*

敗れざる者たち|藤井聡太に失冠したトップ棋士たちの言葉

公開日: : オススメ書籍

もちろん、もう読みましたよね?藤井聡太二冠を表紙にすえ、初めて将棋を特集したスポーツ雑誌Numberを。「君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集」でも書いたように、発売初日から爆発的な売れ行きであっという間に書店やコンビニの店頭から姿を消した本特集号。大増刷がかかり、ようやく手に入れることができた、という人も多いことだろう。

 

 

 

さて、そんな本特集号で注目すべき巻頭記事を担当し、藤井聡太のこれまでと二冠獲得の瞬間を熱のこもった筆致でつづるのが、北野新太である。いまや将棋ライター第一人者ともいえる北野だが、じつは将棋とはもともと縁もゆかりもなかったとこからのスタートだったのだ。それが、たまたま配属された部署で将棋記事を担当することになり、ルールを覚え、将棋を観戦し、そしてプロ棋士への取材を通じ、いつしか将棋は彼にとって仕事以上の、魂を震わせるほどの場所となっていったのだ。事実を淡々と書き上げるというイメージの新聞記者像とはずいぶんと異なる、らしくないほどに熱い文章が魅力的な彼の初著書がこの『透明の棋士』である。今回のナンバー特集で藤井聡太そして将棋に初めて興味を持ったという人も数多くいることだろう。であるならば、そんな方々にこそおすすめしたいのが本書なのである。著者もまったく無縁だったプロ棋士たちの世界に偶然飛び込まざるを得なくなり、そこから新しい発見と気づきを得ていった様は、将棋初心者こそ共感できるものだろう。おすすめの一冊です。もちろん、さらに興味を持った時には、北野新太のもう一冊の著書『等身の棋士』もぜひ合わせて読んで頂きたい。

今の私にとって、 将棋以上に魂の震える対象はない―。将棋とは無縁の人生を歩んできた著者が出会った、ひとりの棋士。その出会いをきっかけにのめりこんだ将棋には、静かに燃える数々のドラマがあった。 羽生善治、渡辺明、森内俊之、里見香奈…… 報知新聞社の熱き記者が描く、今までにない将棋の世界!ミシマ社のウェブ雑誌「みんなのミシマガジン」で圧倒的な支持を誇る人気連載が、ついに書籍化!

 

 

 

 

そんな北野新太が、今回のナンバー将棋特集号でもうひとつ担当している記事が、「[失冠からの再出発] 木村一基「受け師は何度でも甦る」」である。昨年、将棋の歴史において、最年長で念願の初タイトルを獲得した木村の姿に涙したファンも多かった。「百折不撓」の言葉どおり、知力・気力・体力をふりしぼって掴んだ初めての栄光は、しかしながら長くは続かなかった。史上最年少記録を次々と塗り替える最強の相手を迎えた今年の王位戦では、どちらも応援したいという声が強かったものの、結果はご存知のとおり藤井が無傷の4連勝で二冠目を奪取、そして木村は勝ち取ったばかりのタイトルを失った。

 

最年長、最遅、最多挑戦で「おじさん」が初タイトルを取った! 2019年9月26日、8大タイトルの一つ、王位戦で将棋界にまた一人タイトルホルダーが生まれた。 木村一基九段。年齢は46歳。最年長にしてプロ入り後最遅、挑戦回数も最多の初のタイトル奪取に「中年の星」と騒がれた。まさに座右の銘である「百折不撓(何度失敗してもくじけないこと)」を体現したような快挙だった。 藤井聡太七段をはじめ、若い新星が次々と現れる棋界にあって、年齢による衰えは誰もが通る道。木村九段も例外ではない。「将棋の強いおじさん」「千駄ヶ谷の受け師」「解説名人」などの数々の呼び名があり、人気は高いが無冠で、「もうタイトルは無理では」と誰もが思っていた木村九段の、衰えるはずの年齢での王位獲得。その長すぎる道のりを、東京新聞で「盤記者」として数々の取材や連載執筆をし、木村王位の多くの涙にも立ち会ってきた樋口記者がまとめた。 本書は「私の知らないような話や、ああそうなのかと記事を読んで初めて分かったこところもあって、自分の話だというのに面白く読みました」という木村王位本人はもちろん、対戦棋士や関係者にも丹念な取材を重ね、書籍化の要望も多く寄せられた東京新聞連載「百折不撓の心 王位・木村一基」に加筆、再構成し、「初タイトル記念トークショー」「第60期 王位戦七番勝負棋譜」も収録した。

 

 

しかし、それでは木村は果たして敗者なのだろうか?もちろん、タイトル戦の勝負には負けた。しかし、上記の記事を読んでも分かる通り、木村は千駄ヶ谷の受け師の名のとおり、今後も挑戦し続け、そして挑戦を受け続けるのだ。その様をみて僕は、沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』を思い起こさずにはいられなかった。

 

目次 クレイになれなかった男 三人の三塁手 長距離ランナーの遺書 イシヒカル、おまえは走った! さらば、宝石 ドランカー<酔いどれ>

人生でただ一度だけの青春の時を菖蒲の世界に賭けて燃え尽きていった者たちの姿を、若きノンフィクションライターが哀惜こめて描く情熱的スポーツロマン。無人のリングやグラウンドに、ボクサーが、ランナーが、バッターが、サラブレッドが、騎手がたたずむ。彼らの曳く長い影が、あなたにははたして見えるだろうか。ここに収められた六篇の作品は「勝負の世界に何かを賭け、喪った者たち」という主題に沿い五年間にわたってかきつづけられてきたものだ。それぞれが独立し完結してはいるが、その意味ではひとつのまとまった長篇と考えられなくもない。いや、むしろそう読まれることを望んでいるといった方が正直だろう。

 

 

スポーツの世界は残酷だ。勝者に当たるスポットライトに世界が注目する一方で、その陰にいる敗者は引き立て役にすらなれない。しかし、と沢木は問う。果たして彼らを敗者と読んでいいのか、と。だからこそ彼は、そんな彼らを近くから眺め、観察し、そして「敗れざる者たち」と呼んだのだ。そして、将棋の世界も全く同じだということを、今回のスポーツ雑誌ナンバーの将棋特集は改めて気づかせてくれらと思う。スポーツ選手が大事な試合で負けたあとの様に、今までなら当たらない光を照射し、その生き様にこそその人となりが現れることを示してくれた沢木のこの古い一冊は、今回まさに人生の大勝負で負けた木村一基元王位にそっと寄り添う北野新太の文章と重なる。スポーツと将棋の初めての邂逅をお膳立てした今回の雑誌ナンバーはその意味でも画期的だったと思う。まだ読んでいないなら、この歴史のターニングポイントを同時代人として目撃しておくためにも、ぜひ読んでおくことをおすすめしたい。素晴らしい特集です。もちろん、藤井聡太にタイトルを奪われたもう一人のトップ棋士、渡辺明に敗戦のその日の夜にインタビューした「[新名人の決意] 渡辺明「敗北の夜を越えて」」も必読です。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Kindle電子書籍で手に汗握って読む、箱根駅伝をより面白くするこの3冊

いまや国民的イベントにまで人気が拡大した、正月の風物詩・箱根駅伝。僕も含めて毎年楽しみにしている人は

記事を読む

君はスポーツとしての将棋をみたか?藤井聡太とナンバー大特集

先日発売された総合スポーツ雑誌『Number』が大変な売れ行きとなっている。その理由はズバリ、藤井聡

記事を読む

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、なかなかに読ませる面白いものが多

記事を読む

おすすめ新刊『できる研究者の論文作成メソッド』|書き上げるための実践ポイント

以前に「できる研究者の論文生産術:How to Write a Lot」でもおススメしたように、ポー

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝えの通りだが、2/20(水)放

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

華麗な王者モハメド・アリと、そのアリになれなかった男|沢木耕太郎の名著『敗れざる者たち』と『一瞬の夏』を再読する

2016年6月4日、プロボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、モハメド・アリが74歳の人生に幕を閉

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑