*

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

公開日: : 最終更新日:2017/09/07 オススメ書籍, 研究・論文

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多くの研究者が申請書の作成・修正に相当の時間をかけることになるのだろう。僕は幸いにして昨年度採択されたので、今年はその時間をかけなくてもよく大変助かっている。

 

ご存知の通り、この科研費申請書は、きっちりした書式が設定されており、その項目をきっちり埋めていく形で作成する。しかし、ただその要求に応えるだけでは当然採択にまでは程遠い。山と積まれた申請書の中から、自分の研究を面白いと思ってもらわねば採択には至らず、短時間で自身の研究の面白さを伝えるには、それだけの準備をしなくてはならないのである。

 

medium_2388310523

photo credit: bookgrl via photopin cc

 

そんな風に僕自身も大変苦労しながら申請書を書いていたのだが、そのときに最も参考になったのがこの一冊、その名もズバリ『科研費獲得の方法とコツ』である。僕はこの前の版から愛読しているのだが、はっきり言ってこれだけ生々しい実際の申請書を実例に、成功例と失敗例の分析、そして成功に必要な戦略的視点を解説してくれるガイドブックなぞ、これしか存在しないのだ。

 

本書の素晴らしさが次第に認知されるようになってきたようで、版を重ねて出版される他、毎年科研費の締切時期になると一斉に本屋から姿を消すという風物詩にまでなっている。というわけで、今年の申請を準備している人は、売切れになる前に入手しておいた方がよいと思う。これを読まずして提出するなんて、地図も持たずに冒険に出かけるようなものだから。研究者にとって絶対必携のマスト・アイテムなのである。

研究者必携の大ベストセラー! ! 申請書の書き方を中心に,科研費の応募から採択・不採択後の対応まで,気をつけるべきポイントやノウハウを徹底解説!今版では,平成29年(2017年)9月の公募から導入される新しい研究計画調書(申請書)の様式,審査のしくみ,審査方式をわかりやすく解説。「科研費改革2018で何が変わる?」,「小・中・大区分って何?」,「若手研究(A)が無くなる?」など。もちろん,これまでにご好評をいただいていた応募戦略,申請書の書き方,採択・不採択後の対応など,門外不出のノウハウも丁寧に説明しています。

 

 

そんな素晴らしい一冊を上梓した著者・児島将康氏が今年の申請書提出締切に合わせるかのように出版したのが、こちらの『科研費申請書の赤ペン添削ハンドブック』である。僕自身は今年の提出がないためまだ内容は確認していないのだけれども、もはや研究者のバイブルとなった『科研費獲得の方法とコツ』の著者なわけだから、こちらも優れたハンドブックになっていると期待している。本書も今のうちに入手しておかないと、締切直前で売切れ続出となるのではないだろうか。

とりあえず申請書を書いてみたけれど…。「書き方」の疑問や悩み誤解や思い込みを解消!数多くの申請書を見てきた著者が実例78caseに珠玉のアドバイスを詰め込みました。ベストセラー「科研費獲得の方法とコツ」の実践編!

 

というように、日本の研究者にとって一大イベントである、科研費の申請書作成。上記2冊の著者が解説する「最新データで読み解く!科研費申請の傾向と対策」も大いに参考になるので、現在申請書をまとめている人にはぜひおすすめしておきたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学をはじめとする社会科学系の分野で

記事を読む

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。い

記事を読む

shinkansen

なぜ日本の新幹線は世界最高なのか?定刻発車と参勤交代

"Why Japan's high-speed trains are so good" というEco

記事を読む

華麗な舞台の裏にあるプロテニス選手の過酷な生活|ランキングシステムが生んだ世界的超格差社会

2018年の全豪オープンテニスがフェデラーの優勝で幕を閉じた。自身が持つ四大大会最多優勝記録を20勝

記事を読む

Kindle電子書籍『クラウドソーシングの衝撃』は、成長著しい市場を概観する希少な業界本

『クラウドソーシングの衝撃』(比嘉・井川著)がKindle電子書籍が大幅に値下げされている。本書は現

記事を読む

聖の青春|天才・羽生善治を追いつめた伝説の怪童・村山聖

日本の将棋史上最高のプロ棋士・羽生善治の名前を知らぬ人は少ないだろう。だが、「東の羽生、西の村山」と

記事を読む

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

リチャード・マシスン『縮みゆく男』と、名医ブラックジャックにも治せない病

普段は僕自身読むことも少なく、おすすめする機会もほとんどないフィクションの分野。だけどこれだけは紹介

記事を読む

japanese igo

いま囲碁がとんでもなく面白い:弱冠24歳の6冠井山裕太

先月のNHKプロフェッショナル「盤上の宇宙、独創の一手。囲碁棋士・井山裕太」を見た。あまりにも面白く

記事を読む

chess board

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

春になり大人になったら辞書を買おう|これがいま日本で最も売れている国語辞典だ

さて今年も4月になり、進級・入学・入社とおめでたいイベントが相次いだ。

ブラックホールを初めて写真撮影|いまこそ宇宙論がおもしろい

さて先日は、人類史上初めてブラックホールの撮影に成功したという記者会見

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

PAGE TOP ↑