*

フェイスブックから愛を込めて|Data love と love data

公開日: : データ

「バレンタインの統計学と経済学」で書いたように、Facebook Data Science チームは実に面白いデータを見せてくれる。その最新のものがこちら、今年のバレンタインデーに合わせ、データに基づき Loveについて語ったものだ。

We’re running a series of blog posts this week on love. We love love. We hope you love our love for love.

具体的なトピックは以下のようになっており、合計6回のシリーズで、宗教や年齢とLoveの関係から、愛の始まりと終わりまで幅広くカバーしている。

  1. Love and Religion
  2. The Age of Love
  3. Flings or Lifetimes?
  4. Looking for Love
  5. The Formation of Love
  6. When Love Goes Awry

 

その中でも個人的にもっとも興味深かったのがコレ。付き合う前後で二人の関係がどのように変化するのかを、お互いのタイムラインにどれだけやり取りがあったかという視点で観察している。

relationship on facebook

 

グラフが示すように、付き合う100日前くらいからお互いのタイムラインへのポストが増え始め、付き合う12日前に最大値を示す。そして目出度く付き合い始めた後は急にやりとりが減っていく。そしてそれは恐らくは、オンラインではなくオフラインで二人の時間を過ごしているからだろう、という話。

 

Relationships start with a period of courtship: on Facebook, messages are exchanged, profiles are visited, posts are shared on each other’s timelines. The following graph shows the average number of timeline posts exchanged between two people who are about to become a couple. We studied the group of people who changed their status from “Single” to “In a relationship” and also stated an anniversary date as the start of their relationship. During the 100 days before the relationship starts, we observe a slow but steady increase in the number of timeline posts shared between the future couple. When the relationship starts (“day 0”), posts begin to decrease. We observe a peak of 1.67 posts per day 12 days before the relationship begins, and a lowest point of 1.53 posts per day 85 days into the relationship. Presumably, couples decide to spend more time together, courtship is off, and online interactions give way to more interactions in the physical world.

 

この Facebook Data Science チームは、毎回とても面白いデータを見せてくれる。ストーリーとしては確かにそうだよねという話と合わせてデータが提供されるのは、いつも大変に興味深いし、そんなデータまであったのかよとか、こういう見せ方はウマイな等々、いろいろと勉強になることが多い。それほど更新頻度は高くないのだが、ぜひウォッチしておきたいページである。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

全米オープンテニスを Slam Tracker でデータ観戦しよう

いよいよ全米オープンテニスが始まった。それと同時に錦織圭の初戦敗退。大変残念だけれども、それだけグラ

記事を読む

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

データで考える|史上最高の女子テニスプレイヤーは誰だ?

「データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?」で紹介したように、Financial Ti

記事を読む

欧州サッカー・マネーリーグ最新版|バルサが初の首位・レアルは2位に後退

今年も発表された、「デロイトフットボールマネーリーグ」。これは毎年、世界的な監査法人デロイトが発表す

記事を読む

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

デロイトが最新のレポート "Football Money League 2015" を発表した。これ

記事を読む

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

100年目の国勢調査|本日の締切おわすれなく

現在実施中の国勢調査は、5年に一度実施される最も重要な統計調査である。日本国内に住んでいるすべての人

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

将棋棋士初の栄冠|『Number MVP賞』は 藤井聡太二冠に決定

先日は以下のエントリでも書いたように、2020年は間違いなく藤井聡太の

【Kindleセール】お薦めのイェール大学出版局リトル・ヒストリー新シリーズ「科学史」登場

以前に「イェール大学出版局『リトル・ヒストリー』は初学者に優しい各学問

【Kindleセール】昭和史を学ぶためのこの一冊

Amazon Kindle の月替わりセール、今月のラインナップから見

宗教的絶望と科学的真理|異色マンガ『チ。―地球の運動について―』が面白い

前回「中世キリスト教世界の絶対真理「天動説」に挑んだ意欲的漫画『チ。―

ここで今こそ学ぶ倫理です。

1/16土曜からNHKで放送が始まるドラマ『ここは今から倫理です。』は

大人になったら国語辞典|ことし成人式を迎える人への最高の贈り物

コロナ感染の再拡大による、全国で成人式の中止や延期が発表されるなど、大

正月の風物詩・箱根駅伝が今年もおもしろい

新年明けましておめでとうございます。新型コロナウイルスの感染再拡大を受

日本語の誤用をとことんを考える『明鏡国語辞典』が10年ぶりに大刷新|新しい「問題な日本語」

今年も国語辞典の話題が多かったが、最新のトピックとして最も注目すべきな

PAGE TOP ↑