*

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

公開日: : 最終更新日:2020/07/17 オススメ, ニュース

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの見てしまった、という感じではないだろうか。第一局とは異なり、ゆっくりとしたペースで進んだこの第二局では、序盤からお互いが未知なる展開に踏み込み、それぞれの構想力そして大局観が問われる戦いへと発展していった。

 

kuzushi shougi

 

 

二日目も後半になり、中盤から徐々にリードを広げてきた木村王位が、優勢を保ったまま迎えた終盤。木村王位に対するAI評価値も80%を超えるなど、これは流石の藤井七段も今回は敗戦濃厚、だれもがそう思っていましたよね? しかしながら、最年少記録を次々と打ち立ててきたこの藤井七段は、ここからの粘りが凄かった。それはもう衝撃的といっていい。詰むや詰まざるやの瀬戸際から、藤井玉が逃げ足早く、木村王位のと金による追撃を振り切り、まさかの逃げ切り。

 

一方の木村王位は、藤井七段の形勢逆転の連続好手の前に、一気呵成に攻め込まれ投了やむなし、となった。「千駄ヶ谷の受け師」と呼ばれる木村王位に負けず劣らずの受け師ぶりを発揮した藤井七段、残り時間がなくなり一分将棋の厳しい闘いの中でも、最後まで冷静沈着に最善手を探し続け、そして細い糸を手繰り寄せるようにして勝利を呼び込んだ。こんな大逆転劇が、しかもタイトル戦で飛び出すなんて、なかなかないだろう。非常に貴重な、脳裏に焼き付くような大勝負を、固唾をのんで見守り、勝負あった瞬間にため息が漏れた全国の将棋ファンは多かったことだろう。

  • 日刊スポーツ)藤井七段「開き直って踏み込んだ」大逆転王位戦連勝

 

それにしても、藤井七段の意地と粘り、もっといえば子供のころから続く度を超えた負けず嫌い、がよく表れた一戦だったと言えるのではないだろうか。いくら相手の評価値が高く出ても最後の最後まであきらめないという彼の性格が如実に出た展開であっただろうし、詰め将棋の能力に見られるように終盤しかも時間を削られながらでもミスをしない地力。とても17歳とは思えない実力と風格は、もはや当たり前のように受け止められてしまうほどだ。

 

もちろん、木村王位にも見せ場は多かった。30歳年下の挑戦者に圧倒された第一局から一転、自らの先手で、二日間じっくりと腰を据えて戦うに相応しい展開に持ち込み、終盤のあと一歩のところまで勝利は近かったはずだ。負けた後の感想戦でも残念無念そうな表情が切なく、ここはタイトル戦が熱戦となることを期待して、木村王位の勝利を期待していた人も多かったことだろう。だが、藤井七段は、ほんとに連敗しないんだよね。先週の渡辺棋聖戦の敗戦からきちんと気持ちと準備を立て直して臨んだのだろうが、それにしても凄い。

 

なんとも見どころの多い一戦だったが、それは盤外でも同様だ。この第二局では、藤井聡太七段による初めての封じ手が実現した。また、木村王位の発案で事前に決まっていたように、通常は2通用意する封じ手を、今回は3通用意して、そのうちの1通をチャリティに出すということだ。藤井聡太の将棋人生初の封じ手が、チャリティ・オークションでファンの手に渡ると同時に、そこから今の自然災害被災者への寄付などにつながるのであれば、こんなに素晴らしいことはない。こうした心配りができるところが、木村王位の人となりであり、苦労人として遠回り人生だったからこその気づかいなのかも知れない。

 

次はしばらく間をおいての第三局。最年少タイトル獲得に向け、藤井七段への大きな声援が続くのは当然だろうが、だがしかし、誰よりも遅く、そして誰よりも数多く挑戦し失敗し、そしてようやく初のタイトルを最年長で手にした木村王位へのエールも熱い。こんなにも素晴らしい対戦が実現した今年の王位戦に、われわれ将棋ファンはもちろん、今回はじめて将棋に興味を持った人も、ぜひ注目し続けて欲しい。こんなにも将棋の熱戦が続く年は、まずないんだから。僕らはいま、ものすごい歴史の瞬間に立ち会っているのだと思う。

 

最年長、最遅、最多挑戦で「おじさん」が初タイトルを取った! 2019年9月26日、8大タイトルの一つ、王位戦で将棋界にまた一人タイトルホルダーが生まれた。 木村一基九段。年齢は46歳。最年長にしてプロ入り後最遅、挑戦回数も最多の初のタイトル奪取に「中年の星」と騒がれた。まさに座右の銘である「百折不撓(何度失敗してもくじけないこと)」を体現したような快挙だった。 藤井聡太七段をはじめ、若い新星が次々と現れる棋界にあって、年齢による衰えは誰もが通る道。木村九段も例外ではない。「将棋の強いおじさん」「千駄ヶ谷の受け師」「解説名人」などの数々の呼び名があり、人気は高いが無冠で、「もうタイトルは無理では」と誰もが思っていた木村九段の、衰えるはずの年齢での王位獲得。その長すぎる道のりを、東京新聞で「盤記者」として数々の取材や連載執筆をし、木村王位の多くの涙にも立ち会ってきた樋口記者がまとめた。 本書は「私の知らないような話や、ああそうなのかと記事を読んで初めて分かったこところもあって、自分の話だというのに面白く読みました」という木村王位本人はもちろん、対戦棋士や関係者にも丹念な取材を重ね、書籍化の要望も多く寄せられた東京新聞連載「百折不撓の心 王位・木村一基」に加筆、再構成し、「初タイトル記念トークショー」「第60期 王位戦七番勝負棋譜」も収録した。

 

 

史上最年少四段、デビュー29連勝、朝日杯連覇、記録部門四冠独占、史上初3年連続勝率8割超―。藤井聡太七段はなぜこんなに勝てるのか、強さの源は何なのか。藤井将棋の本質に、棋士たちが迫る!

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

六本木ウィスキーヒルズに行ってきた。

昨年末、六本木ヒルズで開催されたイベント「Whisky Hills」に行ってきた。なにしろ「マッサン

記事を読む

UK top cosmetic surgery women and men 2013

美容と整形:2013年も引き続き市場は拡大

美容と整形について、最新のレポート "UK cosmetic surgery statistics

記事を読む

shinkansen

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEco

記事を読む

アメリカの歴史をつくる9人の連邦最高裁判事

就任以来すでにいくつもの声明を発表し、そのたびに世界が最大限の注目を払ってきた米国トランプ大統領が、

記事を読む

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出場にして史上最高点を叩き出した

記事を読む

国民栄誉賞受賞|将棋永世7冠羽生善治と囲碁7冠井山裕太

将棋と囲碁という伝統ある世界において、大きなニュースとなったのが、長い将棋の歴史の中で初の永世7冠を

記事を読む

論理思考の駆け引きで騙し合い|カードゲーム「TAGIRON」が熱すぎる

以前に「冬休みにおすすめの人気ボードゲームランキング:「カタンの開拓者たち」「カルカソンヌ」「ドミニ

記事を読む

『下町ロケット』含めたWOWOW「連続ドラマW」が無料で視聴可能|Amazonプライム・ビデオが作品拡充

いまWOWOWドラマが面白い なんと、Amazonプライム・ビデオにWOWOWの人気「連続ドラマW

記事を読む

WOWOWドラマだけが圧倒的に面白い理由|視聴者こそがスポンサー

現代ビジネスの記事「真田丸、沈まぬ太陽…NHKとWOWOWだけが圧倒的に面白い理由」を大変興味深く読

記事を読む

科学と度量衡の歴史|キログラムの定義が130年ぶりに変更

さて、先日のニュースでも大きく報道された通り、来年から「キログラム」の定義が変更されることとなった。

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑