*

錦織の全仏オープンテニス敗戦を、SlamTracker のデータで振り返る

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

先日は「グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう」と書いたように、僕も深夜の対ツォンガ戦フルセットマッチをテレビ観戦した。それにしてもツォンガの体格のよさ、ものすごいね。まるでラグビー選手のような風貌とガタイではないか。ご存知のように残念ながら錦織は敗れてしまったが、ツォンガの好調さは特筆に値する。次はフェデラーを破ったワウリンカと対戦するわけだが、これまた楽しみな準決勝の顔合わせとなったと言えるだろう。

 

French-open-nishikori0

 

 

さて、先日も紹介したIBMの SlamTracker、使ってみましたか?それではもう一度、一昨日の錦織戦を振り返る意味でも、試合結果のデータを眺めてみよう。まずは、画面を開いたら下図の赤丸の部分 “MATCH STATISTICS” をクリック。そうすると表示されるのが、まずは全体の試合結果。錦織のエースが5本に対してツォンガは10本。ファーストサーブの確率は(意外にも)66%の錦織が、61%のツォンガを上回っている。一方で錦織のダブルウォールの多さが目立つ、といったように、ざっと概観した試合結果がデータで表されるのがこのページというわけだ。

 

french-open-nishikori1

 

 

続いて今度はセット別の結果も見てみよう。テレビ観戦していた人はご存知のように、第1第2セットの錦織の調子の悪さは明らかで、試合後「自分を見失っていた」とまで述べたほどだった。それがデータにも現れているのがこのページである。ファーストサーブでもセカンドサーブでもポイントが取れないだけでなく、世界最高レベルとまで賞賛されるリターンにおいても、相手のパフォーマンスを大幅に下回っている。錦織自身の敗戦の弁の通り「ポイントを取りに行こうと急いだ」結果、しかしツォンガの好調さもあり狙ったようにはポイントが取れず、それでペースを崩し自分を見失っていったということなのだろう。以下のデータにも現れているように、第3セット以降は立て直してきただけに、やはり試合の出だしでつまづいたことが改めて悔やまれる。

 

french-open-nishikori2

 

 

次に見ておきたいのが、この SlamTracker の目玉機能でもある “KEYS TO THE MATCH” の項目。下の画面の赤丸の部分をクリック。そうすると表示されるのが、各選手それぞれの勝利要件である。例えば、錦織がツォンガに勝つためには、「ファーストサーブで73%以上のポイントを取る」ことが鍵だとこのシステムは算出しているわけである。その目標数値と錦織の実績値を比較してみると、これを満たしたのは錦織が獲った第4セットのみであり、それ以外のセットは全てこの目標を下回っている。
french-open-nishikori3

 

 

もう一つの鍵と考えられていたのが「相手のファーストサーブの際、28%以上のポイントを取る」ということ。普段の錦織ならば達成できていたかも知れないこの目標数値に対しては、先日の試合では第4セットのみで達成しており、他のセットでは大幅に下回る数値となった。これでは勝てるはずがない。
french-open-nishikori4

 

 

とはいえ、これらの「勝利のための鍵」は、あくまでも現システムが過去のデータから導出するものであり、その信頼性にはもうすこし改善が必要かも知れない。というのは、「相手のファーストサーブの際、28%以上のポイントを取る」という目標に対し、第3セットの錦織はこれを大きく下回る実績値でしかなかったものの、このセットをものにしているわけである。というように、他の要素との組み合わせもあるわけだから、これが絶対必要というわけではまったくない。という意味でも、一つの参考指標として、そしてそれと同時に、このシステムが今後どんな発展を見せてくれるのかと、そういうことを楽しみにしたいと思うわけである。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

jamesbond1

The 2015 Daily chart Advent calendar by The Economist

Economist 誌が毎年行っている恒例の "Daily chart Advent calenda

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

photo credit: Kei Nishikori via photopin (license)

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

relationship on facebook

フェイスブックから愛を込めて|Data love と love data

「バレンタインの統計学と経済学」で書いたように、Facebook Data Science チームは

記事を読む

world cup winner prediction

サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢

いよいよ開幕したサッカー・ワールドカップ。日本時間今朝の開幕戦ブラジル対クロアチアは、3-1のスコア

記事を読む

volley-ball

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

serena-tennis

データで考える|史上最高の女子テニスプレイヤーは誰だ?

「データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?」で紹介したように、Financial Ti

記事を読む

baseball_border

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを

記事を読む

credit: jacilluch via FindCC

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

Guardian-money-league-2015

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

デロイトが最新のレポート "Football Money League 2015" を発表した。これ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1611-gentosha
【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【最大50%OFF】幻冬舎電本フェス が期

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

kindle-1605
【Kindleセール】ゴルフ・データ革命ほか、おすすめ6冊

Kindle 今月の日替わりセールが一新されたが、その中での一番のおす

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

PAGE TOP ↑