*

ディエゴ・マラドーナのもう一つの伝説と、リオネル・メッシの新たな伝説

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

ワールドカップ準決勝第一試合でドイツがブラジルに大勝したのに続き、第二試合ではPK戦でアルゼンチンがオランダを退けた。決勝戦はドイツ対アルゼンチンという、欧州 vs 南米の伝統的な戦いとなった。ワールドカップ前は「サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢」に書いたように、ブラジルが圧倒的人気、それに次ぐのがアルゼンチンでありドイツであった。ブラジルの大敗は確かに衝撃的であり、多くの予想はこの時点で大きく外れたわけだが、この決勝戦の組み合わせも見応え十分なものになると期待している。

 

なにしろアルゼンチンは、あのディエゴ・マラドーナを擁して優勝した1986年メキシコ大会以来の戴冠まであと一試合というところまで来たわけだが、そのときの決勝の相手も(当時の西)ドイツであった。そしてまた翌1990年イタリア大会決勝でも相まみえ(その時は敗れ)た因縁の相手でもあるのだ。ドイツ対アルゼンチン、間違いなく面白くなるだろうし、その主役と期待されるのが、ディエゴ・マラドーナ以来のスーパースター、リオネル・メッシだ。

 

medium_5027359331photo credit: mat- via photopin cc

 

メッシがマラドーナを超えたかどうか、というのはファンの間でも大いに盛り上がるところであろうが(例えばニューヨーク・タイムズ “Messi vs Maradona”)、そのためにはもう少しの時間を待たねばならない。一つ目はもちろん決勝戦のパフォーマンスであり、二つ目はマラドーナの「もう一つの伝説」にメッシがどこまで迫れるかにかかっている。そのもう一つの伝説を可視化したのが、もうお馴染みフェイスブックのデータサイエンス・チームだ。彼らはいつも面白いことやってくれるね。

 

そんな彼らが今回見せてくれたのが以下のグラフだ。これは「ディエゴ」と名付けられた新生児(アルゼンチン人男子)の比率を示しており、1986年のワールドカップ開催中に、この数が急上昇しているのがよく分かる(1.5%から5.5%へジャンプ)。もちろんこれはマラドーナの大活躍によるものであり、当時のアルゼンチン国民がそれだけ熱狂していた様子が伺える。ワールドカップ後にこの数値が急降下しているが、もしもあの「神の手」がなかったならば、マラドーナはクリーンな国民的ヒーローとしてもっと長く君臨し、今頃もっと多くの「ディエゴ」が誕生していたかも知れないね。

 

diego-name

 

詳しい解説はフェイスブックチームが “Maradona’s (other) legacy” で以下のように書いている通りだ。

Diego Maradona’s heroics in the 1986 FIFA World Cup will no doubt live on in soccer history. His controversial Hand of God goal was the first strike heard around the world; if there had been a Facebook in 1986, no doubt we would have seen massive spikes in chatter around this event from both joyful Argentines and bitter Englishmen. (中略)Today, we investigate another realm in which Diego Maradona’s heroics live on nearly three decades later: in the thousands of Argentine boys named after him. The whole nation was swept up by Maradona leading the team to victory, and new parents were no exception: we find that at its peak, during the final stages of the world cup, one in every 18 boys born in Argentina owes their first name to the bombastic number ten from Buenos Aires.

 

 

Argentina v Nigeria: Group B - 2010 FIFA World Cupphoto credit: Articularnos.com via photopin cc

 

つまり、メッシがマラドーナを超えるかどうかというのは、(1)アルゼンチンが今大会で優勝するかどうか、(2)メッシに神の「足」が生まれるかどうか、そして(3)リオネルという名前がどれだけ男の子の赤ちゃんに付けられるか、にかかっているのである。一番大事なのはもちろん3番ですよ(フェイスブック的にはね)!

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

photo credit: Kei Nishikori via photopin (license)

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

the-ball-488718_640

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

the-ball-488718_640

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

Guardian-money-league-2015

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

デロイトが最新のレポート "Football Money League 2015" を発表した。これ

記事を読む

serena-tennis

データで考える|史上最高の女子テニスプレイヤーは誰だ?

「データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?」で紹介したように、Financial Ti

記事を読む

relationship on facebook

フェイスブックから愛を込めて|Data love と love data

「バレンタインの統計学と経済学」で書いたように、Facebook Data Science チームは

記事を読む

images

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

wired-linkedin

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

origin_14629072806

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

credit: carlaarena via FindCC
【Kindle日替わりセール】高野秀行の最新探検記『恋するソマリア』で学ぶアフリカ現地情勢

本日のKindle日替わりセールに、あの高野秀行の『恋するソマリア』が

kindle-1605
【Kindle特大セール】光文社の新刊ベストセラーが早くも半額キャンペーン

始まったばかりの「【50%ポイント還元】光文社キャンペーン」が素晴らし

kindle-sale-150812
【Kindle特大セール】角川書店50%オフの大キャンペーン|おすすめはこの26冊だ

角川書店の Amazon Kindle 電子書籍4,000冊以上が50

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑