*

科研費採択のお知らせ届く

公開日: : 最終更新日:2021/04/02 研究・論文

昨秋に応募した科研費の採択通知が届いていた。大変にありがたい。今後一層がんばっていきたいと思います。

 

さて、申請書作成に当たって一番役立ったのが児島将康『科研費獲得の方法とコツ』というガイドブックだった。科研費獲得に向け、申請書をいかに「戦略的に書く」べきか、について解説した素晴らしいガイド。第1章で、審査の仕組みや直近の応募状況を概説し、科研費の基本的な理解を促す。第2章では、誰が審査員なのか、何が審査の評価ポイントなのか、という審査員側からの視点に立って、それではいかに申請種目や分野を選ぶのが効果的か、を解説していく。

 

research proposalphoto credit: Guillaume Brialon via photopin cc

 

第3章が本書のメインで、申請書の各項目を、いかに審査員に訴求する形で記述していくかが述べられている。魅力ある研究課題名、取り組む意義をきちんと伝える研究目的、実現可能だと思ってもらうための研究計画等々。著者らが実際に申請に用いた資料までが公開されており、しかも「よい事例」「わるい事例」までが紹介され、その一つ一つが極めてリアル。

 

だからこそ大変に参考になる資料となっており、ここまでオープンに語ってくれた著者とその共同研究者の方々に感謝すること間違いなしの一冊。実例として挙げられているのは自然科学の研究トピックだが、審査員が読みやすく理解しやすく評価しやすいように申請書を書くという本質は、社会科学研究においても同様に当てはまるものだろう。

 

 

もう一つ大いに参考になったのが、ウェブサイト「科研費申請書類の書き方のコツ」。上記のガイドブックの中でも紹介されているサイトだが、科研費を中心に研究費獲得業務に携わってきた大学職員の方が運営するサイト。審査員に読まれる申請書のポイントを事務視点で淡々と綴った内容は、自分の研究についつい熱くなって(時になり過ぎて)しまう研究者に対し、いい意味でクールダウンする指摘となっている。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

paper editing

英語アカデミック・ライティング最高の一冊に日本語版が登場

英語のアカデミック・ライティングの書籍は数多くあれど、いやだからこそ、どの一冊を選べばよいか、悩んで

記事を読む

writing and editing English

英語論文の書き方:英文ライティングここから始める必読テキスト4選

「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」で書いたように、国際大学の修士学生の多くは、各

記事を読む

research proposal

科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年度の科学研究費助成事業(科研費

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

日本経済学会@同志社大学に行ってきた

先週末は日本経済学会の春季大会で報告してきた。会場は京都の同志社大学ということで、初めてここを訪れた

記事を読む

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

dinner table

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

記事を読む

食べログ評価とレストランオーナーの憂鬱

東洋経済ONLINE「食べログに勝訴でも飲食店が抱く『後味の悪さ』」等でも報じられているように、グル

記事を読む

paper editing

英語論文の書き方:アカデミック・ライティングの決定版テキスト

僕が学生の論文を指導するにあたって、まずは徹底的に読み込むようアドバイスしているのが、前回紹介した英

記事を読む

科研費に応募する1|そもそも科研費とは?

さて、夏のお盆休みが終わり通常の日々が戻ってくる頃は、日本の研究者の多くが今年の科学研究費助成事業(

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑