*

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催

公開日: : 最終更新日:2017/01/16 経済学・統計学

1月の第一週、日本ではまだお正月気分の頃に開催されるのが The American Economic Association (AEA) の Annual Meeting だ。今年は1月3日から5日まで、サンフランシスコで開催されている。

 

経済学最大の学会であり、数多くの研究報告や基調講演が行われるのはもちろんだが、この学会を特別なものとしている大きな理由が、この学会会場が、来年春に Ph.D.を取得予定の学生にとっての就職活動の場となっているからである。アメリカの大学はもちろんのこと、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアと、世界各国の大学および政府機関や企業の採用担当者が、ここにやってくる。そしてそれは、アメリカだけでなくその他の国々でPh.D.課程に学んでいる学生もやってくることを意味し、実に膨大な数の経済学者・経済学徒が集うイベントとなっているのである。
15882405713_9e9d3fdb71_z

(Photo by gags9999)

 

さて、それでは具体的にどのような大学や機関が経済学Ph.D.を採用したいと考えているのか?それを見るには、AEA に掲載されている求人リスト Job Openings for Economists (JOE) をのぞいてみるといいだろう。よく知る米国の大学から、一部の日本の大学、そして Amazon や Facebook といった企業まで、ずらりと求人情報が並んでいるのが分かるだろう。

 

こうした求人情報を見て興味があるところには、まずは11月末頃までには応募書類を送る必要がある。そしてその書類選考で選ばれた人が、今回のAEA学会で面接を受ける。次に、この面接を通ると今度は各大学に招かれて (flyout)、研究論文 (job market paper) のプレゼンテーション (job talk) を行うことになる。そのプレゼンに通ってようやく、ジョブ・オファーをもらうことができるのだ。

 

経済学での就職活動に関するこうした一連のプロセスは、例えば John Cawly の “A Guide and Advice for Economists on the U.S. Junior Academic Job Market” (PDF) 等でさらに詳しく解説されている。他の分野でのアカデミックな就職活動がどのようなものか知らないのだが、経済学においては世界レベルで極めてシステマチックなプロセスが構築されている。

 

さてそれでは、経済学のジョブマーケットはいまどのような状況なのか?その最新の数字が発表されたのが先日のこと。それによると求人数は大幅に増えているようだ。

A new report by the American Economic Association found that its listings for jobs for economics Ph.D.s increased by 8.5 percent in 2015, to 3,309. Academic jobs increased to 2,458, from 2,290. Nonacademic jobs increased to 846 from 761.

 

しかもこの数字は、リーマンショック前の求人数を大幅に上回るばかりか、過去15年でも最多となっているということだ。

Economics, like most disciplines, took a hit after 2008. Between then and 2010, the number of listings fell to 2,285 from 2,914. But this year’s 3,309 is greater not only than the 2008 level, but of every year from 2001 on. The number of open positions also far exceeds the number of new Ph.D.s awarded in economics.

 

もちろんアカデミックな就職活動の質的な厳しさは変わらず続いていくだろう。それでも世界的な不景気に見舞われる前よりも多くの大学で求人があるということは、今年のジョブマーケットに出ている人だけでなく、来年以降に就職を考えている人、そしてさらにはこれから留学や進学を考える人にとっても、明るいニュースなのではないだろうか。

 

またこうしたアカデミック・ジョブの就職活動に関しては、アメリカでは何をどのように準備すべきかというガイドブックも複数出版されており、経済学が専門なら上記の Cawly が最も参考になるだろうが、それ以外では次のようなハンドブックを自分も参照したのを思い出す。日本でのアカデミックな就職活動は米国とはずいぶんと異なるのかも知れないが、それでもこうした網羅的なガイドが翻訳されれば、非常に役立つと思うところである。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

business chart and calculator

この世で一番おもしろい(かも知れない)統計学

なんと、『この世で一番おもしろい』シリーズに統計学編が登場しているじゃあないか。

記事を読む

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

ゲーム理論と経済行動:武藤先生と鈴木先生

フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンの大著 "Theory of Games and Economi

記事を読む

文庫で学ぶ行動経済学

昨年は間違いなく統計学がブームとなった一年だった。「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書1

記事を読む

conditional probability

今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選

今こそしっかり統計学を学ぼう 以前に「統計学が最強の学問である、という愛と幻想」で書いたように、こ

記事を読む

行動経済学者ダン・アリエリーの最新TEDトーク|How equal do we want the world to be? You’d be surprised

行動経済学者ダン・アリエリーが、TEDトークに登場。これで合計5回目となる彼のトークは、経済学者とし

記事を読む

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked E

記事を読む

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑