*

アメリカのクラフトビールは実は美味しいんです

公開日: : 最終更新日:2014/11/17 アメリカ

先日ちょうど同じようなタイミングで、New York Times と Financial Times と朝日新聞が、米国のクラフトビール革命について取り上げていたのを見かけた。

 

New York Times の方は、この革命を綴ったノンフィクションの新刊の紹介 “Craft Brewers, Finding a Better Seat at the Bar” という記事。一方の Financial Times は、“Hop prices soar as US craft beer boom takes off” と題した、ホップ価格上昇に関する記事だ。

 

 

アメリカの食事で何が美味しいかと聞かれたら、何もないというのが定番の答えであろうし、そもそもそんな質問をする人すら少ないかも知れない。だがしかし、ビールに限っては日本に比べてアメリカの方が圧倒的に旨いんです!安いのはもちろん種類も豊富、それも味や香りのバラエティが実に多種多様なのだ。キリン一番搾りよりも、サントリー・プレミアムモルツの方が美味しいよねとかいう、ちっちゃい違いではないのだ。

 

そんなアメリカの美味いビールを牽引するのが「クラフトビール」であり、日本でいうところの地ビール。その中心となっているのがこのオレゴン州であり、IPA(Indian Pale Ale)と呼ばれる種類のビールだ。朝日新聞の記事の中でも、「クラフトビールが起こした地殻変動」そして「クラフトビールの醸造所を訪ねて・アメリカ編」で詳しく紹介されている。

 

 

そんなオレゴンと麦酒醸造所は、僕にとって絶対に行かねばならない場所でもあった。だから以前に「オレゴン州の小さな町ベンドに酔いしれる」で紹介したように、僕もオレゴンの旅に出る前には、“The Audacity of Hops” を読んで予習していったわけである。これもアメリカのクラフトビール革命について綴ったもの。もちろん本のタイトルは、オバマ大統領の自叙伝 “The Audacity of Hope” のぱくりだ(笑)。

 

それにしても、ベンドの麦酒醸造所めぐりと工場ツアーそしてお楽しみの試飲タイムは実に楽しいひとときだった。あまりにも数多くの醸造所がありそのごく一部しか行けなかっただけに、次にまた訪れてみたいと強く思わせる町だった。全米に約2,400ある地麦酒醸造所(クラフトビール)だが、MAPPING THE RISE OF CRAFT BEERでもデータで解説されているように、オレゴン州がいまもっとも勢いがあり、州都ポートランドとともに聖地となっているのがこのベンドなのである。酒好きはもちろん、そうでない人にとっても過ごしやすい、小さくも可愛らしい町であり、ぜひおすすめしたい場所なのである。

 

Bend8_tns

 

 

翻って日本のビール市場では今も大手による寡占が続いている。なかなかクラフトビールが育たないのが残念でならないが、たぶんアメリカのクラフトビール(とくにIPA)を飲んだら、ビールってこんなにも美味しいの!?って思うこと間違いなし。「とりあえずビール」なんてもう言えなくなると思うよ。そんなアメリカのクラフトビールをぜひ味わって頂きたいし、ぜひ今後日本でももっと新しい独自のクラフトビールが生まれてくることを期待したい。この夏は美味いビールを飲もう!

 



 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

アメリカ日系人強制収容所跡地を尋ねた米国西海岸縦断の旅

アメリカ生活の中で、僕はずいぶんと色々な所を旅したように思う。もちろん広大なアメリカ全土を歩くことな

記事を読む

アメリカは卒業式シーズン|今年の著名人スピーチ一覧

5月から6月にかけてはアメリカの大学の卒業式シーズンだ。初夏のさわやかな日差しのもと、学校を卒業して

記事を読む

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

米国トランプ次期大統領が決まった今こそ読みたい現代アメリカ社会批評

アメリカ大統領選挙の結果、ヒラリー・クリントンが破れ、ドナルド・トランプが次期大統領に決まった、とい

記事を読む

米国大統領選挙2020を前に|憲法でふりかえるアメリカ近現代史

コロナ禍もあって史上もっとも盛り上がらないと言われている今年のアメリカ大統領選挙だが、副大統領候補が

記事を読む

米国Amazon.com が公表する、アメリカとカナダの Most Well-Read Cities

毎年恒例となった、Amazon.com (および Amazon.ca)が発表する "Most Wel

記事を読む

[若きテクノロジストのアメリカ]宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由

『宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』を読み終えた。少年の頃に天体に

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

愉しく美味しく走ろう!南魚沼グルメマラソンを応援してきた

本日のKindleセール商品は、『ウルトラマラソンマン 46時間ノンストップで320kmを走り抜いた

記事を読む

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

サッカー監督の戦術と采配|究極のファインプレー

7/6水曜にNHKで「サッカーの園〜究極のワンプレー〜ワンプレーに秘め

越後長岡藩の熱い夏|最後のサムライの夢の跡

新潟の長岡はこの夏おおいに盛り上がってます。一つ目の理由は、なんといっ

プロテニスプレイヤーの憂鬱|男女格差と上下格差の歴史と現状

ウィンブルドンテニスで今年も熱戦を繰り広げられるなか、Financia

NHK短編ドラマ・星新一の不思議な不思議な世界

7/4月曜から始まるNHKの短編ドラマは大注目だ。なにしろ、あのショー

国語辞典のお金の秘密|時代を映す大改訂

NHK「有吉のお金発見 突撃!カネオくん」が先週の番組で特集したのが国

2022年ニューヨークタイムズ紙が選ぶ世界の52ヶ所

毎年恒例、ニューヨークタイムズ紙が選ぶ、今年訪れたい世界の場所52ヶ所

今年の入学・進級祝いには、三省堂国語辞典第8版がおすすすめ

今年ももう3月、中学・高校・大学入試も結果が出た人も多いだろうし、これ

今年も確定申告の時期がやってきた|クラウド会計とe-taxで手続きは超簡便に

今年もいよいよ確定申告の時期がやってきた。例年どおり3月15日が提出締

PAGE TOP ↑