*

将棋タイトル王位戦第2局|藤井聡太七段が木村一基王位に大逆転勝ち

公開日: : 最終更新日:2020/07/17 オススメ, ニュース

いやあ、昨日の王位戦、ライブ中継で観た方は、これはもうとんでもないもの見てしまった、という感じではないだろうか。第一局とは異なり、ゆっくりとしたペースで進んだこの第二局では、序盤からお互いが未知なる展開に踏み込み、それぞれの構想力そして大局観が問われる戦いへと発展していった。

 

kuzushi shougi

 

 

二日目も後半になり、中盤から徐々にリードを広げてきた木村王位が、優勢を保ったまま迎えた終盤。木村王位に対するAI評価値も80%を超えるなど、これは流石の藤井七段も今回は敗戦濃厚、だれもがそう思っていましたよね? しかしながら、最年少記録を次々と打ち立ててきたこの藤井七段は、ここからの粘りが凄かった。それはもう衝撃的といっていい。詰むや詰まざるやの瀬戸際から、藤井玉が逃げ足早く、木村王位のと金による追撃を振り切り、まさかの逃げ切り。

 

一方の木村王位は、藤井七段の形勢逆転の連続好手の前に、一気呵成に攻め込まれ投了やむなし、となった。「千駄ヶ谷の受け師」と呼ばれる木村王位に負けず劣らずの受け師ぶりを発揮した藤井七段、残り時間がなくなり一分将棋の厳しい闘いの中でも、最後まで冷静沈着に最善手を探し続け、そして細い糸を手繰り寄せるようにして勝利を呼び込んだ。こんな大逆転劇が、しかもタイトル戦で飛び出すなんて、なかなかないだろう。非常に貴重な、脳裏に焼き付くような大勝負を、固唾をのんで見守り、勝負あった瞬間にため息が漏れた全国の将棋ファンは多かったことだろう。

  • 日刊スポーツ)藤井七段「開き直って踏み込んだ」大逆転王位戦連勝

 

それにしても、藤井七段の意地と粘り、もっといえば子供のころから続く度を超えた負けず嫌い、がよく表れた一戦だったと言えるのではないだろうか。いくら相手の評価値が高く出ても最後の最後まであきらめないという彼の性格が如実に出た展開であっただろうし、詰め将棋の能力に見られるように終盤しかも時間を削られながらでもミスをしない地力。とても17歳とは思えない実力と風格は、もはや当たり前のように受け止められてしまうほどだ。

 

もちろん、木村王位にも見せ場は多かった。30歳年下の挑戦者に圧倒された第一局から一転、自らの先手で、二日間じっくりと腰を据えて戦うに相応しい展開に持ち込み、終盤のあと一歩のところまで勝利は近かったはずだ。負けた後の感想戦でも残念無念そうな表情が切なく、ここはタイトル戦が熱戦となることを期待して、木村王位の勝利を期待していた人も多かったことだろう。だが、藤井七段は、ほんとに連敗しないんだよね。先週の渡辺棋聖戦の敗戦からきちんと気持ちと準備を立て直して臨んだのだろうが、それにしても凄い。

 

なんとも見どころの多い一戦だったが、それは盤外でも同様だ。この第二局では、藤井聡太七段による初めての封じ手が実現した。また、木村王位の発案で事前に決まっていたように、通常は2通用意する封じ手を、今回は3通用意して、そのうちの1通をチャリティに出すということだ。藤井聡太の将棋人生初の封じ手が、チャリティ・オークションでファンの手に渡ると同時に、そこから今の自然災害被災者への寄付などにつながるのであれば、こんなに素晴らしいことはない。こうした心配りができるところが、木村王位の人となりであり、苦労人として遠回り人生だったからこその気づかいなのかも知れない。

 

次はしばらく間をおいての第三局。最年少タイトル獲得に向け、藤井七段への大きな声援が続くのは当然だろうが、だがしかし、誰よりも遅く、そして誰よりも数多く挑戦し失敗し、そしてようやく初のタイトルを最年長で手にした木村王位へのエールも熱い。こんなにも素晴らしい対戦が実現した今年の王位戦に、われわれ将棋ファンはもちろん、今回はじめて将棋に興味を持った人も、ぜひ注目し続けて欲しい。こんなにも将棋の熱戦が続く年は、まずないんだから。僕らはいま、ものすごい歴史の瞬間に立ち会っているのだと思う。

 

最年長、最遅、最多挑戦で「おじさん」が初タイトルを取った! 2019年9月26日、8大タイトルの一つ、王位戦で将棋界にまた一人タイトルホルダーが生まれた。 木村一基九段。年齢は46歳。最年長にしてプロ入り後最遅、挑戦回数も最多の初のタイトル奪取に「中年の星」と騒がれた。まさに座右の銘である「百折不撓(何度失敗してもくじけないこと)」を体現したような快挙だった。 藤井聡太七段をはじめ、若い新星が次々と現れる棋界にあって、年齢による衰えは誰もが通る道。木村九段も例外ではない。「将棋の強いおじさん」「千駄ヶ谷の受け師」「解説名人」などの数々の呼び名があり、人気は高いが無冠で、「もうタイトルは無理では」と誰もが思っていた木村九段の、衰えるはずの年齢での王位獲得。その長すぎる道のりを、東京新聞で「盤記者」として数々の取材や連載執筆をし、木村王位の多くの涙にも立ち会ってきた樋口記者がまとめた。 本書は「私の知らないような話や、ああそうなのかと記事を読んで初めて分かったこところもあって、自分の話だというのに面白く読みました」という木村王位本人はもちろん、対戦棋士や関係者にも丹念な取材を重ね、書籍化の要望も多く寄せられた東京新聞連載「百折不撓の心 王位・木村一基」に加筆、再構成し、「初タイトル記念トークショー」「第60期 王位戦七番勝負棋譜」も収録した。

 

 

史上最年少四段、デビュー29連勝、朝日杯連覇、記録部門四冠独占、史上初3年連続勝率8割超―。藤井聡太七段はなぜこんなに勝てるのか、強さの源は何なのか。藤井将棋の本質に、棋士たちが迫る!

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既にご覧になった方もいるだろうが

記事を読む

クラウド会計 freee(フリー)で、研究費の経費管理がとことんラクになる

ここ最近話題となることが多かったクラウド会計サービス。各社が相次いで新製品・サービスを投入し、いまア

記事を読む

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム・ノードハウス教授と、ニューヨ

記事を読む

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返礼品競争にならないよう、各自治

記事を読む

shougi denou sen

「われ敗れたり」:完敗だったが名勝負もあった第3回将棋・電王戦

今夜11時放送のTBS「情熱大陸」は、将棋・電王戦。  将棋のプロ棋士とコンピューター将棋ソフトが

記事を読む

他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要|提出締切は3月15日

毎年1月から3月にかけては確定申告の季節。一般的には2/16から受付開始で締切が3/15と認識されて

記事を読む

美術アークションに参加してみた|ついに現代アート作品を購入!?

現代アートを買おうと思いたち、ひとめぼれした作品を衝動買いしてしまった、という経験をおもちの方はあま

記事を読む

英語論文の書き方・直し方|英文校正校閲にはクラウドソーシングがおすすめ

英語アカデミックライティングに必携の英語辞典 「アカデミックライティングにおすすめの英語辞典|コロ

記事を読む

【応募書類受付中】NASAが宇宙飛行士を新規募集|火星に行く大チャンス

もうご存知と思うが、アメリカの National Aeronautics and Space Adm

記事を読む

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセッツ工科大(MIT)のバナジー

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNH

日本人の9割が間違えちゃう英語表現と英語常識

以前にも紹介したキャサリン・A・クラフト著『日本人の9割が間違える英語

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そ

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第7

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこ

アメリカ連邦最高裁判事9人<ザ・ナイン>が歴史をつくる「この国のかたち」

米連邦最高裁判事ギンズバーグの死去とその後任選びで、目前に控える米国大

待望のシリーズ最新刊|『英熟語図鑑』で学ぶ基本動詞を使った自然で豊かな英語表現

以前に「効果抜群おすすめ英単語超学習法|語源から理解して飛躍的に語彙を

PAGE TOP ↑