*

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

公開日: : オススメ書籍, ニュース

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journal 等、各紙が同国のこれまでの半世紀をデータや写真で振り返る特集を組んだ。まずはご存知のように、過去50年間の同国の経済成長はめざましく、GDPは建国当時と比べて40倍に。

singapore_GDP

 

 

そして国民一人当たりGDPで見ても、シンガポールが世界で最も裕福な国の一つとなったことは誰の目にも明らかである。

singapore_GDPPC

 

 

街中を歩いても清潔で安全。空港へのアクセスや市内交通も快適この上ない。2010年に開業したマリーナベイ・サンズは、3つの高層ビルが屋上で連結したユニークな建築であるばかりか、世界最大のカジノを備えており、新たな観光名所となっている。

 

singapore

 

僕自身は2年前にひさびさにシンガポールを訪れたのだが、それ以前のときと比べて見違えるような発展ぶりに改めて驚嘆するばかりであった。そして同国の現在の繁栄の礎を築いたのが、この人リー・クアンユー。今年3月に世界中から惜しまれつつ亡くなった不世出のリーダーだった(参考:東洋経済「リー・クアンユー氏死去、91年の偉業とは?」)。

 

そのリー・クアンユーが人目をはばからず涙したのは、まさに50年前のシンガポール独立の時だった。しかしそれは歓喜の涙ではなく、絶望の涙であった。半生記前の同国の独立は、自らの手で勝ち取ったものではない。それどころか、マレーシアから見捨てられ切り離される形で、誰にも望まれない中での船出となった。

 

 

だからリー・クアンユーは、あまりにも脆弱だったシンガポールを文字通り独立した一人前の国とするために、経済成長に向けてありとあらゆる手を打ち、そして今や世界中から人と金が集まる世界最富裕の現在のこの都市国家を築き上げた。その国家運営の手腕は他国のリーダー達が一目も二目も置くものであり、それがリー・クアンユー死去の際には多くの弔意とこれまでの指導力への賞賛を集めることとなった。

 

しかし一方では、現在のこの繁栄を得るためにシンガポールが失ったものも多いと指摘するのが、こちらの好著『物語 シンガポールの歴史』である。同書サブタイトルが「エリート開発主義国家の200年」とされているように、本書は同国の独立後50年間だけでなく、イギリス人ラッフルズがこの地域に到達し植民地化した200年前に遡って歴史を概観したものである。興味深く読める第一点目は何といっても、今もシンガポールのラッフルズ・ホテルにその名を残すラッフルズの視野の広さ、気づきの深さ、そして構想力の大きさであろう。東西航路・貿易の結節点に当たるシンガポールの地政学上の重要性にいちはやく気付き、本国の許しを得ないまま植民地化に動いたのだが、それが結局は大英帝国の隆盛の支えともなるわけだから、歴史は面白いものである。

 

そしてもう一つの読みどころは、先に書いたようにシンガポールが経済成長を国是とした結果として犠牲とせざるを得なかったもの。それが政治。資源の乏しい小国において無駄なく最大の効率で経済を発展させようとするあまり、国家統制は極めて強い。言論や政治活動に対しては常に監視の目が光っており、それが同国がいまも「明るい北朝鮮」と揶揄される所以となっている。

 

それ以外にも、国民を束ねる国の文化がないのも同国のアキレス腱だと本書は指摘する。経済成長という方向性一点で、かつそれを実現させ続けることで国民をまとめてきたシンガポール。しかし経済に陰りが見えた時、歴史が浅く移民も多く、国としての独自の文化醸成を軽視してきたシンガポールは、どのようにして国民の求心力を維持していくのかという懸念である。そのとき、これまで不自由であった政治に対する国民の不満が爆発する危険性もあろう。シンガポールが過去半世紀の間に達成した奇跡のような経済成長だけでなく、その背景で目をつぶってきたことにも焦点を当て、その上で同国の将来展望について描写する本書は、シンガポールという国を理解する上で最適の一冊と言えよう。2年前にシンガポールを訪れる際に持っていった一冊だが、同国の独立50周年というこの機会に、もう一度読み返してみようと思う。おすすめの一冊です。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

japanese dictionaries 1

赤瀬川原平『新解さんの謎』と『辞書になった男』:いま日本で最も売れている「新明解国語辞典」の誕生秘話

これまで何度か、各種おすすめ国語辞典のそれぞれの個性について書いてきたが、その中でも最も「個性的」な

記事を読む

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは

記事を読む

japanese dictionaries 1

2016年のベストセラー書籍トップ5冊【国語辞典編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」および【英語編】に続き、本ブログ

記事を読む

NHK-ETV特集 将棋電王戦:棋士vsコンピュータの激闘5番勝負

先週末に放送されたNHK-ETV特集の「棋士VS将棋ソフト 激闘5番勝負」をご覧になっただろうか?面

記事を読む

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になっただろうか。「言葉の海で、心を編

記事を読む

新中学生・高校生から新社会人にまでおすすめする国語辞典4選|辞書それぞれの個性を理解して選ぼう

中学生・高校生から新社会人まで必須アイテムとしての国語辞典 この4月から中学校・高校・大学に入学し

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【50%ポイント還元】幻冬舎フェア が期間

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑