*

Kindleコミック:おすすめ無料・格安漫画の探し方

公開日: : 最終更新日:2014/12/24 オススメ漫画

「電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか」にも詳しく書いたように、この一年で電子書籍の普及に弾みがついたのは間違いなさそうだ。ただ日本の市場環境にあっては、以下のように(インプレス総合研究所調査)、2013年度は936億円の電子書籍市場のうち約8割をコミックが占めている状況だ(参考:急伸する電子書籍市場 売上の8割はコミックが支える)。

 

ebooks-ecomics

 

確かに、コミックというのは電子書籍とじつに相性がいい。「Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった」に書いた通り、僕自身にとっても電子書籍でなければ、これまで読まなかった漫画に手を出すこともなかったかも知れない。

 

また、「おすすめKindleコミック『幽麗塔』(原作は『幽霊塔』):この漫画の売り方と売れ方がすごい」でも紹介した通り、いま電子コミックをどうマーケティングするかというのは各社ともに試行錯誤の段階であり、だからこそあの手この手の販売手法が出現して、それを見ているだけでも新しい市場が立ち上がっていく際の興奮を覚えるのである。

 

2014-12-14 13.57.10

 

 

そんな各種手法の最たるものが、Amazon Kindle の実にバラエティ豊かなキャンペーンだ。オンライン書店での欠点の一つとして、予想外の書籍との出会いがないというものがある。確かにその通りなのだが、Amazon のこうした多種多様なキャンペーンは、特価販売するということで今まで手にしたかった客層にまで対象を広げられるという点で有効であり、そして一方の消費者からしてみればまさに予想外の出会いとして機能し始めているように思うのである。少なくとも、上記で書いたように、僕にとってはこうしたキャンペーンがなかったならば、恐らくは鈴木みそ作品も『幽麗塔』も知るきっかけすらなかったかも知れないのである。

 

というわけで、明日25日までという期間限定で「2,000円割引キャンペーン」がまさに展開中であり、Kindle電子書籍端末が4,980円という低価格から入手可能となった今、今後もさらに電子書籍ユーザが加速度的に増加していくことであろう。と同時に日本においては引き続き電子コミックが市場を牽引していくことが予想されるため、そんな電子コミック普及に向けたAmazon の各種取り組みをまとめておきたい。僕はこうしたキャンペーンで今年ずいぶんと多くの漫画と出会ったように思う。

 

期間限定おすすめ無料コミック

まずは何といってもこの「期間限定おすすめ無料コミック」である。このキャンペーンを通じて次々と新しい漫画が無料提供されるものだから、このページをブックマークして毎日欠かさずチェックするというのが、Kindleヘビーユーザの日課なのである。例えば今なら以下の通り三田紀房の『クロカン』第1巻が無料!という具合だ。

 

kindle-free-comics

 

 

Kindle日替わりセール

もう一つの日課がこの「Kindle日替わりセール」をチェックするということ。漫画以外も含め各種電子書籍が1日だけ大特価となるため、こちらもブックマークが欠かせないページ。僕自身はこのセールがきっかけで今まで縁がなかった本と出会い購入することが多い。

 

kindle-daily-sale

 

 

Kindle月替わりセール

もう少し時間的に余裕があるのがこの「Kindle月替わりセール」だ。しかも今月は年末年始スペシャルということで、コミックからビジネス書そして文芸やノンフィクションまで、通常よりも多数の書籍・漫画が現在大特価セール中となっている。これも絶対に見逃せないキャンペーンなのだ。

 

kindle-monthly-sale

 

 

Kindleコミック・ベストセラー

「Kindleコミック・ベストセラー」を定期的にチェックするのも面白い。いまどんな作品が読まれているのかを知ることができるのはもちろん、とくに無料コミックのランキングを見れば、ダウンロードしそびれているものがないかどうかの確認にもなる。

 

kindle-comic-ranking

 

 

最大20%ポイント還元セール

この「最大20%ポイント還元セール」にもKindleコミックが多数リストアップされている。そのため、ちょくちょく訪問しておくと気になっていたあの作品が断然安く買えたりする大変お得なページなのである。

 

kindle-20percent-sale

 

 

Kindleセレクト25

この「Kindleセレクト25」は、週替わりで選ばれる25冊の新刊や話題作が、早くも10%ポイント還元となるもの。というわけで、もちろんこのキャンペーンのチェックも毎週怠れないものとなってくる。

 

kindle-select

 

 

Kindleコミック・スターターブック

そして、実に電子コミックらしいキャンペーンがこちらの各種「スターターブック」である。現在の人気作から往年の名作まで、なんと以下すべて無料で提供されているんです!もちろん全話というわけではなく、各エピソードの触りの部分だけが無料で紹介されており、続きが読みたければあとは買ってね、という販売方法。ちょっと立ち読みという感覚を電子コミックに盛り込んだら、結果的にこういう形に結実したという大変に興味深い手法である。

 

 

 

いつでも無料のコミック

以上で紹介してきたのは、主に期間やストーリーが限定されたキャンペーンであった。しかしながら極稀に、全てのエピソードがいつでも無料で読めるという漫画家がいる。その代表例が「現在Kindle版が無料の佐藤秀峰『漫画貧乏』を再読:漫画業界そして電子書籍の革命家」で書いた佐藤秀峰である。なにしろ彼の代表作『ブラックジャックによろしく』は、旧シリーズがいつでも全巻無料となっている。さらには、彼の漫画エッセイ『漫画貧乏』などは書籍を買えば1,200円するところ電子版なら無料で提供されているのである。これはもう衝撃以外のなにものでもない。

 

 

 

というように、電子書籍そしてとくに電子コミックの市場はまだ立ち上がりつつある段階だからこそ、様々なマーケティングが考えられており、それが実に興味深いのである。新たな漫画との出会いと同時に、新たな販売手法を知ることも、個人的な楽しみの一つとなっているのだ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン2が今日から始まるよ!|漫画に魂が宿る瞬間

NHKで昨年放送された「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっていただろうか?再放送もされていたので

記事を読む

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこ

記事を読む

人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ

手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』。モグリの医者をダークヒーローとし、命とは、生きるとは、そして金

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

至高のグルメ(ギャグ)漫画『食の軍師』を、TOKYO MX がまさかのドラマ化

『孤独のグルメ』で新たなグルメ漫画のあり方を提示した久住昌之が、さらなるイノベーションをもたらしたの

記事を読む

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

電子コミックの時代がやってきた:『ナナのリテラシー』が描く漫画業界のビジネスモデル革命

ご存知のように、今ものすごい勢いで電子書籍市場が拡大している。出版業界では今年こそ「本当の電子書籍元

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

amazon box

Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった

昨年Amazon キンドルを買って以来、もう完全に手放せないアイテムとなっているのだが、その最大の理

記事を読む

【おすすめコミック】賭博と心理の傑作『カイジ』のスピンオフ漫画『中間管理録トネガワ』が最高すぎる

ギャンブル漫画としてのみならず、その心理戦の描写が実に素晴らしいご存知『カイジ』。このシリーズに敵役

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑