*

ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き

公開日: : 海外

というわけで「ちょっとブータンまで行ってきた。」の続き。ブータンは王国であり、現在は若き国王と王妃がその座についている。ブータンの空の玄関口であるパロ空港では、早速にその国王夫婦の巨大な写真が出迎えてくれたが、それは町中でもホテルでもレストランでも全く同じこと。というよりも、さらに加速している感じがある。それくらいブータンでは王室が愛されているのである。

IMG_0337_tn

 

レストランに入れば壁掛け時計のデザインは若き国王夫婦。

IMG_0352_tn

 

飾り棚には国王結婚記念の皿が当たり前のように置かれている。

IMG_0410_tn

 

ホテルの部屋にも、忘れずに一枚。

IMG_0413_tn

 

町中の普通のお店にも額縁に入れられたゴージャスな写真が。王室や国王のことをちょっとでも聞いてみれば、「若いだろ」「カッコいいだろ」「オレは会ったことがある」みたいな自慢話が続く。王妃の場合にも同様に、「若いだろ」「キレイだろ」「オレは会ったことがある」である。愛されてるなあ~。

IMG_0436_tn

 

夫婦写真には何パターンも用意されているのだが、上の写真と下の写真が人気であるように思う。

IMG_0437_tn

 

世界一若いこの国王夫婦の結婚式は、人口70万人の小国ブータンにとっては実に華やかで綺羅びやかなものであったようだ。

IMG_0545_tn

 

紙幣にも二人の顔写真が。

IMG_0544_tn

 

切手にも二人の写真が。ちなみにブータンは、コレクターの間ではよく知られた切手王国ということらしい。確かにデザイン豊かな切手が多数用意されており、ロイヤルウェディングのものを始めそれこそ多種多様な切手が、市内の郵便局で額面通りの金額で販売されているものだから、僕も土産用にいくつか買ってきた。とても美しい切手です。

IMG_0708_tn

 

この小さな国にこれだけのハンサムとビューティの若き国王夫妻ときたものだ。そりゃあもう、ディズニーの世界かと見紛うよね。というくらい、ブータン王国の王室は国民から愛されており、そして今おそらくは日本をはじめ世界にも多くのファンがいるのではないだろうか。

 

IMG_0547_tn

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

中央アジア訪問記:遊牧民の末裔キルギス

先日の安倍首相の中央アジア歴訪に続き、今度は米国ケリー国務長官が中央アジア五か国を訪問している(NH

記事を読む

中央アジア訪問記:天然資源に恵まれた大国カザフスタン

先日の安倍首相の訪問に続いて、米国ケリー国務長官も同地域を訪れるなど、「中央アジアで新たなパワーゲー

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータ

記事を読む

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014

記事を読む

Druk Airline

ちょっとブータンまで行ってきた。

久しぶりの更新となってしまったが、先日までブータンに行っていたのである。中国とインドに挟まれた人口約

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑