*

サッカーワールドカップ優勝予想対決:アルゴリズム vs 市場 vs その他大勢

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 スポーツ, データ

いよいよ開幕したサッカー・ワールドカップ。日本時間今朝の開幕戦ブラジル対クロアチアは、3-1のスコアでブラジルの逆転勝ち。もちろん早朝から生中継見ましたよね?

 

さてさて、『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」』でもお馴染みの統計家ネイト・シルバー等が運営する FiveThirtyEight では、いつもの通り、選挙戦やスポーツ試合と同じように、今回のワールドカップの優勝予想を行っている。開幕戦は88%の確率でブラジルの勝利と予測していただけに、ブラジル代表チームと同様にこちらもまずは上々の滑り出しといったところだろうか。

  1. 選挙ウォッチャー:ネイト・シルバー
  2. 全米大学バスケット・トーナメントと、統計家ネイト・シルバーの優勝予想

 

 

ちなみに、ここで用いられているSPI(Soccer Power Index)というのは、ネイト・シルバーが2010年に開発した指数であり、シルバー自身が “It’s Brazil’s World Cup to Lose” という直近の記事の中でも解説している。誰も疑っていないブラジルの一次リーグ首位突破を、95%と見込んでいる。

 

brazil group world cup

 

 

そして、このSPI指数を用いた最終的な優勝予想は、やはり圧倒的にブラジルでその確率は45.2%。その後にアルゼンチン、ドイツ、スペインが続いている。興味深いのは、下図のようにSPI予想と Online Sports Betting の Betfair の予想とを比べているところだ。

 

world cup winner prediction

 

Betfair での予想一位もやはりブラジルであり、SPIほどではないが、優勝確率23.3%と出している。と同時に、その後に続く2位から4位までも、SPIと同じ順位予想となっている。ただ予想したタイミングからして、シルバーの予測がBetfair に影響を与えている、ということではないようであり、その他大勢も今回は意見が一致するところなのであろう。

 

ただ順位下位の方まで見てみると、SPIのアルゴリズムでは極めて低い確率が付けられているポルトガルやイタリアが、Betfair ではより高い確率(といっても低いのだが)となっているのも面白い。データで見れば可能性はほとんどないと考えられるこの2チームに対し、ファンがそれでも大きな期待を寄せていることが伺える。

 

また、Economist 誌では各社が発表しているそれぞれの優勝予想をまとめているが、これらをざっと見ても、大方の優勝予想はブラジル、2位はアルゼンチンと、これまたシルバーやBetfair と同じ結果になると見積もっているようだ。これだけ多くが同じような結果を予想するというのは、それだけ「固い」大会ということなのだろうが、もう少しチームが拮抗し、予想もばらけるような大会のほうが、試合を楽しむファンとしても、各方面の優勝予想を楽しむファンとしても、面白い大会と言えるのではないだろうか。

 

world cup winner prediction 2

 

一方で、これだけ各方面で合致した予想を覆す結果が出るような場合には、それこそ大どんでん返しと言えるわけであり、そういう「世紀の奇跡」のようなことが起こるのかどうか、というのは、今回のような大会に特徴的な楽しみ方と言えるのかも知れない。そんな奇跡の快進撃が日本代表チームから生まれることを期待してみたい。

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

football studium

フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014

以前「フットボール・マネーリーグ2013」で紹介した、"Deloitte Football Mone

記事を読む

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

今年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまった、そんな人も多かったことだろう。二日に渡るこれだ

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

戦略アナリストが支える全日本女子バレー|世界と互角に戦うデータ分析術

女子バレーボールのワールドカップもいよいよ終盤戦。リオデジャネイロ五輪への出場権をかけて瀬戸際のニッ

記事を読む

データとマネジメントとストラテジー|ドイツ・サッカー復活の道のり

昨年のサッカー・ワールドカップ。開催国ブラジルを7-1という大差で沈め、決勝でも強豪アルゼンチンを倒

記事を読む

データと恋愛とバレンタインデー

バレンタインデーの週末、みなさまいかがお過ごし予定でしょうか?昨年「バレンタインの統計学と経済学」で

記事を読む

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

スポーツ業界にデータ革命の波|NHK新番組「スポーツデータ・コロシアム」が面白い

NHK-BS 新番組「スポーツ・データコロシアム」 先日NHK-BS1 で放送が始まった新番組「ス

記事を読む

puma

スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析

スポーツ界に広がるデータ革命 これまで何度か書いてきたように、スポーツとデータというのはとても相性

記事を読む

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑