*

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がシカゴで閉幕

公開日: : アメリカ, 経済学・統計学

1月の最初の週末、日本ではまだお正月気分が残っている頃に開催されるのが The American Economic Association (AEA) の Annual Meeting だ。今年は1月6日から8日まで、シカゴで開催されていた。

 

chicago-1768745_640

 

 

昨年「経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催」でも書いたように、この年次総会が通常とは異なる学会となっているのは、世界中の経済学Ph.D. 学生にとっての就職活動の場となっているからである。それでは一体、そこではより具体的にどんなことが行われているのだろうか?それを知るには先日の Wall Street Journal の記事 “Economics Conference Tests Job Seekers’ Mettle” が参考となるだろう。

 

CHICAGO—In one corner of the U.S. job market, the first weekend in January is the most important of the year.

At the annual meeting of the American Economic Association this weekend, thousands of economics graduate students were interviewed by universities, private firms and institutions like the Federal Reserve and International Monetary Fund hunting new talent.

The affair is comparable to the National Football League’s annual scouting combine every February, where players go through tests and stunts that help determine how they will fare in the NFL draft.

Instead of wearing tight uniforms and being asked to run a 40-yard dash, students here wear awkwardly fitting suits and are given five minutes to show their mastery of econometrics and prove their research could change the world.

 

 

本記事では、数名の学生の実名を挙げながら、具体的にどんな就職活動を展開しているのかを描写している。それとともに、年々その規模をます学会と増え続ける求人、一方では競争もさらに激しくなり、学生が甚大なプレッシャーにさらされることも指摘している。いずれにしろ、ここでのインタビューを経て、就職活動の次のステップは各大学に呼ばれての(フライアウト)研究発表となる。今年のジョブマーケットの舞台に立っている世界中の方々は、ぜひ最後まで頑張ってください。

 

“This is a super high-stakes game,” said Martin Beraja, 32 years old, who completed his Ph.D. at the University of Chicago in 2016 and scored a position at the Massachusetts Institute of Technology after interviewing at the conference last year. “You live for this for two or three years.”

“It’s a tremendous burden for young people to go through this two-day process that will determine the rest of their lives,” said John List, chairman of the department of economics at the University of Chicago. “I wouldn’t wish it on my worst enemy.”

The conference has grown to become a major hub for recruiting. Job postings have gone up nearly 40% in the last decade alone, with 3,673 new jobs listed for 2017, according to JOE.

As size and diversity have grown, so too has the pressure on students.

Tatyana Deryugina, 32, who got her Ph.D. from MIT in 2012, recalls preparing for the AEA conference by writing out flashcards with questions she thought she might be asked. A month before the conference, she spent half her day reading the cards and half her day presenting her job market paper. Now an assistant professor of finance at the University of Illinois at Urbana-Champaign, she works with her students on preparing for the AEA.

Elizabeth Botkins, 27, a Ph.D. candidate at Ohio State University, said the most stressful part about the experience is not knowing whether you are preparing properly. If you’re doing something wrong, said Ms. Botkins, “you can’t fix it until it’s too late.” Her job market paper explores the impact of health insurance on health behavior.

Patrick Lapid, a 38-year-old Ph.D. candidate at the University of California, Berkeley, said he flew to Chicago on Wednesday, a day before the conference began. He practiced walking around from hotel to hotel and tried to acclimate to the freezing temperatures.

“You can get lost pretty easily,” he said. His job market paper explores enrollment at four-year colleges.

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、シカゴ大学のリチャード・セイラ

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

超ヤバい経済学者のゼロベース思考—どんな難問もシンプルに解決できる

『ヤバい経済学』が世界中で大ベストセラーとなったばかりか、その続編『超ヤバい経済学』もヒットさせた売

記事を読む

puma

サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊

データ革命が加速する世界最先端の現代サッカー 「ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカ

記事を読む

アメリカ日系人強制収容所跡地を尋ねた米国西海岸縦断の旅

アメリカ生活の中で、僕はずいぶんと色々な所を旅したように思う。もちろん広大なアメリカ全土を歩くことな

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

business chart and calculator

この世で一番おもしろい(かも知れない)統計学

なんと、『この世で一番おもしろい』シリーズに統計学編が登場しているじゃあないか。

記事を読む

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

gated community 1

アメリカ地方自治体の分断:富裕層による独立運動

先日のNHKクローズアップ現代を興味深く視た。「“独立”する富裕層 ~アメリカ 深まる社会の分断~」

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

錦織圭のウィンブルドンテニス2019|好調を維持したままベスト8進出

錦織圭が今年もウィンブルドンでベストエイト進出を決めた。しかも、これま

稀代の絵師・伊藤若冲の作品群が日本に里帰り

ここ数年、日本美術がもの凄いブームと言ってよいほどの盛り上がりを見せて

世界を変えた密約と帳簿・会計の世界史

Amazon Kindle の「文春の翻訳本・政治経済編」キャンペーン

あなたの知らない、世にも美しき数学者たちの日常

「日本に残る最後の秘境へようこそ|東京藝術大学のアートでカオスな毎日」

あまりにも残酷なプロテニス選手の実生活|世界ランキングと超格差社会

今年の全仏オープンテニスは、優位と見られていたナダルが、予想以上に周り

全仏オープンテニス2019|グランドスラム初制覇を目指す錦織圭の戦い

錦織圭、昨日のベスト16の試合では、雨天順延2日間に渡るフルセットの末

ヒマラヤ山脈でイエティの足跡を発見|雪男は向こうからやって来た

ヒマラヤ山中で伝説の雪男「イエティ」の足跡を発見したと、インド軍が公式

今年の科研費採択者におすすめ|研究関連事務を劇的に効率化するクラウドサービス

さて、先日は今年度の科学研究費助成事業(科研費)の採択者が発表された。

PAGE TOP ↑