*

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 Kindle, オススメ書籍

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は多いだろうが、そんな人たちにお勧めしたいのが堂場瞬一の『チーム』である。

 

箱根駅伝の出場を逃した大学のなかから、予選で好タイムを出した選手が選ばれる混成チーム「学連選抜」。究極のチームスポーツといわれる駅伝で、いわば“敗者の寄せ集め”の選抜メンバーは、何のために襷をつなぐのか。東京~箱根間往復217.9kmの勝負の行方は――選手たちの葛藤と激走を描ききったスポーツ小説の金字塔。

 

さて、この『チーム』の面白さは、なんといっても「学連選抜」に注目した点にある。出場を逃した各大学のエースを集めたこの混成チームが、これまでの箱根駅伝を盛り上げてきたことは間違いない。さらには、こうした敗者の選抜チームから、その後活躍する選手が生まれたことも見逃せないだろう。その典型例が現在、公務員ランナーとして毎回注目が集まる川内優輝である、学習院大学時代に学連選抜の選手として箱根に出場したことが彼の基礎であり支柱ともなっている。

 

また、今年からは「学連選抜」という名称および関連ルールが変更となったが、過去の大会では、この学連選抜がシード圏内に入るかどうかも、箱根駅伝の大きな見どころとなっていた。いずれにしろ、箱根駅伝を舞台にした小説の中では、この混成チームに焦点を当てたという視点の鋭さもあって、圧倒的に読み応えのある一冊となっている。

 

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

 

 

続いておすすめしたいのが、同じく堂場瞬一著の『ヒート』である。上記『チーム』と合わせて読むべき理由は以下に述べる通りだ。

 

 

日本男子マラソンの長期低迷傾向に歯止めをかけるべく、神奈川県知事の号令のもと新設された「東海道マラソン」。県庁職員の音無は日本陸上界の至宝・山城悟のペースメーカー役に、孤独なランナー・甲本剛を起用する。果たして世界最高記録達成はなるか。数多の人間の欲望と情熱を乗せたレースは、まさかの展開に―。

 

箱根駅伝を描いた上記『チーム』の続編にあたる本書『ヒート』では、今度はマラソンに焦点を当てる。山登りや下りを始めとする箱根駅伝の特有ルールが、日本の男子マラソンを弱体化させているという指摘はよく聞くものだが、そういう批判をする人の多くも、それではいかに男子マラソンを強化するべきかという具体的な提案には乏しい。

 

それに対し、本書『ヒート』では、日本が男子マラソンで世界記録を樹立するという壮大なゴール達成に向け、関係者が暗躍するさまが生々しく描かれる。それは選手が速いことだけではなく、タイムが出やすいコース設定から、完璧なペースメーカーの用意まで、舞台裏での準備が必要になるのである。「箱根からマラソンへ」という掛け声を白々しいものとせず、リアルな到達可能目標とするためには、単にレースに参加するのではなく、ゲームのルール作りから深く関わっていくという、この小説で描かれるくらいの執念が必要なのだろう。前作『チーム』と同様に、単なるマラソン小説ではない、視点のよさが光る快作となっているのが、この続編『チート』なのである。

 

 

そして最後に紹介したいのが黒木亮の『冬の喝采』だ。経済小説のベストセラー作家として知られる黒木亮が、じつは早稲田大学在学中にあの瀬古選手とともに箱根駅伝を走っていたなんて、本書を読むまで知らなかった。そういうノンフィクションの要素を多く含んだ箱根駅伝小説の傑作が本書だ。

 

 

この2015年大会からは、先ほど述べたような従来の学連選抜に関するルールや、山登りと下りのコースに関して等々、いくつかの変更が加えられ、新たな見どころも増えた。今後の箱根駅伝をさらにより面白く見るためにも、駅伝ファンにはここで紹介した3冊をぜひともおすすめしたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

華麗な舞台の裏にあるプロテニス選手の過酷な生活|ランキングシステムが生んだ世界的超格差社会

2018年の全豪オープンテニスがフェデラーの優勝で幕を閉じた。自身が持つ四大大会最多優勝記録を20勝

記事を読む

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴史や文学そして経済学といった学

記事を読む

新しい Kindle Paperwhite を4,000円オフのキャンペーン価格で買った|電子書籍専用リーダーはやっぱり快適

長いこと愛用してきた Kindle Paperwhite だが、ついに先月新製品が発売され、しかもそ

記事を読む

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の

記事を読む

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

国語辞典ベストセラーランキングに見る人気辞書|中学生以上は新明解、小学生はドラえもんかチャレンジか

国語辞典というのは大変におもしろい。実に個性豊かであるにも関わらず、その特徴は必ずしもきちんと伝わっ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑