*

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催

公開日: : 最終更新日:2017/01/16 経済学・統計学

1月の第一週、日本ではまだお正月気分の頃に開催されるのが The American Economic Association (AEA) の Annual Meeting だ。今年は1月3日から5日まで、サンフランシスコで開催されている。

 

経済学最大の学会であり、数多くの研究報告や基調講演が行われるのはもちろんだが、この学会を特別なものとしている大きな理由が、この学会会場が、来年春に Ph.D.を取得予定の学生にとっての就職活動の場となっているからである。アメリカの大学はもちろんのこと、ヨーロッパ、オーストラリア、アジアと、世界各国の大学および政府機関や企業の採用担当者が、ここにやってくる。そしてそれは、アメリカだけでなくその他の国々でPh.D.課程に学んでいる学生もやってくることを意味し、実に膨大な数の経済学者・経済学徒が集うイベントとなっているのである。
15882405713_9e9d3fdb71_z

(Photo by gags9999)

 

さて、それでは具体的にどのような大学や機関が経済学Ph.D.を採用したいと考えているのか?それを見るには、AEA に掲載されている求人リスト Job Openings for Economists (JOE) をのぞいてみるといいだろう。よく知る米国の大学から、一部の日本の大学、そして Amazon や Facebook といった企業まで、ずらりと求人情報が並んでいるのが分かるだろう。

 

こうした求人情報を見て興味があるところには、まずは11月末頃までには応募書類を送る必要がある。そしてその書類選考で選ばれた人が、今回のAEA学会で面接を受ける。次に、この面接を通ると今度は各大学に招かれて (flyout)、研究論文 (job market paper) のプレゼンテーション (job talk) を行うことになる。そのプレゼンに通ってようやく、ジョブ・オファーをもらうことができるのだ。

 

経済学での就職活動に関するこうした一連のプロセスは、例えば John Cawly の “A Guide and Advice for Economists on the U.S. Junior Academic Job Market” (PDF) 等でさらに詳しく解説されている。他の分野でのアカデミックな就職活動がどのようなものか知らないのだが、経済学においては世界レベルで極めてシステマチックなプロセスが構築されている。

 

さてそれでは、経済学のジョブマーケットはいまどのような状況なのか?その最新の数字が発表されたのが先日のこと。それによると求人数は大幅に増えているようだ。

A new report by the American Economic Association found that its listings for jobs for economics Ph.D.s increased by 8.5 percent in 2015, to 3,309. Academic jobs increased to 2,458, from 2,290. Nonacademic jobs increased to 846 from 761.

 

しかもこの数字は、リーマンショック前の求人数を大幅に上回るばかりか、過去15年でも最多となっているということだ。

Economics, like most disciplines, took a hit after 2008. Between then and 2010, the number of listings fell to 2,285 from 2,914. But this year’s 3,309 is greater not only than the 2008 level, but of every year from 2001 on. The number of open positions also far exceeds the number of new Ph.D.s awarded in economics.

 

もちろんアカデミックな就職活動の質的な厳しさは変わらず続いていくだろう。それでも世界的な不景気に見舞われる前よりも多くの大学で求人があるということは、今年のジョブマーケットに出ている人だけでなく、来年以降に就職を考えている人、そしてさらにはこれから留学や進学を考える人にとっても、明るいニュースなのではないだろうか。

 

またこうしたアカデミック・ジョブの就職活動に関しては、アメリカでは何をどのように準備すべきかというガイドブックも複数出版されており、経済学が専門なら上記の Cawly が最も参考になるだろうが、それ以外では次のようなハンドブックを自分も参照したのを思い出す。日本でのアカデミックな就職活動は米国とはずいぶんと異なるのかも知れないが、それでもこうした網羅的なガイドが翻訳されれば、非常に役立つと思うところである。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

Le Penseur

秋学期に担当した統計学の、学生による授業評価が返ってきた

僕が昨年の秋学期(10-12月)に担当していた統計学の授業は、修士課程1年生の必修科目である。その受

記事を読む

conditional probability

今からでも遅くない|しっかり学ぶ統計学おすすめ教科書と関連書15選

今こそしっかり統計学を学ぼう 以前に「統計学が最強の学問である、という愛と幻想」で書いたように、こ

記事を読む

美貌格差:ビジンとイケメンと生まれつき不平等の経済学

労働経済学者 Daniel Hamermesh による一般向け書籍 "Beauty Pays: Wh

記事を読む

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked E

記事を読む

ゲーム理論とサッカーW杯そしてPK戦:なぜネイマールは右へ蹴ったのか?

ブラジルで開催中のサッカーW杯もいよいよベスト8。ますます眠れない夜が続く。さて、今回のワールドカッ

記事を読む

ゲーム理論と経済行動:武藤先生と鈴木先生

フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンの大著 "Theory of Games and Economi

記事を読む

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

10代の母:アメリカと日本のテレビの影響

National Bureau of Economic Research (NBER) の最新のワー

記事を読む

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑