*

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

公開日: : オススメ, スポーツ

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なおみのそれぞれベスト8進出をかけた試合を、深夜遅くまでWOWOW生中継で応援したファンも多いことだろう。もちろん僕もその一人だ。試合結果は、ご存知の通り、両者ともに見事勝利し、準々決勝へと駒を進めた。と同時にベスト8進出で獲得できる賞金5,000万円超が確定した。ちなみに優勝賞金が4億円超となっており、1回戦敗退時の600万円とは雲泥の差だ。こうしたプロテニス界におけるマネーを巡るあれこれについては、「テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会」でも紹介したように、以下の一冊がその舞台裏を明かしており、非常に興味深いので関心ある方はぜひご一読を。

 

 

 

さて、錦織の次の相手は第7シードのチリッチとなった。2014年のやはり全米オープンで、錦織が決勝戦まで勝ち進んだ歴史的な試合で、残念ながら力尽きて屈した因縁の相手でもある。しかし、ここを超えなければ、フェデラーやナダルそしてジョコビッチといった、トップ・オブ・トップを倒してのグランドスラム優勝などありえない。ぜひとも錦織がチリッチを倒せるよう、次の準々決勝の一戦をぜひとも応援しようではないか。

 

 

 

 

ちなみに最近のテニスはデータが極めて充実している。そしてそれが生中継を観戦しながらリアルタイムで更新されているのだから、テニスの見方もずいぶんと進化したものだと思う。具体的には、IBMが提供するサービス “SlamTracker” がそれであり、例えば錦織の4回戦を以下のようにデータでまとめている。これを見れば、結果的には錦織のストレート勝ちではあったものの、エースやダブルフォルトの数などは錦織のほうが劣っており、生中継を解説していた松岡修造の言う通り、「タフに粘り強く勝った試合」だったことが改めて実感できることだろう。

 

 

 

大坂の4回戦も同様だ。ウィナーの数は相手のほうが多く、かつブレイクポイントをものにした確度でも大坂が下回る。それでもフルセットの末に勝ちきったこと、そして初めてベスト8に進出したこと、それが試合後の大坂の涙につながったそんな背景も、こうしたデータから見えてくるのではないだろうか。

 

 

 

こうしたデータが、試合をWOWOW生中継で見ながら、手元のタブレットで逐一確認できるのだから、試合観戦ががぜん面白いのである。上記データは一試合まとめての集計結果だが、もちろんセット毎に流れは大きく変わるし、そうした変化をひとつひとつのデータを追って見れば、試合の深みが一層増すというものである。

 

今年の全米オープンテニスもいよいよ終盤。ベスト8に勝ち残った錦織圭と大坂なおみには、もちろん優勝を目指して最高のプレイを見せてもらいたいし、僕らはそれを生中継でデータを見ながら応援したい。そしてテニスのグランドスラム生中継と言えばWOWOWなのである。加入料なし、初期費用なし、それでいて、いまなら加入最初の一月は視聴料がかからないキャンペーンもやっているのでオススメです。テニスを見るならやっぱりWOWOW!

公式WOWOWオンラインへ

 



 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

football coach economics

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2017年版

毎年デロイト社が発表するレポートの最新版 "Deloitte Football Money Leag

記事を読む

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

2020年全豪オープンテニス|ジョコビッチが逆転の粘り勝ちで連続優勝

実にシビレル試合だった。今年の全豪オープンテニス決勝戦である。ジョコビッチの相手は、若手実力派のドミ

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

日本代表はなぜ負け続けるのか|サッカー・データ革命はどこに?

サッカー・ロシアW杯出場を賭けたアジア最終予選が始まった。と思った矢先に、対UAE戦にホームで敗れる

記事を読む

超おすすめ:ノイズキャンセリング・ヘッドホンの最高品質 QuietComfort 35|発売されたばかりのBose最新作をさっそく飛行機で試してきた

Bose QuietComfort 35 を検討してみた ノイズキャンセリング機能がついたヘッドフ

記事を読む

日本のクラフトビール革命|ヤッホーブルーイング自慢のIPA「インドの青鬼」がクセになるほど美味い!

日本でも始まったクラフトビール革命 この夏、日本ではますますクラフトビールを飲む人が増えているよう

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

将棋名人がAIに負けた日|人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

いま、将棋がめちゃくちゃ面白い。藤井聡太という若き天才プロ棋士が、長い

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。

いよいよ始まったNHK「浦沢直樹の漫勉 neo」|人気漫画家の創作ドキュメンタリー

この秋大注目のテレビ番組がいくつかあるのだが、その最たるものがこのNH

日本人の9割が間違えちゃう英語表現と英語常識

以前にも紹介したキャサリン・A・クラフト著『日本人の9割が間違える英語

【Kindleセール】月替わりキャンペーンおすすめの7冊

さて2020年度も早くも上半期が過ぎ、下半期の10月がスタートした。そ

将棋王将戦・挑戦者決定リーグが超豪華メンバーでついに開幕

やばい、ヤバい、超やばい。というくらい大興奮なのが、ついに始まった第7

誰もいなくなった東京にそして人が戻り始めた|中野正貴が切り撮るTOKYOの空気

9/27土曜日のTBS「情熱大陸」をひさしぶりに観た。今回どうしてもこ

アメリカ連邦最高裁判事9人<ザ・ナイン>が歴史をつくる「この国のかたち」

米連邦最高裁判事ギンズバーグの死去とその後任選びで、目前に控える米国大

PAGE TOP ↑