*

ゴリラ研究者にして京都大学新総長・山極寿一『「サル化」する人間社会』が、もんのすごく面白かった

公開日: : オススメ書籍

現在シーズン2が放送中のNHKスペシャル「ホットスポット」。先月放送された第一回の「謎の類人猿の王国 ~東アフリカ大地溝帯~」を興味深くご覧になった人も多いだろう(ちなみに第二回は今週日曜日放送予定)。もちろん僕もそのうちの一人だ。

 

nhk-gorilla

 

番組の中のハイライトは、ナビゲーターを務める福山雅治が現地に赴き、自然の中に生きるゴリラを観察に行くところだった。わずか数メートルという間近で見るゴリラは、そのゆっくりとした動きが醸す迫力が画面からも伝わってくる。観察中にはゴリラと視線を合わせてはいけないというルールが徹底されており、さらに近づいてくるゴリラの目線を避けるようにして後ろを向く福山のシーンが印象的だった。それくらい近い距離に、野生のゴリラがいるのである。

 

ちなみに、野生のゴリラを見たいという人は世界的に急増しており、いまでは民間の旅行ツアー会社がいくつも参入している分野である。日本からはアフリカまでの距離があり決して身近とは言えない旅行先であること、かつ値段も張ることからまだまだポピュラーな旅とは言いづらい。しかし、海外とくにヨーロッパからはアフリカが物理的にもより近い存在であり、いま野生ゴリラの観察ツアーの人気が高まり、ハイシーズンになると予約が取りづらいという状況にまでなっているようだ。

 

gorilla-tour

 

 

さて、そんなふとしたきっかけでゴリラに興味を持った僕が次に手にしたのが、山極寿一著『「サル化」する人間社会』だった。各紙の報道にもあった通り、著者は先月、京都大学の新総長に着任した人物でもある。京都大学の公式ページ特設サイトでは、総長からのメッセージやインタビューが掲載されている。ただ、僕にとって一番見たい「山極寿一×ゴリラ研究」のインタビューがずっと「近日公開」のままとなっているのが残念でならない。担当スタッフのかた、早いとこアップして下さいね。

 

本書『「サル化」する人間社会』で描かれるのは、もしくは山極寿一のゴリラ研究が明らかにしようとしているのは、アフリカの大自然の中で未だ多くの謎に満ちた野生のゴリラの生態と営み、ではないんだよ。そうではなく、なぜワレワレ人間は家族をつくるのかという人類学的な問いが、ゴリラ研究に取り組むそもそもの出発点となっているのだ。著者が述べるように、「人間の家族という集団は非常に特殊なもので、不思議な集団」なのである。動物全体を見渡してみても、鳥にもオオカミにも、そしてサルにも家族は存在しない。彼らにあるのは、繁殖行動を契機に子育ての期間のみ寄り添うという、極めて限定的な「群れ」でしかないのだ。

 

「人間の人間たるゆえんは『家族』にある」と考える著者が、なぜ我々人間は家族を必要とするのかという疑問から、家族の起源を遡るために着目したのがゴリラだった。ヒトとゴリラ、オランウータン、チンパンジーとの生物学的な違いは2%もないらしい。そんな非常に近い存在でありながら、ゴリラの社会とサルの社会は、全く異なるシステムとルールで動いているのだ。群れの中で序列をつくらず、喧嘩をしても最後はじっと見つめ合って和解する「勝ち負けのない」ゴリラ社会。一方のサルたちは、動物園のサル山を見ても分かるように、ボスを頂点とした明確なヒエラルキーを構築する。

 

それでは一体、人間の社会とは、ゴリラとサルのどちらにより近いのだろうか?もちろん、他者と調和する感性と、序列を好む性格、どちらも人間が有するものである。しかしながら現代の人間社会とは、徐々に個人主義が強まり、家族というつながりが失われ、そして優勝劣敗の風潮が色濃いものとなっているのではないだろうか。そういう人間社会の現在と未来を憂慮した著者が付けたのが、まさにこの本書タイトル『「サル化」する人間社会』だったのである。いまいちどわれわれ人間にとって家族とは何なのか、そういう根源的な問いに向き合うためにゴリラを見つめる著者のその視線は、ゴリラの眼差し以上にあたたかい。

 

photo credit: TeryKats via photopin cc

photo credit: TeryKats via photopin cc

 

本書には著者の長年のフィールドワークを通じて見えてきたゴリラの特徴と魅力が目一杯に詰まっている。「ゴリラと同性愛」「家族の起源」「なぜゴリラは歌うのか」「言語以前のコミュニケーションと社会性の進化」といった章タイトルからも分かるように、こんなにエキサイティングに読める一冊はなかなかないと思う。加えて、人間の現代社会において家族が持つ意味というものに関心がない人もいないだろう。老いも若きも男も女も、人間の社会と家族をあらためて考えてみるきっかけとなる一冊と言える。今年僕が読んだ本の中でもベストといえる好著だと、自信を持っておすすめしたい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今年のクリスマスもまたアメリカ現代社会の象徴「メガチャーチ」を思い出す

今年もいよいよクリスマス。そしてこの時期、毎年のように思い出すのがアメリカのメガチャーチである。「現

記事を読む

2016年のベストセラー書籍トップ10冊

2016年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位10点紹介し

記事を読む

数学ミステリー白熱教室|数学と物理学の驚異のつながり

「NHK『数学ミステリー白熱教室』本日最終回をお見逃しなく」でも書いたように、先週末でNHKの「白熱

記事を読む

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

今年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまった、そんな人も多かったことだろう。二日に渡るこれだ

記事を読む

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

japanese igo

囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝わったであろう、7冠同時制覇へ

記事を読む

2015年ことしのベストセラー|電子書籍編

さて2015年も残りわずか。ということで今年も、本ブログ経由でよく読まれた本をランキングしてみよう(

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

「ヘンな論文」を書き続ける動機と勇気

高学歴の芸人と言えば? という問いに、ロザンの宇治原と応えるのではあまりにもフツー過ぎる。もう少しツ

記事を読む

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と歴史学そして自然実験

2010年に出版されていた "Natural Experiments

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやか

連休の旅行の参考に|ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2018年版

毎年恒例、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ、今年行きたい旅行先52選。こ

科研費に採択されたら使いたい、研究と事務を効率化するクラウドサービスおすすめ2選

研究者にとって4月は特別な季節。それはもちろん日本のほとんどの大学で新

卒業・進級・入学おめでとう|大人になったら自分にベストの国語辞典を自ら選ぼう

桜満開・春爛漫のこの時期、これほどまでに卒業・入学に相応しいシーズンが

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの

もう一度聞きたい、アメリカの大学卒業式スピーチ5選

アメリカの卒業式シーズンは5月だが、日本でいえば今がまさに大学卒業のピ

春の卒業・入学シーズンを前に国語辞典をしっかり選ぼう|やはりオススメの定番4冊

さていよいよ3月となり、入試の合格発表から卒業式・入学式の季節となった

PAGE TOP ↑