*

ディエゴ・マラドーナのもう一つの伝説と、リオネル・メッシの新たな伝説

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

ワールドカップ準決勝第一試合でドイツがブラジルに大勝したのに続き、第二試合ではPK戦でアルゼンチンがオランダを退けた。決勝戦はドイツ対アルゼンチンという、欧州 vs 南米の伝統的な戦いとなった。ワールドカップ前は「サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢」に書いたように、ブラジルが圧倒的人気、それに次ぐのがアルゼンチンでありドイツであった。ブラジルの大敗は確かに衝撃的であり、多くの予想はこの時点で大きく外れたわけだが、この決勝戦の組み合わせも見応え十分なものになると期待している。

 

なにしろアルゼンチンは、あのディエゴ・マラドーナを擁して優勝した1986年メキシコ大会以来の戴冠まであと一試合というところまで来たわけだが、そのときの決勝の相手も(当時の西)ドイツであった。そしてまた翌1990年イタリア大会決勝でも相まみえ(その時は敗れ)た因縁の相手でもあるのだ。ドイツ対アルゼンチン、間違いなく面白くなるだろうし、その主役と期待されるのが、ディエゴ・マラドーナ以来のスーパースター、リオネル・メッシだ。

 

medium_5027359331photo credit: mat- via photopin cc

 

メッシがマラドーナを超えたかどうか、というのはファンの間でも大いに盛り上がるところであろうが(例えばニューヨーク・タイムズ “Messi vs Maradona”)、そのためにはもう少しの時間を待たねばならない。一つ目はもちろん決勝戦のパフォーマンスであり、二つ目はマラドーナの「もう一つの伝説」にメッシがどこまで迫れるかにかかっている。そのもう一つの伝説を可視化したのが、もうお馴染みフェイスブックのデータサイエンス・チームだ。彼らはいつも面白いことやってくれるね。

 

そんな彼らが今回見せてくれたのが以下のグラフだ。これは「ディエゴ」と名付けられた新生児(アルゼンチン人男子)の比率を示しており、1986年のワールドカップ開催中に、この数が急上昇しているのがよく分かる(1.5%から5.5%へジャンプ)。もちろんこれはマラドーナの大活躍によるものであり、当時のアルゼンチン国民がそれだけ熱狂していた様子が伺える。ワールドカップ後にこの数値が急降下しているが、もしもあの「神の手」がなかったならば、マラドーナはクリーンな国民的ヒーローとしてもっと長く君臨し、今頃もっと多くの「ディエゴ」が誕生していたかも知れないね。

 

diego-name

 

詳しい解説はフェイスブックチームが “Maradona’s (other) legacy” で以下のように書いている通りだ。

Diego Maradona’s heroics in the 1986 FIFA World Cup will no doubt live on in soccer history. His controversial Hand of God goal was the first strike heard around the world; if there had been a Facebook in 1986, no doubt we would have seen massive spikes in chatter around this event from both joyful Argentines and bitter Englishmen. (中略)Today, we investigate another realm in which Diego Maradona’s heroics live on nearly three decades later: in the thousands of Argentine boys named after him. The whole nation was swept up by Maradona leading the team to victory, and new parents were no exception: we find that at its peak, during the final stages of the world cup, one in every 18 boys born in Argentina owes their first name to the bombastic number ten from Buenos Aires.

 

 

Argentina v Nigeria: Group B - 2010 FIFA World Cupphoto credit: Articularnos.com via photopin cc

 

つまり、メッシがマラドーナを超えるかどうかというのは、(1)アルゼンチンが今大会で優勝するかどうか、(2)メッシに神の「足」が生まれるかどうか、そして(3)リオネルという名前がどれだけ男の子の赤ちゃんに付けられるか、にかかっているのである。一番大事なのはもちろん3番ですよ(フェイスブック的にはね)!

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、錦織の4回戦、5時間を超える壮

記事を読む

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る全米オープンテニス

思わず早朝からWOWOWで生中継を見てしまった本日の全米オープンテニス。ついに錦織がやってくれて大興

記事を読む

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

フェイスブック・データでみるバレンタインデー|世界中が愛を込めて

いつの間にかバレンタインじゃないですか、諸兄の皆様方、心の準備はOK? さて、昨年のこの時期にも「バ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の5連覇がかかる来年の箱根駅伝、僕もまた正月の2日間テレビの前

若い読者のための経済学史と哲学史

米国イェール大学出版局の "A Little History" は、歴

PAGE TOP ↑