*

アート界を震撼させた本物のニセモノ|贋作師ベルトラッチの数奇な人生

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 アート, オススメ番組・映画・ドラマ

先日放送された NHK-BS 世界のドキュメンタリー「贋(がん)作師 ベルトラッチ ~超一級のニセモノ~」 がものすごく面白かったので、簡単に紹介しておこう。これは美術業界にとって世紀のスキャンダルとなった、天才贋作師・ウォルフガング・ベルトラッチにまつわるドキュメンタリーである。以下の番組紹介にもある通り、圧倒的な絵画技術によって、素人の美術品コレクターはもちろんのこと、鑑定士からギャラリストそしてオークショニストまで、業界のプロたちまでをことごとくそして鮮やかに欺いた、本当の物語なのである。

 

被害総額45億円以上、2000点に及ぶ有名画家のニセ作を販売した世紀の贋作画家・ベルトラッチが創作の裏側を公開。彼はいかにして美術業界全体を騙すことができたのか。マックス・エルンスト、フェルナン・レジェなど20世紀アーティストの精巧な贋作を本物として売り続けたウォルフガング・ベルトラッチ。美術史、絵画の理論、技術のすべてに造詣が深く、既存のコピーではなく“本人が描いたに違いないと思わせるオリジナル作品”を生み出していた。のみの市で画材を探すところからアトリエで贋作を仕上げるまで、驚愕の制作手法も再現。美術作品の価値とはいったい何なのか、を我々に問いかける。

 

 

428px-The_Geographer

 

 

しかもこのドキュメンタリーでは、些細なミスから逮捕に至ったベルトラッチが、刑務所に収監される直前のテレビカメラに対し、これまでどのようにして世界最高品質のニセモノを創造してきたのかを包み隠さずに語ったのである。これが面白くないわけがなかろう。というわけで、僕自身も食い入るように見てしまったこの番組で、特に印象に残った点が次の3つだ。

 

一つ目は、ベルトラッチの知識量である。美術史に詳しいのはもちろんのこと、作家ひとりひとりの人生についても調べ上げており、それがそのまま彼の贋作戦略に結びついているのである。彼が自ら語っているように、贋作のターゲットには2種類あるのだ。一つは著名な画家が描いたことは分かっているがその後行方不明となっている作品であり、もう一つは画家の人生の中にある空白期間なのである。

 

まず、行方不明となった作品というのは、カタログに掲載されるのがその絵の「タイトル」と簡単な解説だけだったりするのである。つまり、ほとんどの人にとっては見たことがない作品なわけであり、だからこそ贋作の対象とするのだ。これは実際に存在するが何らかの理由で表に出てこない作品を模倣するという戦略なのだ。もう一つの戦略、画家の空白期間を狙うというのは、その画家の活動が極めて限定され作品数が少ない時期をねらい、じつはこんな作品を描いていたという触れ込みで贋作を売り込むというパターンだ。これは先の戦略とは異なり、まったくゼロから作った新作のニセモノになるのだ。というように、ベルトラッチが持つ圧倒的な美術と作家にまつわる知識が、こうした複数の贋作戦略を可能にしているというのが、まずもって大きな驚きだったのである。

 

次に、ベルトラッチの奥さんもまた、この贋作づくりに携わってきたのだが、あまりにも悪びれていないのが印象に残った。むしろ、夫のこの技術と知識を最大限に発揮できるのがこの贋作づくりなのであり、活き活きと仕事に取り組む夫、この業界で圧倒的ナンバーワンとなった夫、そんな彼を誇りに思っているような姿にとても不思議な気持ちがしたのである。

 

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project

 

 

三つ目の印象は、上記とも関連するのだが、実はアート業界全体にとっても贋作がありがたいと思っているふしがあるところである。もちろん、騙された、面子をつぶされた、という恨みつらみは尽きないだろうが、今回の番組でもギャラリー・オーナーが説明したように、贋作とはいえ、これまで行方知れずだった作品や、いままで発見されていなかった作品が市場に出たときの興奮は測り知れない。オークションでは高値で売れ、売った人も買った人も満足。もちろんオークション・ハウスも大満足だし、コレクターがその作品をその後寄贈するとなったら美術館もうれしい。そういう連鎖があるからこそ、それが贋作だとバレるまでは、誰にとってもハッピーな状況が続くというのだ。そういう環境があったからこそ、ベルトラッチ夫妻は長年に渡って本物のニセモノづくりに精を出し、数多くの人を笑顔にし、だからこそ罪の意識に苛まれるというわけではなかったのだろう。こうした犯罪と犯罪者というのは、とても珍しいと言えるのではないだろうか。

 

最後に、この番組を見て思い出したのが、今回のベルトラッチもそうだが、長いアートの歴史においては、これまでにも何人もの贋作師が活躍し、そして多くの人が騙されてきたということだ。「盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史」でも紹介した書籍『フェルメールになれなかった男』だけでなく、以下で紹介する『ピカソになりきった男』、そして『世紀の贋作画商』から『偽りの来歴』まで、アート業界にはこれまで多くの「本物のニセモノ」が登場してきたのである。それはつまり、今もまだバレていない贋作が高値で取引されている可能性が多々あること、そして今後もより高精度の贋作が生み出されるであろうことを示唆しているのではないだろうか。歴史的画家の作品を買おうというリッチな皆々様方においては、くれぐれもご注意を。

 

秀れた才能を持ち、将来を嘱望された画家は、なぜ贋作作りに手を染めることになったのか。第二次大戦終結直後のオランダで、ナチの元帥ゲーリング所蔵の「フェルメールの絵画」に端を発して明らかとなった一大スキャンダル事件に取材。高名な鑑定家や資産家たちをもまんまと欺いた世紀の贋作事件を通して、美術界の欲望と闇を照らし出し、名画に翻弄される人々の姿を描き出した渾身作。

 

 

ピカソ、ダリ、シャガール…。30年間、贋作を作り続けた男が明かす、美術界の知られざる実態。真作証明書つきで贋作が出回るからくりとは?アート業界の大組織、大物たちが、実名で生々しく描かれる衝撃のノンフィクション。

 

 

9.11テロの関連捜査をしていたFBIがニューヨークで捕えたユダヤ人画商は、日本に驚くほどの数の「贋作」を売りさばいていた。バブル狂乱の前夜から銀座を拠点に暗躍したこの男は、企業、富裕層、美術館を標的に贋作を撤き散らし、作家松本清張にも接触していたという。82年には三越の贋作秘宝事件で世間を驚愕させ、社長解任・逮捕まで巻き起こした。FBIをして「世紀の贋作画商」と呼ばせたその数奇な運命、そして彼の贋作バブルに生命を与え続けた日本人の精神の「膿」を、綿密な取材からえぐり出す。

 

 

美術界を震撼させた事件のドキュメンタリー。「来歴」とは美術品が作者の手元を離れてからたどった経歴のことをいう。美術品売買では重要な要素のひとつであり、作品そのものの質よりも来歴が価値を決めることも多い。この事件が過去の贋作事件と大きく異なるのは、犯人たちが作品だけでなく、来歴までも捏造したことにあった。事件の中心となるのは、自称・原子物理学研究者のドゥリューと、元美術教師のマイアット。生活に困窮していたマイアットは名画の模写の仕事がきっかけでドゥリューと知り合い、贋作作家となってしまう。「来歴がきちんとしていれば、ほとんどの売買は成立する」という美術界特有の慣習を知ったドゥリューは、寄贈や寄付の約束を餌にテート・ギャラリーなど著名美術館のアーカイヴに入り、偽造した展覧会目録や売買記録をファイルにはさみ込む。美術館アーカイヴに記録が存在すれば、マイアットが描いた贋作はお墨つきの「ほんもの」となって流通してしまうのである。何をもって美術品の価値とするかという究極的な問題を問いかけ、美術と社会のあり方をも考えさせる一書である。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

「連続ドラマW」2月のもう一つの新シリーズ『天使のナイフ』本日スタート

昨日も紹介したWOWOWの「連続ドラマW」シリーズ。圧倒的クオリティを誇るこのドラマが、実は昨年10

記事を読む

Amazonプライムを利用して話題のWOWOW「連続ドラマW」を見る|無料キャンペーン実施中

いまWOWOWドラマが面白い 圧倒的に質が高い大人のための本格作品 これまで何度も紹介してきたよ

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

植物はスゴい!と語る山田孝之がもっとスゴかった

先日放送されたNHK-Eテレの「植物に学ぶ生存戦略 話す人・山田孝之」をご覧になっただろうか?タイト

記事を読む

うんち終了2日前:おすすめ企画展「トイレ?行っトイレ!~ボクらのうんちと地球のみらい」

「この夏休みどこか1か所出かけるとしたら、ここでしょ!」と、僕が激推しした「トイレとうんち展」が、い

記事を読む

日本美術展史上最大のフェルメール展ついに始まる|事前に読んでおきたいおすすめ5冊

さて、先週からいよいよ上野の森美術館で「フェルメール展」が始まった。現存する作品は三十数点しかなく、

記事を読む

上野公園に3時間の大行列|伊藤若冲展に行ってきた

「生誕300年記念の伊藤若冲展に行こう」と書いてから早一ヶ月。今回の若冲展もいよいよ明日5/24(火

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

WOWOW「連続ドラマW」新シリーズ『硝子の葦』本日スタート

先月放送されたWOWOWの「連続ドラマW」、緊迫した法廷サスペンスの『贖罪の奏鳴曲』に、20年前の乳

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑