*

Kindle電子書籍で安く読める、経済学および統計学の教科書

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 Kindle, オススメ書籍

電子書籍の普及がますます加速しているが、大学や大学院で使う教科書はまだまだ電子化が遅れている。しかし電子教科書の何がすごいって、厚くて重い教科書をカバンに入れて持ち歩かなくて済むというのももちろん大きなメリットだが、価格面での安さはやはり非常に大きな利点。というわけで、紙書籍の教科書よりもぐっと安い電子書籍版の教科書は今後一気に市場が拡大するのではないだろうか。

 

text_books

 

 

統計学のおすすめ教科書

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」でも紹介した、統計学をゼロから学ぶ人におすすめの小島寛之『完全独習 統計学入門』。紙書籍に比べて電子書籍はずっと安い価格設定がされている。

 

続けておすすめしたいのは、初心者に向けて分かりやすく、でもきちんと体系的に解説された藪友良の『入門 実践する統計学』。こちらも電子書籍版は紙書籍と比べて遥かにお買い得。

 

 

経済学のおすすめ教科書

経済学の教科書ではなんといっても、日本の経済政策分析に特徴のある八田達夫『ミクロ経済学―市場の失敗と政府の失敗への対策』が、格安で提供されている。紙書籍なら上下巻で約8,000円もするからこそ、値下げされている電子書籍版を購入するとものすごくお得だ。

 

ミクロ経済学のテキストではもう一冊、ゲーム理論的な視点から書かれた名作『ミクロ経済学 戦略的アプローチ』も、電子書籍版の方がずっと安くなっていてオススメ。

 

 

おもしろ統計学

もちろん教科書だけでなく、一般向け書籍も数多く電子書籍の商品にリストアップされている。例えば統計学の分野なら、『ヤバい統計学』および、それと同じ著者による続刊『ナンバーセンス』。どちらの書籍も、テーマパークや大学ランキングといった身近で具体的な事例が豊富で圧倒的に面白い(参考「『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け」および「『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏」)。

 

さらには、大統領選挙予測からスポーツ選手のパフォーマンス評価まで、今やデータ・サイエンティストと言ったらこの人ネイト・シルバーの大ベストセラー『シグナル&ノイズ』(参考「天才データアナリストのネイト・シルバーと2冊の絵本」)。データ分析に興味があるなら必読の一冊と言えよう。

 

そしてデータと相性がいいのがスポーツ分析だ。このスポーツ統計学という分野においてもはや歴史的名作と言ってもよいのが『マネー・ボール』である。映画化もされたので既に馴染みのある人もいるだろうが、本書が野球のみならずその後のスポーツを大きく変えた。そして、その中でもいま最もデータ活用・分析が進められているのが、サッカーである。「サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊」でも紹介した一冊『サッカー データ革命:ロングボールは時代遅れか』等で、ぜひデータ最前線を覗いてみて欲しい。

 

 

おもしろ経済学

経済学の一般向け書も数多く揃っている。大ベストセラーとなった『超ヤバい経済学』に加え、その著者らが執筆の背景にある考え方や視点を開陳した『0ベース思考』、さらには先日出版されたばかりの『美貌格差』に『セックスと恋愛の経済学』まで、実に豊富な電子書籍ラインナップだと言えるだろう(参考「ビジンとイケメンと生まれつき不平等の経済学」)。

 

 

行動経済学

行動経済学の名著も電子書籍版ならずっと安く買えるのも注目だろう。「文庫で学ぶ行動経済学」でも紹介した通りだが、まずはノーベル賞受賞のダニエル・カーネマンの『ファスト&スロー』。行動経済学の分野はいま関連書が続々と出版されているが、そもそもカーネマン等が切り拓いた分野なのだから、その著書をしっかり読んでおくのがベスト。

 

そんな行動経済学の分野でいま一般にも人気なのがダン・アリエリー。「行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク」でも書いたように、これまでTEDトークに何度も登場し、心理テストや実験等から分かった人間のクセのある性質や性格を鋭く分析しておもしろおかしく解説する。

 

こうした行動経済学の分析手法として使われる実験を、研究室や実験室に閉じ込めておくことなく、フィールドに持ち出した結果どうなったか?それを解説するのが本書『その問題、経済学で解決できます』だ。保育園での教育効果を測るために、保育園ごと新たに造ってしまうといった発想がすごい(参考「貧困不良少年が経済学のスターになった」)。

 

 

経済格差について

世界的な話題となったピケティの『21世紀の資本』。6,000円もする紙書籍が売れに売れたのもまだ記憶に新しいが、電子書籍なら4,000円強と3割以上も安い。電子の価格破壊はものすごい。

 

『年収は「住むところ」で決まる』は、米国の詳細なデータをもとに、都市間での収入格差が広がっていることを指摘した一冊。「年収を決める “The New Geography of Jobs”」で紹介したように、同じ職業であってもどこで働くかによって年収が著しく異なるこの現状は、アメリカでも政治経済的に大きな議論となっているイシューである。

 

 

というように、Kindle電子書籍では現在、漫画や文庫だけでなく、統計学・経済学の教科書から一般書まで、じつに多種多様の書籍が揃っているの。まだ電子書籍を読んだことがないという方は、そろそろ始めてみてはいかがだろうか。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式ツイッターに写真つきで投稿した

記事を読む

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前に釘づけとなってしまうことだろ

記事を読む

華麗な舞台の裏にあるプロテニス選手の過酷な生活|ランキングシステムが生んだ世界的超格差社会

2018年の全豪オープンテニスがフェデラーの優勝で幕を閉じた。自身が持つ四大大会最多優勝記録を20勝

記事を読む

組織を動かす実行力|結果を出す仕組みの作り方

新刊『実行力』を興味深く読んだ。本書は、ご存知橋下徹が、これまで大阪府知事として、そして大阪市長とし

記事を読む

電子書籍で読む写真集|おすすめ4作品

これだけ多くの電子書籍を読むようになり、もう紙の書籍にこだわらなくなった現代において、それでもなお、

記事を読む

クラウドソーシングの衝撃:世界最大手Freelancer.comの上場と業界再編

「クラウドソーシング・サービスの使い方: 世界最大の Freelancer.com が早くて安くて素

記事を読む

少年よ、大木を抱け。WOOD JOB!

本屋大賞を受賞した三浦しをん『舟を編む』で思わず国語辞典にはまってしまった僕が、その後辞書を一式揃え

記事を読む

「伊藤若冲と京の美術」展を観に行ってきた:奇想の画家が発見された背景

相変わらずの伊藤若冲の人気ぶりと言えよう。先日は新潟県立万代島美術館まで「伊藤若冲と京の美術」展を観

記事を読む

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journa

記事を読む

日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日

いよいよこの書籍が文庫化されましたね。そう、2016年に出版され大きな話題となった一冊『最後の秘境

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

paper editing
英語アカデミック・ライティング最高の一冊に日本語版が登場

英語のアカデミック・ライティングの書籍は数多くあれど、いやだからこそ、

valentine chocolate
バレンタインの統計学と経済学

明日は男性諸君が待ちに待ったバレンタインデーですよね!? というわけで

野村克也の頭脳とデータ|戦後初の三冠王そして名監督としての実績と名声

日本のプロ野球界に燦然と輝く実績と名声。戦後初の三冠王の栄誉を手にした

圧倒的ユニークな視点でつくるアカデミック・エンタテインメント|NHK「ろんぶ~ん」が面白い

先日まで、4週連続で放送されたNHK番組「ろんぶ~ん」、ご覧になりまし

欧州サッカー・マネーリーグ最新版|バルサが初の首位・レアルは2位に後退

今年も発表された、「デロイトフットボールマネーリーグ」。これは毎年、世

【Kindle特大セール】サイエンス書の超傑作7選がいまだけ大特価

新たに始まった Amazon Kindle の【40%OFF以上】ビジ

2020年全豪オープンテニス|ジョコビッチが逆転の粘り勝ちで連続優勝

実にシビレル試合だった。今年の全豪オープンテニス決勝戦である。ジョコビ

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

PAGE TOP ↑