*

春の卒業・入学シーズンを前に国語辞典をしっかり選ぼう|やはりオススメの定番4冊

公開日: : 最終更新日:2018/03/01 オススメ書籍

さていよいよ3月となり、入試の合格発表から卒業式・入学式の季節となった。素敵なサクラが咲くよう期待しましょう。

 

そんな春のシーズンを迎え、毎年注目されるのが国語辞典である。入学祝いや進級祝いに国語辞典をもらったことがある人も多いだろう。小学校のときに使っていた子供用の辞典から、中学生になったお祝いでもらった大人用の国語辞典にドキドキした記憶、ありますよね?社会人になったとき、もう一度言葉づかいについて考えてみたくて、今度は贈り物ではなく自分のお金で辞典を買ったこと覚えていますか?

 

japanese dictionaries 1

 

 

 

そう、われわれの成長は常に国語辞典と隣り合わせなのである。それくらい身近にあるはずの国語辞典なのに、なぜか「どれでも同じ」みたいな認識のされ方はあまりにも残念ではないか。と考えるのはもちろん僕以外にも大勢いて、その急先鋒がご存知(でないかも知れないが)あのサンキュータツオね。以前に「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を比較して使い分けよう」でも紹介したように、彼の著作『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』は、辞書コレクターの彼ならではの強烈な愛情が溢れ出た一冊で、国語辞典それぞれの個性をときに分かりやすいキャッチフレーズで、またあるときは擬人化して説明してくれる。これはもう本当に小学校の必読書に指定するべきだろっていうくらいに素敵な一冊なのでぜひとも読んで頂きたい。

 

 

そんな国語辞典業界における近年最大のニュースと言えば、10年ぶりに改訂された広辞苑だった。辞書と言えば広辞苑というくらいに日本全国に浸透しているこの大ベストセラーが10年ぶりに刷新されるのだから、がぜん注目は集まっていたのである。それなのに、以下のニュースにあるとおり、新しい言葉の説明に誤りがいくつも見つかり、非常に残念な船出となってしまったのである。

 

となるとやはり、定番の国語辞典に目が向かうことになるだろう。そんなときに参考になるのが次の4冊の国語辞典だと思う。一言で説明するならば、

と言える。

 

そして、なぜこれらがロングセラーにして今もベストセラーなのか、そしてこの4冊の違いは何なのか等々、詳しくは以前に解説した通りなので、次のエントリ「新中学生・高校生から新社会人にまでおすすめする国語辞典4選|辞書それぞれの個性を理解して選ぼう」をぜひご参考にして頂きたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位25点紹介し

記事を読む

travel suitcase

留学前に読んでおきたいこの6冊

先日書いた「留学前に。」の続き。留学前にできることは色々とあるだろうが、留学に対するイメージをよりク

記事を読む

Kindle電子書籍で安く読める、経済学および統計学の教科書

電子書籍の普及がますます加速しているが、大学や大学院で使う教科書はまだまだ電子化が遅れている。しかし

記事を読む

クラウドソーシングの衝撃:世界最大手Freelancer.comの上場と業界再編

「クラウドソーシング・サービスの使い方: 世界最大の Freelancer.com が早くて安くて素

記事を読む

2016年のベストセラー書籍トップ10冊

2016年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベストセラー書籍を上位10点紹介し

記事を読む

japanese dictionaries 1

2016年のベストセラー書籍トップ5冊【国語辞典編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」および【英語編】に続き、本ブログ

記事を読む

東大医学部合格者の6割が通う進学塾|受験エリートと塾歴社会

先日、雑誌AERAの特集を読んだ。「東大理III合格者の6割が所属 受験エリートの“秘密結社”」とい

記事を読む

NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!将棋会館」と題された今回は、東

記事を読む

adidas

絶対に負けられないサッカー・ワールドカップの舞台裏:スポーツブランドのもう一つの闘い

「絶対に負けられない戦い」に直面しているのは、もちろんサッカー選手だけではない。監督やスタッフ等もそ

記事を読む

捏造と背信の科学者:繰り返される不正と、研究者の責任ある行動

STAP細胞の件で改めて考えさせられたのは、なぜこの一件だけではなく、研究不正・論文捏造がこれほどま

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の

米国Amazonの第2本社候補地選びがついに決着

1年以上に渡って注目を集めてきた、米国アマゾンの第2本社候補地選び。5

オークション落札のバンクシー作品をシュレッダーで刻むという現代アート

先日は現代アートをめぐる大事件が発生した。こちらの記事等でも解説されて

「お茶」が教えてくれる日々のしあわせ

10/13(土) から上映が始まった『日日是好日』。樹木希林の遺作とな

PAGE TOP ↑