*

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

公開日: : 最終更新日:2016/10/27 オススメ書籍

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったなんて!という驚きと、そこでイキイキと働いている人たちが素敵、という感動なんだろう。そんな気持ちが色濃く現れているのが『ふむふむーおしえて、お仕事!』だ。

 

ちょっぴり変わった職に就いている人たち16人へのインタビューなのだが、染織家のような職人から、漫画アシスタント、そして大学研究者まで、すべて女性ワーカーだ。仕事全般への並々ならぬ関心が、三浦しをんの創作活動の原点にあると言っても過言ではないだろう。

 

 

彼女の大ヒット作『舟を編む』もまた、辞書編纂という一風変わった職業に着目した快作だった。無味乾燥な辞書作りという先入観はことごとく覆され、この作業に携わる人たちの思いと哲学が反映された、なんと人間臭く可笑しいプロセスなのかと、眼から鱗が落ちる思いで読んだのは、「学校で教えて欲しい国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を使い分けろ」で書いたとおりだ。

 

 

そして現在映画「Wood Job!」が公開中の原作『神去なあなあ日常』。林業男子・林業女子という名称を生み出したように、日本の森深くに分け入り、木を育て材として伐り出す若者たちを描いた青春田舎群像。目の付け所の秀逸さが光るこの傑作は、6月30日まで実施中の Kindle本 夏のバーゲンセールにつき、現在Kindle版が63%オフ。もしまだ読んでいないならこの機会にぜひ。

kindle-2014-summer-sale-june

 

 

そんな彼女のもう一つの、そして僕が読んだ中では最新にして最高にオモシロかった一冊がこちら『星間商事株式会社社史編纂室』だ。社史だよ、その編纂室だよ、そこを舞台とするなんて、やっぱり三浦しをんはちょっとというか相当ヘンなのであり、それがまた大変な味わいとなっているのである。また本書ではいわゆる腐女子が主人公となるのだが、それもまた著者自身のテイストが色濃く現れたものとなっている。こういうエンタメ小説を長々と紹介するのは野暮というもの。読んで笑って大いに楽しむべし。

 

川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。社史編纂室勤務。彼氏あり(たぶん)。仕事をきっちり定時内にこなし、趣味のサークル活動に邁進する日々を送っていた彼女は、ある日、気づいてしまった。この会社の過去には、なにか大きな秘密がある!……気づいてしまったんだからしょうがない。走り出してしまったオタク魂は止まらない。この秘密、暴かずにはおくものか。社史編纂室の不思議な面々、高校時代からのサークル仲間、そして彼氏との関係など、すべてが絡まり合って、怒濤の物語が進行する。涙と笑いの、著者渾身のエンターテインメント小説。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

japanese dictionaries 1

明鏡国語辞典の最大の特徴は「問題な日本語」に対する答え

国語辞典編纂という仕事は、とても重要なものなのに一般に知られることがほとんどない。その職務内容やそこ

記事を読む

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと、歴代連勝記録の単独トップとい

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

Kindle電子書籍で安く読める、経済学および統計学の教科書

電子書籍の普及がますます加速しているが、大学や大学院で使う教科書はまだまだ電子化が遅れている。しかし

記事を読む

いまこそ将棋がおもしろい|人工知能と不屈の棋士

先月出版されたばかりの『不屈の棋士』を読み終えたところなのだが、これが実に読み応えのある一冊だった。

記事を読む

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

【Kindleセール】仕事・研究の生産性向上にむけて|イシューからはじめるエッセンシャル思考

本日の Kindle 日替わりセールに、グレッグ・マキューンのベストセラー『エッセンシャル思考』が登

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑