*

電子書籍で読む写真集|おすすめ4作品

公開日: : 最終更新日:2016/06/28 Kindle

これだけ多くの電子書籍を読むようになり、もう紙の書籍にこだわらなくなった現代において、それでもなお、やはり紙の本として持っていたいというのはどんな本だろうか?おそらくは、辞書のように手元でさっと引けるものがその筆頭として挙げられるであろう。

 

ただ個人的には、写真集の類もやはり紙のものでというニーズは変わらず強いように思う。インテリアとしても重宝するような洒落た写真集は、カフェに飾ってあるように自分の部屋にも置いておきたい、という人は相当数いるだろう。だから、電子書籍じゃだめなんだよ、他人は誰もそのオシャレさに気づいてくれないんだから(笑)。

 

しかし、電子書籍化の流れはものすごいと思う。結局のところ、この価格破壊によって、今まで本を手にするのを躊躇していた層にまでアプローチできたということは、それだけで革命的である。そして、その波がいま、写真集にまで押し寄せているのではないかと思うのだ。

 

例えば以下の『バイコヌール宇宙基地の廃墟』。これがなかなかにスゴイ写真の連続だったのだ。世界の最高技術のその最先端だった宇宙開発、それがいまこんな形で朽ち果てているなんて・・・。そんな珍しい光景の数々を収めた大変に興味深い写真集であり、ぜひおすすめしたい一冊なのである。

世界初!ソ連版スペースシャトル宇宙船&ロケットの廃墟写真集。アメリカでスペースシャトルが終了した現在、国際宇宙ステーションへは、ロシアのバイコヌール宇宙基地(場所はカザフスタン)から打ち上げられたソユーズで行き来しています。その華やかなソユーズ発射台のすぐ近くに、人々から忘れられ完全に放置された整備棟が2つ。中には旧ソ連が開発していた再利用型の往復宇宙船「ブラン」とそのテスト機、そしてロケットの「エネルギア-M」が、ソ連崩壊から25年もの間、人知れず眠っていました…。

 

 

続いて紹介したいのが『平和をまとった紳士たち』。この「サプール」という集団ご存知ですか?ものすごい面白い人々なのである。金銭的には貧しいけれど誇り高く気高く、世界一カッコいい男たちがコンゴにいた。僕はすでに紙の写真集で手元にあるのだけれども、これもいま電子書籍化されており、しかもなんとやはり300円という低価格。これだけ貧しい国にこんなにも洒落者たちがいるのである。ぜひNHKでの再放送を期待したい。

NHKのドキュメンタリー番組(2014年12月)で取り上げられて話題になった「サプール(SAPEURS)」の写真集です。写真家・茶野邦雄がアフリカ、コンゴに飛び、撮り下ろしました。「サプール」とは、コンゴ共和国の首都・ブラザビルを拠点とした“世界一エレガントでかっこいいコンゴの男たち=平和をまとった紳士たち”です。本書は茶野邦雄がサプールの人々に会い、撮影し、インタビューした内容によって構成されています。日本語-フランス語版と日本語-英語版の2種類があります。サプールとは何か・・・サプールのすべてが本書にはあります。カラー写真137点収録。

 

 

もう一つ、これは写真集ではなく旅行雑誌なのだけれども、『CREA Traveller』も素晴らしい写真が豊富だ。内容は女性向けの旅行案内が多いのだが、なんといっても訪問先を選ぶセンス、そして数多くの美しい写真。それが見たくて思わず買ってしまうことが多いのだが、それらがすべて今回のKindleセールでことごとく安くなっている。おすすめです。

 

 

最後におすすめしたい一冊は、あの伊藤若冲である。「生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう」でも書いたように今回の展覧会がまたしても大きな話題となった若冲展。行きましたか?僕はもう頑張って3時間並びましたから。そんな人気ぶりの若冲作品をKindleで実にお手軽に290円という低価格で楽しめるのがこの画集だ。あまりの混雑っぷりに、今回の展覧会に行きそびれた人はぜひこの画集を眺めてみてはどうだろうか。本物の迫力はやはり素晴らしいが、電子書籍で見る写真集もなかなかクオリティが高いのだから。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

稲垣栄洋の植物論と生き物の死にざま

稲垣栄洋の植物論は大変におもしろい。例えば、『雑草はなぜそこに生えているのか』であれば、そもそも書名

記事を読む

金儲けして悪いですか?村上ファンドを率いた生涯投資家からの痛烈なメッセージ

ホリエモンと言えば堀江貴文、その堀江と言えば? という質問の答えでおおよその世代が分かるのではないだ

記事を読む

Kindle電子書籍で学ぶ、日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術

ドクター・ヴァンスの『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』がセール中。これまで僕も何度か書

記事を読む

アイデアと問題解決につづく第3弾『独学大全』ついに登場|一家に一冊、学びの百科事典として

さてさて、あの『独学大全』もう読みましたか? 人生100年時代、つねに学び続けアップデートし続けねば

記事を読む

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーンでは、おすすめ書籍が期間限定で

記事を読む

Kindle電子書籍で手軽に読む、勝負師たちの闘う頭脳と揺れない心

Amazon Kindle で電子書籍を出版している数多くの出版社の中でも、KADOKAWA は最も

記事を読む

これは経費で落ちません|経理部が見つめる人間模様

NHKで現在放送中のドラマ「これは経費で落ちません!」が面白い。多部未華子が演じるアラサー独身女子・

記事を読む

「ない仕事」の作り方|みうらじゅんとノーベル賞級の研究

みうらじゅんの最新刊「『ない仕事』の作り方」、これがめちゃくちゃ面白かったものだから、ここで力強くお

記事を読む

浦沢直樹の漫勉neoと、すぎむらしんいち『最後の遊覧船』

NHKの人気番組『浦沢直樹の漫勉』シリーズは、昨年neoが放送され、現在はそれらが再放送されていると

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑