*

経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がシカゴで閉幕

公開日: : アメリカ, 経済学・統計学

1月の最初の週末、日本ではまだお正月気分が残っている頃に開催されるのが The American Economic Association (AEA) の Annual Meeting だ。今年は1月6日から8日まで、シカゴで開催されていた。

 

chicago-1768745_640

 

 

昨年「経済学Ph.D.のアカデミック・ジョブマーケット|AEA年次総会がサンフランシスコで開催」でも書いたように、この年次総会が通常とは異なる学会となっているのは、世界中の経済学Ph.D. 学生にとっての就職活動の場となっているからである。それでは一体、そこではより具体的にどんなことが行われているのだろうか?それを知るには先日の Wall Street Journal の記事 “Economics Conference Tests Job Seekers’ Mettle” が参考となるだろう。

 

CHICAGO—In one corner of the U.S. job market, the first weekend in January is the most important of the year.

At the annual meeting of the American Economic Association this weekend, thousands of economics graduate students were interviewed by universities, private firms and institutions like the Federal Reserve and International Monetary Fund hunting new talent.

The affair is comparable to the National Football League’s annual scouting combine every February, where players go through tests and stunts that help determine how they will fare in the NFL draft.

Instead of wearing tight uniforms and being asked to run a 40-yard dash, students here wear awkwardly fitting suits and are given five minutes to show their mastery of econometrics and prove their research could change the world.

 

 

本記事では、数名の学生の実名を挙げながら、具体的にどんな就職活動を展開しているのかを描写している。それとともに、年々その規模をます学会と増え続ける求人、一方では競争もさらに激しくなり、学生が甚大なプレッシャーにさらされることも指摘している。いずれにしろ、ここでのインタビューを経て、就職活動の次のステップは各大学に呼ばれての(フライアウト)研究発表となる。今年のジョブマーケットの舞台に立っている世界中の方々は、ぜひ最後まで頑張ってください。

 

“This is a super high-stakes game,” said Martin Beraja, 32 years old, who completed his Ph.D. at the University of Chicago in 2016 and scored a position at the Massachusetts Institute of Technology after interviewing at the conference last year. “You live for this for two or three years.”

“It’s a tremendous burden for young people to go through this two-day process that will determine the rest of their lives,” said John List, chairman of the department of economics at the University of Chicago. “I wouldn’t wish it on my worst enemy.”

The conference has grown to become a major hub for recruiting. Job postings have gone up nearly 40% in the last decade alone, with 3,673 new jobs listed for 2017, according to JOE.

As size and diversity have grown, so too has the pressure on students.

Tatyana Deryugina, 32, who got her Ph.D. from MIT in 2012, recalls preparing for the AEA conference by writing out flashcards with questions she thought she might be asked. A month before the conference, she spent half her day reading the cards and half her day presenting her job market paper. Now an assistant professor of finance at the University of Illinois at Urbana-Champaign, she works with her students on preparing for the AEA.

Elizabeth Botkins, 27, a Ph.D. candidate at Ohio State University, said the most stressful part about the experience is not knowing whether you are preparing properly. If you’re doing something wrong, said Ms. Botkins, “you can’t fix it until it’s too late.” Her job market paper explores the impact of health insurance on health behavior.

Patrick Lapid, a 38-year-old Ph.D. candidate at the University of California, Berkeley, said he flew to Chicago on Wednesday, a day before the conference began. He practiced walking around from hotel to hotel and tried to acclimate to the freezing temperatures.

“You can get lost pretty easily,” he said. His job market paper explores enrollment at four-year colleges.

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

2014-06-08 11.03.21

愉しく美味しく走ろう!南魚沼グルメマラソンを応援してきた

本日のKindleセール商品は、『ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた

記事を読む

roland_fryer

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

roberto-shoot-out

ゲーム理論とサッカーW杯そしてPK戦:なぜネイマールは右へ蹴ったのか?

ブラジルで開催中のサッカーW杯もいよいよベスト8。ますます眠れない夜が続く。さて、今回のワールドカッ

記事を読む

medium_2685229458

10代の母:アメリカと日本のテレビの影響

National Bureau of Economic Research (NBER) の最新のワー

記事を読む

oprah

町山智浩の『アメリカのめっちゃスゴい女性たち』と、ハズレのない現代米国社会批評シリーズ

「教科書に載っていないし、知ってても全く偉くもないUSA語録」でも紹介したように、町山智浩のエッセイ

記事を読む

credit: MervC via FindCC

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

medium_79571458

『シグナル&ノイズ 天才データアナリストの予測学』のネイト・シルバーがおすすめする2冊の絵本がステキ

「今年続けて読みたい統計学オススメ関連書と教科書15冊」で紹介したうちの一冊が、ネイト・シルバーの『

記事を読む

medium_3066666879

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

6190716045_bb9c5a2f20_z

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

toilet museum

最強のトイレがアメリカに上陸。一方の日本では「トイレとうんち」展が大人気

僕はトイレに並々ならぬ関心を持っている。本当に。だから、国連が「11月19日は世界トイレの日」と定め

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑