*

秋学期の担当科目・統計学、授業開始。

公開日: : 最終更新日:2014/10/17 大学・授業

さて先日「国際大学の2014年入学式」で書いたように、秋入学制の本学ではいまが新学期開始の時期である。僕は今年も、修士一年生の必修科目となっている統計学を担当している。

 

2014-10-14 13.38.45

 

今年度の授業をするに当たって参考にしているのが、昨年の授業評価だ。「秋学期に担当した統計学の、学生による授業評価が返ってきた」にも書いたように、本学でも学生による授業評価が行われているが、それが学内で公開されるため、そりゃあもう去年はキンチョーしましたよ。今年は同じ授業を担当することもあって、学生のバックグラウンドや興味・関心といったことが大体分かっているため、授業はずいぶんとやりやすくなった。

 

とはいえ、昨年の反省も多々あるわけで、その多くはそれこそ学生からの授業評価で指摘されたことである。というわけで、今年の授業では「もっとゆっくりと話すこと」を最も意識している。あとは少しは雑談もしようかと思い、「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」から拾ってきた小ネタなんかをちょっぴり交えているところ。そういえば昨年の学生のコメントでは「試験問題をもっと易しくして」というのも複数あったような気がしたのだが、たぶん気のせいだと思う。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

国際大学の2015-16アカデミックイヤー始まる

国際大学では秋入学制となっており、9月1日が新しい学年度が始まる日。そして卒業式は6月下旬となってい

記事を読む

国際大学大学院修了式:卒業おめでとう!

先週6/26(木)は国際大学の大学院修了式だった。アメリカと同様に秋学期に始まる本学では6月が卒業の

記事を読む

Le Penseur

秋学期に担当した統計学の、学生による授業評価が返ってきた

僕が昨年の秋学期(10-12月)に担当していた統計学の授業は、修士課程1年生の必修科目である。その受

記事を読む

[おすすめ数学テキスト]政治学・社会学のための数学基礎講座

経済学Ph.D.課程の多くでは、夏の間に新入生向け の数学基礎講座(通称 Math camp)を開講

記事を読む

国際大学の2014年入学式

先週、国際大学の入学式が開かれた。秋入学制の本学では、新入生は9月に来日してオリエンテーション等を受

記事を読む

check list

冬学期の授業評価が返ってきた

前学期(冬学期)には program evaluation methods を教えていたのだが、学生

記事を読む

国際大学学生コンピュータ室

あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国

以前に紹介した通り、国際大学の学生は全員が修士課程生であり、その多くが開発途上国を中心とした海外から

記事を読む

国際大学の2015年入学式(Welcome Day)

「国際大学の2015-16アカデミックイヤー始まる」に書いた通り、国際大学では秋学期制が採用されてい

記事を読む

あらためて国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション

さて、国際大学(International University of Japan, IUJ)につい

記事を読む

国際大学キャンパス本部棟

国際大学の新しいアカデミック・イヤー始まる

「国際大学大学院修了式:卒業おめでとう!」で紹介したように、本学の卒業式は6月。それは秋入学制を採用

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑