う契約料に支えられているWOWOW、どちらが視聴者が見たいと思っているドラマを作れますか?ということなのである。

民放の連ドラは、3ヵ月クールで全10話の枠に固執する。これもスポンサーのためだ。「企業側が春夏秋冬で宣伝戦略を考えているので、テレビ局側の都合で変えるわけにはいかないんです」(前出・スタッフ)

 

CMが入るドラマの場合、それを計算に入れて作るので、中身がバラエティ番組のように分断されている。ドラマ好きの視聴者は地上波から離れて、NHKとWOWOWに流れています

 

 

wowow-drama-1511

 

 

翻ってWOWOWは「挑戦するドラマ。」と銘打ち、実に見ごたえのある作品を相次いで制作しており、演出家でTBSテレビ相談役の鴨下信一氏も手放しで絶賛する。

「いまよく観られているドラマは、ほとんどが犯罪モノ。TBSの『半沢直樹』も経済事犯がテーマです。その点、WOWOWはスポンサーの顔色を見なくちゃいけない民放よりも犯罪ドラマを作りやすい。この3年、WOWOWのドラマはとてもいい。たとえば、『震える牛』(’13年)は本当に大胆。食肉の偽装問題を扱うなんて、地上波ではできません。全5回というのもちょうどいい。犯罪モノはそう長く引っ張れる題材じゃありません。WOWOWは役者もいい。柴田恭兵や三上博史などが再評価される場にもなった。犯罪者も、捜査側も、ギリギリの人間性が出る犯罪モノは、実力のある役者が腕を見せるんです。WOWOWには役者が能力を発揮できる作品が揃っています」

 

まさにその通りで、これは僕自身も以前に「WOWOW『連続ドラマW』これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」で解説した通り、WOWOWドラマのスゴさの秘密は、第一になんといってもドラマの題材。死刑判決、地熱発電、臓器移植、癌特効薬、遺伝子組換食物、学術研究捏造等々、極めて現代的なテーマをずらりと揃え、大人のための本格的社会派ドラマを確立させたことだ。第二のスゴさが、スピーディでスリリングなストーリー展開。全5話で完結する構成は「起・承・転・転・結」と一切の無駄がない。もちろんWOWOWだからCMも挿入されない。これに慣れると中だるみのまま10週も続く民放ドラマにはもう耐えられなくなるだろう。そして第三に、実力派俳優を揃えたキャスティングの妙。視るものを唸らせるほどの迫力ある芝居に毎回くぎ付けになる。

 

というように、見れば分かる、見終えれば必ず唸る、それくらいの圧倒的クオリティのドラマはもうWOWOWでしか制作できないのである。とくにそれが顕著なのが企業不祥事ものだ。先に紹介した『震える牛』では食肉偽装問題を、傑作『空飛ぶタイヤ』では大手自動車メーカーのリコール隠しを、そして今年WOWOWが全力で企画制作したのが、あの『沈まぬ太陽』なのである。日航機墜落事故をテーマとした本作は、そのJALが民放の大スポンサーであるために「絶対に地上波では制作できない」そういう作品なのである。だからこそ、腐り切った会社、周辺業者や政治家との癒着、そして組織的犯罪を徹底的に描き切ることができ、そこに(チープな民放ドラマでは実現できない)迫力あるリアリティが宿るのである。

 

wowow-shizumanu

 

 

通常5回連続で完結する作品が多い中、今回の『沈まぬ太陽』に限っては全20話というのも、それだけWOWOWが力を入れている証拠である。「新規加入者に何が目的で入ったかと聞く調査では、通常のドラマの20倍くらいの回答数で『沈まぬ太陽』を見るためだと答えていただいています」という結果が出ているように、視聴者の期待を集めた本作も、いよいよ次回で最終回となった。原作を読んだ人にとっても、上川隆也と渡部篤郎の熱演には思わず惹き込まれ、目頭を熱くする場面も多く、期待を越えるほど重厚なドラマとなっている。

 

これまでのストーリーを見逃してしまった人はぜひ今からでもWOWOWオンラインで視聴してみて欲しい。なにしろこの大作『沈まぬ太陽』から前出の『震える牛』に『空飛ぶタイヤ』、そしてそれ以外の数多の傑作ドラマがすべて、いつでも視聴可能なのだから。今、大人のための本格的社会派ドラマ WOWOW「連続ドラマW」シリーズがものすごく面白いんです。

WOWOWオンライン

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

日本のクラフトビール革命|ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」がクセになるほど美味い!

日本でも始まったクラフトビール革命 この夏、日本ではますますクラフトビールを飲む人が増えているよう

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

英国一家、最後に日本を食べる&お正月スペシャル

コアな人気を博していたNHK深夜アニメ「英国一家、日本を食べる」。ベストセラーとなった原作も素晴らし

記事を読む

大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった

ちょっと前に『英国一家、日本を食べる』という本が、その続編「ますます食べる」も含めて大きな話題となっ

記事を読む

おすすめPC・スマホ周辺機器|Anker製品のクオリティが圧倒的に素晴らしい

Amazon の「春のタイムセール祭り」、いよいよ本日が最終日。  

記事を読む

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野でもそれ

記事を読む

横山秀夫の警察小説の傑作長編『64』が、NHKドラマとして本日スタート

横山秀夫が警察署を舞台にして描く傑作長編『64』。それが本日から全5話のドラマとしてNHKで放送され

記事を読む

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

WOWOW人気の「連続ドラマW」シリーズ今月の新作「しんがり」いよいよスタート

今週日曜日からいよいよ始まる新ドラマ「しんがり」。これは山一證券が破綻する中、最後まで仕事を続けた男

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。こ

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新

卒業・進級・入学おめでとう|大人になったら自分にベストの国語辞典を自ら選ぼう

桜満開・春爛漫のこの時期、これほどまでに卒業・入学に相応しいシーズンが

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピ

春の卒業・入学シーズンを前に国語辞典をしっかり選ぼう|やはりオススメの定番4冊

さていよいよ3月となり、入試の合格発表から卒業式・入学式の季節となった

PAGE TOP ↑