*

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国語辞典とお金の関係、であった。個人的にも興味深く視聴したが、みなさんご覧になっただろうか?

国語辞典のお金の秘密を大調査!約3000ページ、25万語以上の言葉を収録する国語辞典も!30年と超大変なお仕事!辞典に掲載する新たな言葉を探す「言葉ハンター」の日常に密着!気が遠くなる調査の秘密が!そんな辞典も不況の時代!しかし売り上げ低迷をV字回復する秘策「改訂」って何!? さらに、「刑務所内で使われるという言葉を収録した辞典」「あだ名ばかりを集めた辞典」など驚きの辞典も登場!

 

 

 

出版不況と言われて久しいが国語辞典ももちろん例外ではない。なだらかな売上減少がもう何年も続き、ピーク時に比べて遥かに小さくなってしまった市場規模。しかしところどころでは、売上がぐっと伸びる年がある。それが、国語辞典の大改訂が行われたときである。

 

例えば、国民的辞書のひとつである広辞苑。多くの家庭で常備されていることを考えると、改訂新版が出版されるたびに買い替え需要が生じ、そこでまた息を吹き返すように売れるというわけなのである。

 

こうした背景を踏まえると、昨年から今年にかけては、国語辞典の売上がぐっと増えるタイミングになったと言えるのではないだろうか。何しろこれまたベストセラー辞書のひとつ、新語に強い「三省堂国語辞典」が、2021年12月に8年ぶりの全面改訂を行った最新第8版を、満を持して投入したのだから。

 

 

 

ことばで写す時代(いま) 3,500の新語の数だけ、私たちの暮らしは変わりました。

暮らしの中にあふれることばを集めました。辞書はかがみ。8年ぶりの全面改訂。
ググるだけでは分からない、ことばの疑問は『三国(サンコク)』で解決。すとんとすぐに胸に落ちる、簡明な語釈。定評ある新語の掲載はもちろん、日本語のリアルを知るための新機軸満載。

┃時代を映す3,500語を増補し、収録項目数約84,000。新語義も徹底捕捉
新語の例:アウティング/赤信号みんなで渡ればこわくない/アラフィフ/ESG/いいね/一周回って/犬笛/陰キャ/ウェビナー/受け子/遠慮のかたまり/置きに行く/おれがおれが/ガールズバー/カオマンガイ/ガテン系/壁打ち/完コピ/完登/完母/規格外/聞けば/ギャン泣き/きゅんきゅん/きょうイチ/くるりんぱ/香害/ごはん屋/災後/刷成/CV/自分事/主語が大きい/素で/聖地巡礼/世界線/洗口/センベロ/争続/そうなんですね/ソーシャルディスタンス/ゾーンに入る/即食/即完/たるたる/つうか/ツーブロック/DMAT/ディストピア/デジタルトランスフォーメーション/ですです/テンプレ

 

 

創刊当時からの辞書編纂理念がこの「辞書はかがみ」ということだ。そのポリシーに沿って、日夜言葉ハンターが街に繰り出し、世の中で日々生まれ出る新たな言葉を狩りに行く。ただの流行語で終わらずに、われわれの日常に定着したと思われるものだけが選出され、そして新語として辞書に掲載される。例えば、ソーシャルディスタンスという近年使われるようになった言葉や、最後を意味するラスボス、などなど。三省堂国語辞典ならではの特徴として、いちはやく新語を採り入れる方針があるからこそ、この辞書はもっとも今を反映させたものとして重要な特色を有している。まずは国語辞典を一冊と考えている人にとっても、最適の入門となるだろう。

 

 

 

その他、NHKの番組でも紹介されていたベストセラー辞書がこの「感情ことば選び辞典」である。僕自身ももっていて使っているが、確かにこれはとてもユニークで、それでいて使い勝手がよいのである。例えば、笑うという一つの動作をとってみても、それが大笑いなのか、爆笑なのか、苦笑なのか、泣き笑いなのか、微笑なのか、によって、文章の受け手の印象ががらりと変わってくる。怒るも同様だ。激怒や憤怒を、どう使い分けるか?または、それ以外にしっくりとくる表現がないだろうか? というときに間違いなく役立つ強力な文章執筆パートナーなのである。ざっと眺めているだけでも面白い、言葉の魅力につかれる本書がベストセラーというのも、嬉しい限りじゃないですか。ぜひとも読んでみることをおすすめしたい。

 

しっくりくる表現が出てこないときに頼れる「ことば選び実用辞典」に、ついに仲間ができました!気持ちや人物の特性を表現するための「感情ことば選び辞典」が登場。創作者はもちろん、ことばを使う人なら誰もが一度は経験する「この思いが伝わらない」もどかしさを解消するための辞典です。

《本書の特長》
・キーワードとして「愛」から五十音順に約200語を選出。 五十音だから、調べるときにコツいらず。
・冒頭にキーワード一覧を掲載。なんとなく眺めて気になったキーワードからも探せる。
・収録語にはすべて語義と例文を掲載。実際の使い方がわかりやすい!
・「このことばの言い換え語がほしい! 」とピンポイントで探したいときのための索引つき。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

天才・奇才のおうち時間|日本に残る最後の秘境・東京藝術大学生の華麗な日常

NHKで放送中の「金曜日のソロたちへ」という番組をご存知だろうか? これは、「ひとり暮らし拝見バラエ

記事を読む

介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段「3度目の逆転人生」

Yahoo! ニュースにも掲載された記事「藤井聡太七段を撃破!介護士からプロ棋士へ、今泉健司四段『3

記事を読む

秘境・辺境探検家の高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家

世界の秘境・辺境探検家である高野秀行の作品はどれも類例のない傑作ノンフィクションばかりなのだが、本書

記事を読む

英文法再入門|高校の先生がこの本を読んでいれば

中公新書の『英文法再入門』は、直接的なタイトルに見られるように、英語学習者向けに文法を学ぶポイントを

記事を読む

タイトル戦相次ぐ藤井聡太の夏|今こそ将棋が熱く面白い

プロ棋士・藤井2冠の夏がやってきた。昨年はタイトル棋聖と王位を獲得し、その初防衛戦が始まっているのだ

記事を読む

国語辞典ベストセラーランキングに見る人気辞書|中学生以上は新明解、小学生はドラえもんかチャレンジか

国語辞典というのは大変におもしろい。実に個性豊かであるにも関わらず、その特徴は必ずしもきちんと伝わっ

記事を読む

事実は小説より奇なり|大人が味わうノンフィクション

先日おすすめした『10代のための読書地図』と同じブックガイドでありながら、そのテイストが大幅に異なる

記事を読む

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように、昨今にわかに昆虫ブームなのは

記事を読む

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術の見かた」が始まる。これはぜひ

記事を読む

WOWOWのおすすめ人気連続ドラマWシリーズ、5月の新作「テミスの求刑」本日スタート

今や質の高いテレビドラマを見ようと思ったら、民放などではなく絶対にWOWOWなのである。とくにおすす

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2023年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界で行くべき52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の都市52ヶ所

お正月に見た映画『スラムダンク』にやっぱり涙と鼻水が止まらない

今年の正月には、あの伝説的人気漫画『スラムダンク』が映画化された『Th

美術大学青春グラフィティーと漫画ブルーピリオド

先日放送されたNHKの番組「ドキュメント72時間」をご覧になっただろう

ワールドカップで大番狂わせを狙え|サッカー監督の世界級チームマネジメントの極意

2022年という年は、やはりサッカー・ワールドカップでの日本代表の活躍

都立浅草高校国語教師・神林先生が愛してやまない飲み屋と呑み助と大将と女将

自宅や実家での新年気分も終わり、今週末あたりから町の飲み屋に繰り出すか

イメージを掴んで使い分けろ|英語の難所・前置詞を攻略する

以前にも「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙

言葉にできない、そんな夜。|その気持ち、言葉のプロならどう表現する?

気持ちが揺れ動いたあの瞬間。表現したいのにボキャブラリーが追いつかない

選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語

もうすぐ14年ぶりの宇宙飛行士が決まるって知ってましたか? いや、知っ

PAGE TOP ↑