*

ブータン仏教の聖地・タクツァン僧院に行ってきた

公開日: : 最終更新日:2014/05/19 海外

ブータン訪問記の続き。

  1. ちょっとブータンまで行ってきた。
  2. ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き
  3. 西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

 

この国は大変に見所が多い国なのだが、その中でもブータン観光のハイライトとも言うべきなのが、このタクツァン僧院。ブータン仏教の聖地でもあり、trip advisor でも極めて高い口コミ評価を得ている。標高2,000メートルを超える山の断崖絶壁に張り付くようにして建立されたこの寺院。下から見ると霧がかっていてよく見えない。一体どれですか?

 

IMG_0558

 

しかし、しばらく待っているとその霧の合間からついに見えた!あれが目的地だ!っていうか、あそこまで登るの?っていうくらい、ちょっぴり本格的な登山が必要なのである。

 

IMG_0561

 

もちろん、ここも一つのザ・観光地でありますから、足腰が強くない観光客に対しては、ちゃんとロバが用意されている。なので、自分の足で登る自信がない人は、これに乗っていけばいい。ただロバも山の中腹までしか行けないため、寺院を見るにはやはり最後は自分の足でぜひどうぞ。

 

IMG_0550

 

というわけで、登山口から途中休憩を挟んで2-3時間歩き続けると、ようやくゴールが見えてくる。体力はある方だと自分では思っているんだけど、これは意外に疲れてしまい(苦笑)、肉体の衰えを感じるじゃあないか。

 

IMG_0595

 

最後の階段を上り、ようやく寺院に到着だ。

 

IMG_0589

 

ここから先は聖地であるために写真撮影禁止。というよりも、この玄関でボディチェックがあり、カメラやその他の荷物は全て置いていかねばならない。それくらいブータンでは仏教と僧侶が大切にされているのである。

 

IMG_0591

 

この僧院は規模でいえば、その他の寺院よりも遥かに小さい。しかしながら内部の空間には、ブータン仏教の絵画や仏像が所狭しと並べられており、窒息しそうな程の密着感があった。ガイドに丁寧に解説してもらい、ブータン仏教の裾野の広さと奥の深さを少し知ることができた。これは確かに、ぜひ一度訪れてみたい場所だと思う。ブータンに行く機会はなかなかないからこそ、機会をつくって訪れ、そしてブータン仏教を感じてみて欲しい。

 

 

IMG_0597

 

帰りの山道では、偶然にも僧侶のタマゴたちに遭遇。彼らもまたこの年齢にして既に僧侶の道を選んでおり、山の上の僧院で修行を積んでいる。たまに買い出しなどで下界に降りてくるそうだ。あ、ちなみに、サングラスをかけているのは僕ではありません。以上だ。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

ブータンではみんな王室と国王と王妃が大好き

というわけで「ちょっとブータンまで行ってきた。」の続き。ブータンは王国であり、現在は若き国王と王妃が

記事を読む

flag of bhutan

西水美恵子著『国をつくるという仕事』が称賛する、ブータン国王のリーダーシップ

ブータン訪問記の続き。 ちょっとブータンまで行ってきた。 ブータンではみんな王室と国王と

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2016年版

さて今年もこのシーズンがやってきましたね。ニューヨーク・タイムズ紙が発表する「今年絶対に行きたい世界

記事を読む

おすすめ漫画『乙嫁語り』最新巻と中央アジアの遊牧民たち

漫画『乙嫁語り』の最新第7巻が登場!これは以前に「おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014

記事を読む

中央アジア訪問記:遊牧民の末裔キルギス

先日の安倍首相の中央アジア歴訪に続き、今度は米国ケリー国務長官が中央アジア五か国を訪問している(NH

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

ヒマラヤの山麓、ブータンの春、そしてツェチュ祭:世界で一番美しい瞬間

NHK-BSの番組「世界で一番美しい瞬間(とき)」。先日特集されたのが「満月の夜 祈りのとき ブータ

記事を読む

Druk Airline

ちょっとブータンまで行ってきた。

久しぶりの更新となってしまったが、先日までブータンに行っていたのである。中国とインドに挟まれた人口約

記事を読む

中央アジア訪問記:天然資源に恵まれた大国カザフスタン

先日の安倍首相の訪問に続いて、米国ケリー国務長官も同地域を訪れるなど、「中央アジアで新たなパワーゲー

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑