*

三浦しをんのマニアックな職業視点がいちいち面白い:今度の舞台は社史編纂室

公開日: : 最終更新日:2016/10/27 オススメ書籍

次々と面白い小説を発表し続ける三浦しをん。そんな彼女のモチベーションは、世の中にこんな仕事があったなんて!という驚きと、そこでイキイキと働いている人たちが素敵、という感動なんだろう。そんな気持ちが色濃く現れているのが『ふむふむーおしえて、お仕事!』だ。

 

ちょっぴり変わった職に就いている人たち16人へのインタビューなのだが、染織家のような職人から、漫画アシスタント、そして大学研究者まで、すべて女性ワーカーだ。仕事全般への並々ならぬ関心が、三浦しをんの創作活動の原点にあると言っても過言ではないだろう。

 

 

彼女の大ヒット作『舟を編む』もまた、辞書編纂という一風変わった職業に着目した快作だった。無味乾燥な辞書作りという先入観はことごとく覆され、この作業に携わる人たちの思いと哲学が反映された、なんと人間臭く可笑しいプロセスなのかと、眼から鱗が落ちる思いで読んだのは、「学校で教えて欲しい国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を使い分けろ」で書いたとおりだ。

 

 

そして現在映画「Wood Job!」が公開中の原作『神去なあなあ日常』。林業男子・林業女子という名称を生み出したように、日本の森深くに分け入り、木を育て材として伐り出す若者たちを描いた青春田舎群像。目の付け所の秀逸さが光るこの傑作は、6月30日まで実施中の Kindle本 夏のバーゲンセールにつき、現在Kindle版が63%オフ。もしまだ読んでいないならこの機会にぜひ。

kindle-2014-summer-sale-june

 

 

そんな彼女のもう一つの、そして僕が読んだ中では最新にして最高にオモシロかった一冊がこちら『星間商事株式会社社史編纂室』だ。社史だよ、その編纂室だよ、そこを舞台とするなんて、やっぱり三浦しをんはちょっとというか相当ヘンなのであり、それがまた大変な味わいとなっているのである。また本書ではいわゆる腐女子が主人公となるのだが、それもまた著者自身のテイストが色濃く現れたものとなっている。こういうエンタメ小説を長々と紹介するのは野暮というもの。読んで笑って大いに楽しむべし。

 

川田幸代。29歳。独身。腐女子(自称したことはない)。社史編纂室勤務。彼氏あり(たぶん)。仕事をきっちり定時内にこなし、趣味のサークル活動に邁進する日々を送っていた彼女は、ある日、気づいてしまった。この会社の過去には、なにか大きな秘密がある!……気づいてしまったんだからしょうがない。走り出してしまったオタク魂は止まらない。この秘密、暴かずにはおくものか。社史編纂室の不思議な面々、高校時代からのサークル仲間、そして彼氏との関係など、すべてが絡まり合って、怒濤の物語が進行する。涙と笑いの、著者渾身のエンターテインメント小説。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

japanese dictionaries 1

2015年ことしのベストセラー|人気の国語辞典ランキング

「電子書籍編」および「紙書籍編」に続いて、今回は本ブログ経由でもっとも多く選ばれた国語辞典の紹介であ

記事を読む

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

【Kindle大セール】高価格の経済学・統計学・数学関連書も全品まとめて20%還元キャンペーン

今回の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンは、なんとほぼ全ての商品に適用されている。で

記事を読む

kuzushi shougi

奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門

中学生でプロの将棋棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人であり、その後も第一

記事を読む

travel suitcase

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりク

記事を読む

今年のクリスマスもまたアメリカ現代社会の象徴「メガチャーチ」を思い出す

今年もいよいよクリスマス。そしてこの時期、毎年のように思い出すのがアメリカのメガチャーチである。「現

記事を読む

『科研費獲得の方法とコツ』は、科研費申請予定の研究者必携の一冊

研究者にとっての秋は、科学研究費助成事業(科研費)の締切が迫る時期でもある。今年は11月10日が最終

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

【Kindle日替わりセール】工学部助教授にしてベストセラー作家・森博嗣の『作家の収支』|論文執筆スキルを応用してミステリを量産する

先日は多数の電子書籍が期間限定で大幅値下げされており、僕自身も随分と買

【Kindleセール】おすすめ英語テキスト3冊が大幅値引きキャンペーン

Amazon のキャンペーン「冬のKindle本セール」から、大幅に値

【Kindleセール】おすすめ経済学書3冊が半額以下のキャンペーン

現在開催されている「冬のKindle本セール」から、おすすめの経済学書

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑