*

サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

いよいよ開幕したサッカー・ワールドカップ。日本時間今朝の開幕戦ブラジル対クロアチアは、3-1のスコアでブラジルの逆転勝ち。もちろん早朝から生中継見ましたよね?

 

さてさて、『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』でもお馴染みの統計家ネイト・シルバー等が運営する FiveThirtyEight では、いつもの通り、選挙戦やスポーツ試合と同じように、今回のワールドカップの優勝予想を行っている。開幕戦は88%の確率でブラジルの勝利と予測していただけに、ブラジル代表チームと同様にこちらもまずは上々の滑り出しといったところだろうか。

  1. 選挙ウォッチャー:ネイト・シルバー
  2. 全米大学バスケット・トーナメントと、統計家ネイト・シルバーの優勝予想

 

 

ちなみに、ここで用いられているSPI(Soccer Power Index)というのは、ネイト・シルバーが2010年に開発した指数であり、シルバー自身が “It’s Brazil’s World Cup to Lose” という直近の記事の中でも解説している。誰も疑っていないブラジルの一次リーグ首位突破を、95%と見込んでいる。

 

brazil group world cup

 

 

そして、このSPI指数を用いた最終的な優勝予想は、やはり圧倒的にブラジルでその確率は45.2%。その後にアルゼンチン、ドイツ、スペインが続いている。興味深いのは、下図のようにSPI予想と Online Sports Betting の Betfair の予想とを比べているところだ。

 

world cup winner prediction

 

Betfair での予想一位もやはりブラジルであり、SPIほどではないが、優勝確率23.3%と出している。と同時に、その後に続く2位から4位までも、SPIと同じ順位予想となっている。ただ予想したタイミングからして、シルバーの予測がBetfair に影響を与えている、ということではないようであり、その他大勢も今回は意見が一致するところなのであろう。

 

ただ順位下位の方まで見てみると、SPIのアルゴリズムでは極めて低い確率が付けられているポルトガルやイタリアが、Betfair ではより高い確率(といっても低いのだが)となっているのも面白い。データで見れば可能性はほとんどないと考えられるこの2チームに対し、ファンがそれでも大きな期待を寄せていることが伺える。

 

また、Economist 誌では各社が発表しているそれぞれの優勝予想をまとめているが、これらをざっと見ても、大方の優勝予想はブラジル、2位はアルゼンチンと、これまたシルバーやBetfair と同じ結果になると見積もっているようだ。これだけ多くが同じような結果を予想するというのは、それだけ「固い」大会ということなのだろうが、もう少しチームが拮抗し、予想もばらけるような大会のほうが、試合を楽しむファンとしても、各方面の優勝予想を楽しむファンとしても、面白い大会と言えるのではないだろうか。

 

world cup winner prediction 2

 

一方で、これだけ各方面で合致した予想を覆す結果が出るような場合には、それこそ大どんでん返しと言えるわけであり、そういう「世紀の奇跡」のようなことが起こるのかどうか、というのは、今回のような大会に特徴的な楽しみ方と言えるのかも知れない。そんな奇跡の快進撃が日本代表チームから生まれることを期待してみたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

photo credit: Kei Nishikori via photopin (license)

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

fire department in New York

オープンガバメント:ニューヨーク市消防庁のオープンデータ戦略

ニューヨーク市の消防庁が、データを使って建物検査を効率的に行っているというウォール・ストリート記事。

記事を読む

credit: jacilluch via FindCC

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

the-ball-488718_640

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

puma

サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊

データ革命が加速する世界最先端の現代サッカー 「ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカ

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

credit: jacilluch via FindCC

フェイスブック・データでみるバレンタインデー|世界中が愛を込めて

いつの間にかバレンタインじゃないですか、諸兄の皆様方、心の準備はOK? さて、昨年のこの時期にも「バ

記事を読む

wired-linkedin

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

UK top cosmetic surgery women and men 2013

美容と整形:2013年も引き続き市場は拡大

美容と整形について、最新のレポート "UK cosmetic surgery statistics

記事を読む

marathon-1649905_640

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

今年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまった、そんな人も多かったことだろう。二日に渡るこれだ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

nobel-economics-2017
今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、

kouba1
「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もう

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project
盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フ

shougi_old_board
NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

PAGE TOP ↑