*

Kindle電子書籍で安く読める、経済学および統計学の教科書

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 Kindle, オススメ書籍

電子書籍の普及がますます加速しているが、大学や大学院で使う教科書はまだまだ電子化が遅れている。しかし電子教科書の何がすごいって、厚くて重い教科書をカバンに入れて持ち歩かなくて済むというのももちろん大きなメリットだが、価格面での安さはやはり非常に大きな利点。というわけで、紙書籍の教科書よりもぐっと安い電子書籍版の教科書は今後一気に市場が拡大するのではないだろうか。

 

text_books

 

 

統計学のおすすめ教科書

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」でも紹介した、統計学をゼロから学ぶ人におすすめの小島寛之『完全独習 統計学入門』。紙書籍に比べて電子書籍はずっと安い価格設定がされている。

 

続けておすすめしたいのは、初心者に向けて分かりやすく、でもきちんと体系的に解説された藪友良の『入門 実践する統計学』。こちらも電子書籍版は紙書籍と比べて遥かにお買い得。

 

 

経済学のおすすめ教科書

経済学の教科書ではなんといっても、日本の経済政策分析に特徴のある八田達夫『ミクロ経済学―市場の失敗と政府の失敗への対策』が、格安で提供されている。紙書籍なら上下巻で約8,000円もするからこそ、値下げされている電子書籍版を購入するとものすごくお得だ。

 

ミクロ経済学のテキストではもう一冊、ゲーム理論的な視点から書かれた名作『ミクロ経済学 戦略的アプローチ』も、電子書籍版の方がずっと安くなっていてオススメ。

 

 

おもしろ統計学

もちろん教科書だけでなく、一般向け書籍も数多く電子書籍の商品にリストアップされている。例えば統計学の分野なら、『ヤバい統計学』および、それと同じ著者による続刊『ナンバーセンス』。どちらの書籍も、テーマパークや大学ランキングといった身近で具体的な事例が豊富で圧倒的に面白い(参考「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」および「『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏」)。

 

さらには、大統領選挙予測からスポーツ選手のパフォーマンス評価まで、今やデータ・サイエンティストと言ったらこの人ネイト・シルバーの大ベストセラー『シグナル&ノイズ』(参考「天才データアナリストのネイト・シルバーと2冊の絵本」)。データ分析に興味があるなら必読の一冊と言えよう。

 

そしてデータと相性がいいのがスポーツ分析だ。このスポーツ統計学という分野においてもはや歴史的名作と言ってもよいのが『マネー・ボール』である。映画化もされたので既に馴染みのある人もいるだろうが、本書が野球のみならずその後のスポーツを大きく変えた。そして、その中でもいま最もデータ活用・分析が進められているのが、サッカーである。「サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊」でも紹介した一冊『サッカー データ革命:ロングボールは時代遅れか』等で、ぜひデータ最前線を覗いてみて欲しい。

 

 

おもしろ経済学

経済学の一般向け書も数多く揃っている。大ベストセラーとなった『超ヤバい経済学』に加え、その著者らが執筆の背景にある考え方や視点を開陳した『0ベース思考』、さらには先日出版されたばかりの『美貌格差』に『セックスと恋愛の経済学』まで、実に豊富な電子書籍ラインナップだと言えるだろう(参考「ビジンとイケメンと生まれつき不平等の経済学」)。

 

 

行動経済学

行動経済学の名著も電子書籍版ならずっと安く買えるのも注目だろう。「文庫で学ぶ行動経済学」でも紹介した通りだが、まずはノーベル賞受賞のダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』。行動経済学の分野はいま関連書が続々と出版されているが、そもそもカーネマン等が切り拓いた分野なのだから、その著書をしっかり読んでおくのがベスト。

 

そんな行動経済学の分野でいま一般にも人気なのがダン・アリエリー。「行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク」でも書いたように、これまでTEDトークに何度も登場し、心理テストや実験等から分かった人間のクセのある性質や性格を鋭く分析しておもしろおかしく解説する。

 

こうした行動経済学の分析手法として使われる実験を、研究室や実験室に閉じ込めておくことなく、フィールドに持ち出した結果どうなったか?それを解説するのが本書『その問題、経済学で解決できます』だ。保育園での教育効果を測るために、保育園ごと新たに造ってしまうといった発想がすごい(参考「貧困不良少年が経済学のスターになった」)。

 

 

経済格差について

世界的な話題となったピケティの『21世紀の資本』。6,000円もする紙書籍が売れに売れたのもまだ記憶に新しいが、電子書籍なら4,000円強と3割以上も安い。電子の価格破壊はものすごい。

 

『年収は「住むところ」で決まる』は、米国の詳細なデータをもとに、都市間での収入格差が広がっていることを指摘した一冊。「年収を決める “The New Geography of Jobs”」で紹介したように、同じ職業であってもどこで働くかによって年収が著しく異なるこの現状は、アメリカでも政治経済的に大きな議論となっているイシューである。

 

 

というように、Kindle電子書籍では現在、漫画や文庫だけでなく、統計学・経済学の教科書から一般書まで、じつに多種多様の書籍が揃っているの。まだ電子書籍を読んだことがないという方は、そろそろ始めてみてはいかがだろうか。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

クラフトビール業界ナンバーワン・ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」の苦みが最高に旨い

今年もまたビールが旨い季節がやって来た。もちろん、クラフトビール飲んでますよね?数年前から盛り上がり

記事を読む

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

emotional highs and lows in facebook

『ヤバい予測学』とフェイスブックデータが示す感情の起伏

フェイスブックのデータ・サイエンティストたちは毎度興味深いデータを見せてくれる。それは「フェイスブッ

記事を読む

[おすすめ数学テキスト]政治学・社会学のための数学基礎講座

経済学Ph.D.課程の多くでは、夏の間に新入生向け の数学基礎講座(通称 Math camp)を開講

記事を読む

ゴリラ研究者にして京都大学新総長・山極寿一『「サル化」する人間社会』が、もんのすごく面白かった

現在シーズン2が放送中のNHKスペシャル「ホットスポット」。先月放送された第一回の「謎の類人猿の王国

記事を読む

【Kindle大セール】英語おすすめテキスト26選がお買い得

現在開催中の Kindle 書籍20%ポイント還元キャンペーンには、数多くの英語テキストも含まれてい

記事を読む

chess board

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナ

記事を読む

2014年、本ブログでのベストセラー:Kindle版および書籍版

今年もいよいよ終わり。ということで、この一年間の本ブログ上でのベストセラーを発表しよう。Kindle

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑