*

「ない仕事」の作り方|みうらじゅんとノーベル賞級の研究

公開日: : 最終更新日:2018/11/06 Kindle

みうらじゅんの最新刊「『ない仕事』の作り方」、これがめちゃくちゃ面白かったものだから、ここで力強くおすすめしておきたい。ぜひとも、研究者やクリエイティブな仕事に携わる大勢の方々に読んで頂きたい。とっても参考になる視点がいっぱい詰まってますよ。

 

デビューして今年で35年、「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いのでは?

本書では、それまで世の中に「なかった仕事」を、企画、営業、接待も全部自分でやる「一人電通」という手法で作ってきた「みうらじゅんの仕事術」を、アイデアの閃き方から印象に残るネーミングのコツ、世の中に広める方法まで、過去の作品を例にあげながら丁寧に解説していきます。

「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書(?)です。

 

notes-514998_640

 

 

本書を読んで思ったのが、この「ない仕事」の作り方というのが、研究者の仕事それも世界を驚かせるような圧倒的に独創性の高い研究に相通じているということだ。なにしろ、今年のノーベル医学・生理学賞を受賞した大隅良典氏の「オートファジー研究」など、当時は一体全体何をやっているのか周りも分からず、取り合えず何かやっているようだという程度にしか周囲から認識されていなかったわけである。

 

これはまったく当たり前のことだが、それまでに全く「ない研究」をしているのだから、周りから理解を得られなくて当然なのである。しかし、まさか、あのみうらじゅんも同じ境遇にあっただなんて!という驚きを与えてくれるのが、この著書「『ない仕事』の作り方」である。ここはぜひとも、研究者の仕事と対比させながら読み、その意外なまでの類似性にこそ着目して楽しんで頂きたい。

 

もう一つ本書で面白かったのが、ネーミングの妙である。これまでみうらじゅんが名付けてきた「ゆるキャラ」等にも、本人の明確な戦略が隠されているのである。そしてこれもまた、研究者の心境と似ていると言えるのではないだろうか?例えば、2012年のノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥氏。彼が名付けた iPS細胞という言葉を知らない人はもういない、それくらい浸透した専門用語であるが、本人が講演やインタビュー等で何度も話しているように(下記参照)、これは当時流行していた Apple の iPod を真似てネーミングしたものなのである。

 

新経連サミット2015)日本人が初めて見つけた細胞とか、いろんな遺伝子とか、日本人が最初に名前をつけてもセンスが無いので、その後アメリカとかイギリスの人が非常にセンスのある名前をつけて、そっちが一般化してしまうということが、何度もありました。なんとかセンスの良い名前にしようと思って、一生懸命考えました。一生懸命考えたあげく考えたのが、当時人気が出てきたiPodをパクるという素晴らしいアイデアでiPS細胞という名前をつけました(笑)。これが正解でありまして、ボストンのグループもiPS細胞という名前を使ってくれました。

 

 

そんな経緯で誕生した iPS細胞という名前が結果的に大成功し、世界中に浸透する言葉となったのである。そんなネーミング戦略にもやはり、みうらじゅんとノーベル賞受賞者の間には、とても似通った視点が隠されているのである。そんな本書「『ない仕事』の作り方」は、やはり、いままでにない研究をやろうという人、その成果をうまくネーミングし、世の中に広めていきたいと考えている研究者こそ、読むべき一冊と言えるのではないだろうか。大幅ポイント還元の今こそ、おすすめです。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

イェール大学出版局「リトル・ヒストリー」は初学者に優しい各学問分野の歴史解説

以前にもおすすめしたのだが、米国イェール大学出版局の “A Little History” シリーズ

記事を読む

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーンでは、おすすめ書籍が期間限定で

記事を読む

ここで今こそ学ぶ倫理です。

1/16土曜からNHKで放送が始まるドラマ『ここは今から倫理です。』は2021年大注目の一作と言える

記事を読む

イェール大学出版局 リトル・ヒストリー|若い読者のための「文学史」のすすめ

以前にも「イェール大学出版局『リトル・ヒストリー』は初学者に優しい各学問分野の歴史解説」で紹介したよ

記事を読む

米国大統領選挙2020を前に|憲法でふりかえるアメリカ近現代史

コロナ禍もあって史上もっとも盛り上がらないと言われている今年のアメリカ大統領選挙だが、副大統領候補が

記事を読む

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見が世界中で話題となった。「ブラ

記事を読む

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、二宮敦人著『世にも美しき数学者

記事を読む

Kindle電子書籍で(不)真面目に読める、おすすめ英語テキスト19冊

Kindleで安く手軽に読める英語テキスト。まずオススメしたいのは、何と言っても越前敏弥の『日本人な

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
春の入学・進学・進級にあわせて最適な国語辞典を選ぼう

小中学校の生徒にとっての春は入学・進学・進級の季節であり、大学や大学院

マンガ大好き芸人も絶賛の異色作『チ。地球の運動について』最新刊がさらにおもしろい

宗教的絶望と科学的真理の葛藤。中世の時代、当時の世界を支配するキリスト

科研費に採択されたら絶対に使いたい超便利クラウドサービス

さて今年も科研費の採択が発表されるシーズンとなったが、昨年応募した方々

NHK「プロフェッショナル」東北魂サンドウィッチマンスペシャル

先日は「ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に」で書いたように、

【Kindle月替わりセール】おすすめの6冊

Kindle月替わりセール、3月末までの期間限定でお買い得となっている

論理思考の駆け引きで騙し合い|カードゲーム「TAGIRON」が熱すぎる

以前に「冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者

ついに完結エヴァンゲリオン|ありがとうを君に

3/22月曜日、NHKで放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」ご覧

新書『英語独習法』が売れている|認知科学者がおしえる思考と学習

岩波新書の今井むつみ『英語独習法』が売れている。僕自身も大変興味深く読

PAGE TOP ↑