*

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がシカゴで閉幕

公開日: : アメリカ, 経済学・統計学

1月の最初の週末、日本ではまだお正月気分が残っている頃に開催されるのが The American Economic Association (AEA) の Annual Meeting だ。今年は1月6日から8日まで、シカゴで開催されていた。

 

chicago-1768745_640

 

 

昨年「経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催」でも書いたように、この年次総会が通常とは異なる学会となっているのは、世界中の経済学Ph.D. 学生にとっての就職活動の場となっているからである。それでは一体、そこではより具体的にどんなことが行われているのだろうか?それを知るには先日の Wall Street Journal の記事 “Economics Conference Tests Job Seekers’ Mettle” が参考となるだろう。

 

CHICAGO—In one corner of the U.S. job market, the first weekend in January is the most important of the year.

At the annual meeting of the American Economic Association this weekend, thousands of economics graduate students were interviewed by universities, private firms and institutions like the Federal Reserve and International Monetary Fund hunting new talent.

The affair is comparable to the National Football League’s annual scouting combine every February, where players go through tests and stunts that help determine how they will fare in the NFL draft.

Instead of wearing tight uniforms and being asked to run a 40-yard dash, students here wear awkwardly fitting suits and are given five minutes to show their mastery of econometrics and prove their research could change the world.

 

 

本記事では、数名の学生の実名を挙げながら、具体的にどんな就職活動を展開しているのかを描写している。それとともに、年々その規模をます学会と増え続ける求人、一方では競争もさらに激しくなり、学生が甚大なプレッシャーにさらされることも指摘している。いずれにしろ、ここでのインタビューを経て、就職活動の次のステップは各大学に呼ばれての(フライアウト)研究発表となる。今年のジョブマーケットの舞台に立っている世界中の方々は、ぜひ最後まで頑張ってください。

 

“This is a super high-stakes game,” said Martin Beraja, 32 years old, who completed his Ph.D. at the University of Chicago in 2016 and scored a position at the Massachusetts Institute of Technology after interviewing at the conference last year. “You live for this for two or three years.”

“It’s a tremendous burden for young people to go through this two-day process that will determine the rest of their lives,” said John List, chairman of the department of economics at the University of Chicago. “I wouldn’t wish it on my worst enemy.”

The conference has grown to become a major hub for recruiting. Job postings have gone up nearly 40% in the last decade alone, with 3,673 new jobs listed for 2017, according to JOE.

As size and diversity have grown, so too has the pressure on students.

Tatyana Deryugina, 32, who got her Ph.D. from MIT in 2012, recalls preparing for the AEA conference by writing out flashcards with questions she thought she might be asked. A month before the conference, she spent half her day reading the cards and half her day presenting her job market paper. Now an assistant professor of finance at the University of Illinois at Urbana-Champaign, she works with her students on preparing for the AEA.

Elizabeth Botkins, 27, a Ph.D. candidate at Ohio State University, said the most stressful part about the experience is not knowing whether you are preparing properly. If you’re doing something wrong, said Ms. Botkins, “you can’t fix it until it’s too late.” Her job market paper explores the impact of health insurance on health behavior.

Patrick Lapid, a 38-year-old Ph.D. candidate at the University of California, Berkeley, said he flew to Chicago on Wednesday, a day before the conference began. He practiced walking around from hotel to hotel and tried to acclimate to the freezing temperatures.

“You can get lost pretty easily,” he said. His job market paper explores enrollment at four-year colleges.

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやかな日差しのもと、学校を卒業して

記事を読む

最強のトイレがアメリカに上陸。一方の日本では「トイレとうんち」展が大人気

僕はトイレに並々ならぬ関心を持っている。本当に。だから、国連が「11月19日は世界トイレの日」と定め

記事を読む

business chart and calculator

この世で一番おもしろい(かも知れない)統計学

なんと、『この世で一番おもしろい』シリーズに統計学編が登場しているじゃあないか。

記事を読む

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム・ノードハウス教授と、ニューヨ

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

sadness

留学前に。

4月15日というのは、今も以前と変わりなければ、アメリカの大学院に入学希望を伝える期限である。つまり

記事を読む

gated community 1

アメリカ地方自治体の分断:富裕層による独立運動

先日のNHKクローズアップ現代を興味深く視た。「“独立”する富裕層 ~アメリカ 深まる社会の分断~」

記事を読む

ハートマウンテン日系人強制収容所の、貴重なプライベート写真集

7月に出版されたエッセイ写真集『コダクロームフィルムで見る ハートマウンテン日系人強制収容所』を読ん

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑