*

電子書籍で読む写真集|おすすめ4作品

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle

これだけ多くの電子書籍を読むようになり、もう紙の書籍にこだわらなくなった現代において、それでもなお、やはり紙の本として持っていたいというのはどんな本だろうか?おそらくは、辞書のように手元でさっと引けるものがその筆頭として挙げられるであろう。

 

ただ個人的には、写真集の類もやはり紙のものでというニーズは変わらず強いように思う。インテリアとしても重宝するような洒落た写真集は、カフェに飾ってあるように自分の部屋にも置いておきたい、という人は相当数いるだろう。だから、電子書籍じゃだめなんだよ、他人は誰もそのオシャレさに気づいてくれないんだから(笑)。

 

しかし、電子書籍化の流れはものすごいと思う。結局のところ、この価格破壊によって、今まで本を手にするのを躊躇していた層にまでアプローチできたということは、それだけで革命的である。そして、その波がいま、写真集にまで押し寄せているのではないかと思うのだ。

 

例えば以下の『バイコヌール宇宙基地の廃墟』。これがなかなかにスゴイ写真の連続だったのだ。世界の最高技術のその最先端だった宇宙開発、それがいまこんな形で朽ち果てているなんて・・・。そんな珍しい光景の数々を収めた大変に興味深い写真集であり、ぜひおすすめしたい一冊なのである。

世界初!ソ連版スペースシャトル宇宙船&ロケットの廃墟写真集。アメリカでスペースシャトルが終了した現在、国際宇宙ステーションへは、ロシアのバイコヌール宇宙基地(場所はカザフスタン)から打ち上げられたソユーズで行き来しています。その華やかなソユーズ発射台のすぐ近くに、人々から忘れられ完全に放置された整備棟が2つ。中には旧ソ連が開発していた再利用型の往復宇宙船「ブラン」とそのテスト機、そしてロケットの「エネルギア-M」が、ソ連崩壊から25年もの間、人知れず眠っていました…。

 

 

続いて紹介したいのが『平和をまとった紳士たち』。この「サプール」という集団ご存知ですか?ものすごい面白い人々なのである。金銭的には貧しいけれど誇り高く気高く、世界一カッコいい男たちがコンゴにいた。僕はすでに紙の写真集で手元にあるのだけれども、これもいま電子書籍化されており、しかもなんとやはり300円という低価格。これだけ貧しい国にこんなにも洒落者たちがいるのである。ぜひNHKでの再放送を期待したい。

NHKのドキュメンタリー番組(2014年12月)で取り上げられて話題になった「サプール(SAPEURS)」の写真集です。写真家・茶野邦雄がアフリカ、コンゴに飛び、撮り下ろしました。「サプール」とは、コンゴ共和国の首都・ブラザビルを拠点とした“世界一エレガントでかっこいいコンゴの男たち=平和をまとった紳士たち”です。本書は茶野邦雄がサプールの人々に会い、撮影し、インタビューした内容によって構成されています。日本語-フランス語版と日本語-英語版の2種類があります。サプールとは何か・・・サプールのすべてが本書にはあります。カラー写真137点収録。

 

 

もう一つ、これは写真集ではなく旅行雑誌なのだけれども、『CREA Traveller』も素晴らしい写真が豊富だ。内容は女性向けの旅行案内が多いのだが、なんといっても訪問先を選ぶセンス、そして数多くの美しい写真。それが見たくて思わず買ってしまうことが多いのだが、それらがすべて今回のKindleセールでことごとく安くなっている。おすすめです。

 

 

最後におすすめしたい一冊は、あの伊藤若冲である。「生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう」でも書いたように今回の展覧会がまたしても大きな話題となった若冲展。行きましたか?僕はもう頑張って3時間並びましたから。そんな人気ぶりの若冲作品をKindleで実にお手軽に290円という低価格で楽しめるのがこの画集だ。あまりの混雑っぷりに、今回の展覧会に行きそびれた人はぜひこの画集を眺めてみてはどうだろうか。本物の迫力はやはり素晴らしいが、電子書籍で見る写真集もなかなかクオリティが高いのだから。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

将棋名人の渡辺くんと女流棋士えりりんの平和で非凡な毎日

現役最強の将棋棋士・渡辺明。名人位をはじめ三冠を保持する実力は棋界のなかでも抜きんでている。渡辺三冠

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読めるこの漫画がすごい:思わずハマったコミック12選

「電子コミックの時代がやってきた」でも紹介したように、日本ではとくに電子コミックが現在の市場を牽引し

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、ステイホームの継続と静かな

記事を読む

金儲けして悪いですか?村上ファンドを率いた生涯投資家からの痛烈なメッセージ

ホリエモンと言えば堀江貴文、その堀江と言えば? という質問の答えでおおよその世代が分かるのではないだ

記事を読む

歌舞伎町ホストの帝王・ローランドの言葉にみる至極真面目なプロ意識

現代ホスト界における圧倒的カリスマ、歌舞伎町の夜の帝王、そしてこの世には二種類の男(自分かそれ以外)

記事を読む

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未華子が演じるアラサー独身女子・

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳

関谷英里子の『カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳+70』が現在Kindleで大幅に

記事を読む

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見が世界中で話題となった。「ブラ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院

マンガ大好き芸人も絶賛の異色作『チ。地球の運動について』最新刊がさらにおもしろい

宗教的絶望と科学的真理の葛藤。中世の時代、当時の世界を支配するキリスト

科研費に採択されたら絶対に使いたい超便利クラウドサービス

さて今年も科研費の採択が発表されるシーズンとなったが、昨年応募した方々

NHK「プロフェッショナル」東北魂サンドウィッチマンスペシャル

先日は「ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に」で書いたように、

【Kindle月替わりセール】おすすめの6冊

Kindle月替わりセール、3月末までの期間限定でお買い得となっている

論理思考の駆け引きで騙し合い|カードゲーム「TAGIRON」が熱すぎる

以前に「冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者

ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に

3/22月曜日、NHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」ご覧

新書『英語独習法』が売れている|認知科学者がおしえる思考と学習

岩波新書の今井むつみ『英語独習法』が売れている。僕自身も大変興味深く読

PAGE TOP ↑