*

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

公開日: : 最終更新日:2018/09/04 オススメ, オススメ番組・映画・ドラマ

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読んだ。そして思った、ようやく本当のところを語る人が出てきたかと。

「大人が鑑賞できるドラマがない」という理由で、地上波のドラマはNHKしか見ないという人が多くなった。ドラマ好きはWOWOWのドラマをチェックしている。なぜそうなるか、理由がある。

 

そうなんです、いまや圧倒的なクオリティの大人向けドラマは、WOWOWの中にしか存在しないのである。地上波民放ドラマがことごとく壊滅するような惨状の中、なぜWOWOWだけがそんなこと出来るのかと疑問に思うだろうか?しかし、これはもう当たり前としか言いようのない構造なのだが、CM収入を当てにするためスポンサーの顔色を常に伺っている民放と、視聴者が直接支払う契約料に支えられているWOWOW、どちらが視聴者が見たいと思っているドラマを作れますか?ということなのである。

民放の連ドラは、3ヵ月クールで全10話の枠に固執する。これもスポンサーのためだ。「企業側が春夏秋冬で宣伝戦略を考えているので、テレビ局側の都合で変えるわけにはいかないんです」(前出・スタッフ)

 

CMが入るドラマの場合、それを計算に入れて作るので、中身がバラエティ番組のように分断されている。ドラマ好きの視聴者は地上波から離れて、NHKとWOWOWに流れています

 

 

wowow-drama-1511

 

 

翻ってWOWOWは「挑戦するドラマ。」と銘打ち、実に見ごたえのある作品を相次いで制作しており、演出家でTBSテレビ相談役の鴨下信一氏も手放しで絶賛する。

「いまよく観られているドラマは、ほとんどが犯罪モノ。TBSの『半沢直樹』も経済事犯がテーマです。その点、WOWOWはスポンサーの顔色を見なくちゃいけない民放よりも犯罪ドラマを作りやすい。この3年、WOWOWのドラマはとてもいい。たとえば、『震える牛』(’13年)は本当に大胆。食肉の偽装問題を扱うなんて、地上波ではできません。全5回というのもちょうどいい。犯罪モノはそう長く引っ張れる題材じゃありません。WOWOWは役者もいい。柴田恭兵や三上博史などが再評価される場にもなった。犯罪者も、捜査側も、ギリギリの人間性が出る犯罪モノは、実力のある役者が腕を見せるんです。WOWOWには役者が能力を発揮できる作品が揃っています」

 

まさにその通りで、これは僕自身も以前に「WOWOW『連続ドラマW』これまでのおすすめ作品:このドラマがすごい」で解説した通り、WOWOWドラマのスゴさの秘密は、第一になんといってもドラマの題材。死刑判決、地熱発電、臓器移植、癌特効薬、遺伝子組換食物、学術研究捏造等々、極めて現代的なテーマをずらりと揃え、大人のための本格的社会派ドラマを確立させたことだ。第二のスゴさが、スピーディでスリリングなストーリー展開。全5話で完結する構成は「起・承・転・転・結」と一切の無駄がない。もちろんWOWOWだからCMも挿入されない。これに慣れると中だるみのまま10週も続く民放ドラマにはもう耐えられなくなるだろう。そして第三に、実力派俳優を揃えたキャスティングの妙。視るものを唸らせるほどの迫力ある芝居に毎回くぎ付けになる。

 

というように、見れば分かる、見終えれば必ず唸る、それくらいの圧倒的クオリティのドラマはもうWOWOWでしか制作できないのである。とくにそれが顕著なのが企業不祥事ものだ。先に紹介した『震える牛』では食肉偽装問題を、傑作『空飛ぶタイヤ』では大手自動車メーカーのリコール隠しを、そして今年WOWOWが全力で企画制作したのが、あの『沈まぬ太陽』なのである。日航機墜落事故をテーマとした本作は、そのJALが民放の大スポンサーであるために「絶対に地上波では制作できない」そういう作品なのである。だからこそ、腐り切った会社、周辺業者や政治家との癒着、そして組織的犯罪を徹底的に描き切ることができ、そこに(チープな民放ドラマでは実現できない)迫力あるリアリティが宿るのである。

 

wowow-shizumanu

 

 

通常5回連続で完結する作品が多い中、今回の『沈まぬ太陽』に限っては全20話というのも、それだけWOWOWが力を入れている証拠である。「新規加入者に何が目的で入ったかと聞く調査では、通常のドラマの20倍くらいの回答数で『沈まぬ太陽』を見るためだと答えていただいています」という結果が出ているように、視聴者の期待を集めた本作も、いよいよ次回で最終回となった。原作を読んだ人にとっても、上川隆也と渡部篤郎の熱演には思わず惹き込まれ、目頭を熱くする場面も多く、期待を越えるほど重厚なドラマとなっている。

 

これまでのストーリーを見逃してしまった人はぜひ今からでもWOWOWオンラインで視聴してみて欲しい。なにしろこの大作『沈まぬ太陽』から前出の『震える牛』に『空飛ぶタイヤ』、そしてそれ以外の数多の傑作ドラマがすべて、いつでも視聴可能なのだから。今、大人のための本格的社会派ドラマ WOWOW「連続ドラマW」シリーズがものすごく面白いんです。

 



 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン

記事を読む

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既にご覧になった方もいるだろうが

記事を読む

アートで生まれ変わった清津峡渓谷トンネル|越後妻有アート・トリエンナーレ「大地の芸術祭」の舞台へ

9月の連休を皮切りに、これから秋の行楽シーズンがはじまる。もちろん今年はコロナ禍でこれまでと同じよう

記事を読む

WOWOW新作ドラマ『さまよう刃』は遺族の復讐と少年犯罪をテーマにした東野圭吾の問題作

5/15土曜からスタートするWOWOW連続ドラマWの新作は、東野圭吾のヒット作『さまよう刃』である。

記事を読む

人工知能と人間の未来、囲碁対決のその先へ|今週末のNHKスペシャルを見逃すな

NHKスペシャル「天使か悪魔か|羽生善治 人工知能を探る」 今週日曜日に放送されるNHKスペシャル

記事を読む

WOWOW連続ドラマの新作『翳りゆく夏』、本日スタート

これまで何度もオススメしてきた、WOWOWの連続ドラマWシリーズ。その待望の新作が本日からスタートす

記事を読む

Amazonプライムを利用して話題のWOWOW「連続ドラマW」を見る|無料キャンペーン実施中

いまWOWOWドラマが面白い 圧倒的に質が高い大人のための本格作品 これまで何度も紹介してきたよ

記事を読む

NHK「数学ミステリー白熱教室」本日最終回をお見逃しなく

先月から始まったNHKの「白熱教室」シリーズ最新作である数学編。それが本日いよいよ最終回を迎える。こ

記事を読む

Amazon専属ワインソムリエに直接聞いてみた、今回のまとめ買いセールでおすすめの6本

Amazonソムリエサービスを初めて使ってみた 以前に「Amazonワインストアで初めて注文してみ

記事を読む

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまア

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑