*

ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 海外

ブータン訪問記の続き。

  1. ちょっとブータンまで行ってきた。
  2. ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き
  3. 西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

 

この国は大変に見所が多い国なのだが、その中でもブータン観光のハイライトとも言うべきなのが、このタクツァン僧院。ブータン仏教の聖地でもあり、trip advisor でも極めて高い口コミ評価を得ている。標高2,000メートルを超える山の断崖絶壁に張り付くようにして建立されたこの寺院。下から見ると霧がかっていてよく見えない。一体どれですか?

 

IMG_0558

 

しかし、しばらく待っているとその霧の合間からついに見えた!あれが目的地だ!っていうか、あそこまで登るの?っていうくらい、ちょっぴり本格的な登山が必要なのである。

 

IMG_0561

 

もちろん、ここも一つのザ・観光地でありますから、足腰が強くない観光客に対しては、ちゃんとロバが用意されている。なので、自分の足で登る自信がない人は、これに乗っていけばいい。ただロバも山の中腹までしか行けないため、寺院を見るにはやはり最後は自分の足でぜひどうぞ。

 

IMG_0550

 

というわけで、登山口から途中休憩を挟んで2-3時間歩き続けると、ようやくゴールが見えてくる。体力はある方だと自分では思っているんだけど、これは意外に疲れてしまい(苦笑)、肉体の衰えを感じるじゃあないか。

 

IMG_0595

 

最後の階段を上り、ようやく寺院に到着だ。

 

IMG_0589

 

ここから先は聖地であるために写真撮影禁止。というよりも、この玄関でボディチェックがあり、カメラやその他の荷物は全て置いていかねばならない。それくらいブータンでは仏教と僧侶が大切にされているのである。

 

IMG_0591

 

この僧院は規模でいえば、その他の寺院よりも遥かに小さい。しかしながら内部の空間には、ブータン仏教の絵画や仏像が所狭しと並べられており、窒息しそうな程の密着感があった。ガイドに丁寧に解説してもらい、ブータン仏教の裾野の広さと奥の深さを少し知ることができた。これは確かに、ぜひ一度訪れてみたい場所だと思う。ブータンに行く機会はなかなかないからこそ、機会をつくって訪れ、そしてブータン仏教を感じてみて欲しい。

 

 

IMG_0597

 

帰りの山道では、偶然にも僧侶のタマゴたちに遭遇。彼らもまたこの年齢にして既に僧侶の道を選んでおり、山の上の僧院で修行を積んでいる。たまに買い出しなどで下界に降りてくるそうだ。あ、ちなみに、サングラスをかけているのは僕ではありません。以上だ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き

というわけで「ちょっとブータンまで行ってきた。」の続き。ブータンは王国であり、現在は若き国王と王妃が

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

中央アジア訪問記:シルクロードの要衝ウズベキスタン

報道の通り、先週から安倍首相がモンゴルおよび中央アジア5ヶ国を訪問している(NHKニュース)。しかし

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

中央アジア訪問記:遊牧民の末裔キルギス

先日の安倍首相の中央アジア歴訪に続き、今度は米国ケリー国務長官が中央アジア五か国を訪問している(NH

記事を読む

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータ

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、2021年版「愛すべき世界の52か所」

ニューヨーク・タイムズ紙による、年始の恒例特集 "52 Places to Go" だが、コロナ禍に

記事を読む

海外で研究者になる|知られざる就職活動その舞台裏

日本人が数多く海外留学していることに比べると、海外で就職する例はまだまだ少ないと言えるだろう。とくに

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

Druk Airline

ちょっとブータンまで行ってきた。

久しぶりの更新となってしまったが、先日までブータンに行っていたのである。中国とインドに挟まれた人口約

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑