*

ニッポンの国宝と景観を守る:外国人だけが知っている美しい日本

公開日: : 最終更新日:2018/09/19 オススメ書籍, 日本

昨日書いた「キューバに行くなら今が最後のチャンス」の中で、この国の文化と歴史が色濃く残っているうちに訪れねばならないと書いた。しかしひょっとすると、それとおなじ感覚を外国人は日本に対して持っているのかも知れない。それを強く感じさせる本を最近二冊読んだばかりだったのだ。

 

credit: ehnmark via FindCC

credit: ehnmark via FindCC

 

最初の一冊は『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』である。日本在住が既に25年に及ぶ著者デービッド・アトキンソンは、以下のように裏千家茶道を嗜む等々ユニークな経歴を持つ。

1965年、イギリス生まれ。オックスフォード大学「日本学」専攻。アンダーセンコンサルティング、ソロモンブラザーズを経て、1992年にゴールドマンサックス入社。日本の不良債権の実態を暴くレポートを発表し、注目を集める。98年に同社managing director(取締役)、06年にpartner(共同出資者)となるが、マネーゲームを達観するに至り、07年に退社。同社での活動中、99年に裏千家に入門。日本の伝統文化に親しみ、06年には茶名「宗真」を拝受する。09年、創立300年の国宝・重要文化財の補修を手掛ける小西美術工藝社に入社、取締役に就任。10年に代表取締役会長、11年に同会長兼社長に就任し、日本の伝統文化を守りつつ、旧習の縮図である伝統文化財をめぐる行政や業界の改革への提言を続けている。

 

そんな彼が日本経済のポテンシャルについて、とくに文化と観光の面から論じたのが本書『イギリス人アナリスト 日本の国宝を守る』である。長年日本企業とくに銀行業界についてレポートを書き続けた外国人アナリストの目から見た日本という点で、興味深く読めた一冊である。

 

とくに文化面および観光面での提言が印象の残った。現在訪日外国人が急増しているが、日本の伝統文化を理解しそこにお金を払ってもよいと思っている観光客は少ないという指摘だ。個人的にちょっと意外だと感じたデータは、世界的に見ればオーストラリア、ドイツ、カナダの3カ国が、旅行先での支出額ランキングの上位にあるのだということ。

 

つまり現在の訪日外国人として多数を占めるアメリカや中国は、残念ながら旅先での経験にお金を落とす割合は低いというのだ。それではいかにして、伝統文化に関心ある層を呼びこむのか、そのための「おもてなし」のあり方に日本人の大きな誤解があるのではないか、という指摘にも耳を傾ける価値があるだろう。25年の日本在住は長く、金融界から文化財保護業界まで、著者のネットワークも広い。非常に日本を知っている人物が、これからの日本の文化と観光について語った本書は、実にユニークな一冊に仕上がっている。

 

 

 

credit: Kotaro Takahashi via FindCC

credit: Kotaro Takahashi via FindCC

 

もう一冊、関連して僕が読んだのがアレックス・カーの『ニッポン景観論』だった。上記の『日本の国宝を守る』が日本の伝統文化について語ったものであった一方、本書は書名が示唆するように、日本の自然景観や町並みについて、著者がやはり長年の経験と観察から提言したものである。1952年生まれの著者はイェール大学の日本学部を卒業した東洋文化研究者。京都府亀岡に居を構え日本文化の研究に従事する一方で、2010年からは景観と古民家再生のコンサルティング業務を全国で行っているという、これまたユニークな経歴なのである。

 

 

「醜悪な建築」「邪魔な工業物」「過剰な看板」などの写真を並べながら、なぜ日本の景観は破壊されるのか、貴重な観光資源を取り戻すにはどうすればいいのかなどを論じた、異色のヴィジュアル文明批評。

 

上の書籍紹介にもあるように、けっこう辛口に書かれている(苦笑)。しかしそれは長年住み続けるこの国で、なぜ自然と町並みの景観を破壊するような行為がなんの疑問もなく続けられているのか、という著者の愛情からくる叫び声なのである。とくに厳しく糾弾しているのが、景観を台無しにしている電線と看板。日本人として余りにも見慣れてしまい普段は疑問に思わないこうした風景も、本書の中で何枚も続けて突きつけられ、一方でそれがなかったらどう見えるのかというCG写真も提示されると、電線と看板の「醜悪さ」「邪悪さ」「過剰さ」を確かに感じざるを得ない。

 

credit: Hiro _R via FindCC

credit: Hiro _R via FindCC

 

 

最後に、これも読んでみようと思っているのが『外国人だけが知っている美しい日本~スイス人の私が愛する人と街と自然』である。スイス人の著者のステファン・シャウエッカーは1995年に初めて来日しその魅力の虜となって翌年カナダでインターネットの日本観光サイト「ジャパンガイド」を開設する。それが今や訪日外国人の多くが参考とする旅行ガイドサイトになっているということだ。こちらもまたユニークな経歴だといえるだろう。

 

そんな彼が書いた本書をぜひこれから読んでみて、彼らが日本のどんなところに魅力を感じるのか、さらに探ってみたいと思う。これから2020年東京オリンピックに向けて、ますます訪日外国人を増やそうというキャンペーンが相次ぐことだろう。しかし、その前に、そもそもターゲットとする外国人観光客が、日本の何を求めてやってくるのか、そういう顧客視点でのマーケティングは欠かせないだろう。その第一歩として、外国人が書いた日本論というのは、一読どころか多読に値するものではないかと思うのである。少なくとも国の観光政策としては、ゲームにアニメにアキバの「クールジャパン」以外のジャパンにも、もっと目を向けて欲しいところだ。

 

 

 

京都・美山の茅葺き民家、エキゾチック・ジャパンそのものの宮島の佇まい、その年最初の紅葉を味わえる北海道大雪山、白石川堤の一目千本桜。月間1000万PVを誇る「ジャパンガイド」の運営者として、「ビジット・ジャパン大使」として、日本を愛する一個人として語る―日本人の知らない日本の魅力。

 

credit: JapanDave via FindCC

credit: JapanDave via FindCC

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

イェール大学出版局「リトル・ヒストリー」は初学者に優しい各学問分野の歴史解説

以前にもおすすめしたのだが、米国イェール大学出版局の “A Little History” シリーズ

記事を読む

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ

さて、「2020年、本ブログで最も売れたこの1冊」でも紹介したように、昨年の一年間でもっとも売れたの

記事を読む

プレゼンを準備する前に繰り返し読みたいおすすめの一冊『TED TALKS』

話題の一冊『TED TALKS』を読んだ。ご存知いまや圧倒的なプレゼンスを獲得したTEDカンファレン

記事を読む

writing a research paper

英語論文アカデミック・ライティング絶対おすすめできる18冊

以下のエントリ・シリーズで詳述しているように、これまで僕自身が多種多様の英語ライティングテキストを読

記事を読む

2020年、本ブログで最も売れたこの1冊

さて、2020年、本ブログ経由でもっとも購入数が多かったのは、なんと、なんと、新明解国語辞典でした!

記事を読む

若き天才たちの下北沢青春物語|90年代東京のお笑いがスゴイ

これは、めちゃくちゃ面白い! まだ1月なのに、早くも2022年のベスト・ブック・オブ・ザイヤーに選出

記事を読む

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

ニューノーマルなバレンタイン|恋と愛とチョコレートの経済学

バレンタインな週末がやってきましたね。諸兄の皆様方に置かれましては、ニューノーマルな暮らしの中におい

記事を読む

2020年、本ブログで人気だった英語論文ライティングの参考書ベスト5冊

先日のエントリ「いま国語辞典がおもしろい|10年ぶりの大幅改訂による最新版あいつぐ」で紹介したように

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘め

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっ

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financia

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショー

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国

2022年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の場所52ヶ所

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これ

今年も確定申告の時期がやってきた|クラウド会計とe-taxで手続きは超簡便に

今年もいよいよ確定申告の時期がやってきた。例年どおり3月15日が提出締

PAGE TOP ↑