*

2020年全豪オープンテニス|ジョコビッチが逆転の粘り勝ちで連続優勝

公開日: : 最終更新日:2020/02/05 スポーツ, データ

実にシビレル試合だった。今年の全豪オープンテニス決勝戦である。ジョコビッチの相手は、若手実力派のドミニク・ティーム。決勝まで勝ち上がるなかで、第1シードのナダルを倒し、同じ若手ライバルのズベレフを退け、初めて辿り着いた決勝の舞台だ。そんな勢いのあるティームに対し、まずは第1セットを取ったジョコビッチだったが、その後2セット連続で落とし後がない。しかし、そこからの粘りと巻き返しが物凄かったワケなのである。生放送にくぎ付けにされた人、多かったよね。そんな二人の激闘は、こちらの試合データ詳細からも伺えるので、ぜひ両者のパフォーマンスを比較してみて欲しい。

 

 

 

そんな激戦を制したジョコビッチは、2年連続の全豪チャンピオンに輝くとともに、世界ランキングも1位に浮上し、文句なしのナンバーワン選手と返り咲いた。グランドスラムの獲得総数も17となり、ナダルの19、そして最多のフェデラー20も、もはや時間の問題と思えるほどの射程圏内だ。

 

しかし、それにしても、このBIG3と呼ばれる3選手のなんと強いことよ。以下の表で過去10年間のグランドスラム歴代優勝を数えても、ジョコビッチが15、ナダルが13、フェデラーが5、そしてマレー3にワウリンカ3、という配分だ。次世代とか若手とか呼ばれる選手の付け入るスキが全くないとは恐れ入る。

 

 

そして、2020年となり最初のグランドスラムの全豪を制したのも、このジョコビッチだったわけだ。彼の活躍はまだまだ続きそうだし、どんなに劣勢でも決してあきらめないあの粘りと食らいつきがある限り、そう簡単に若手の台頭を許すことはなさそうだ。であるならばなおさら、この先もまた、とくにナダルとの頂上決戦と名勝負が期待できそうで、今からワクワクするじゃないか。今年もテニスが面白い。

 

ちなみに、テニスの世界も他のスポーツと同様に、現代においては当然のごとくデータ分析が欠かせない。そんな最先端のトレンドは以前に「スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析」で紹介した通りであり、大変に興味深い取り組みが進んでいる。そのなかにあってテニスは、まだまだデータ分析が遅れているのが現状であり、関連書も以下の “Analyzing Wimbledon” くらいしか見当たらない。だがそれは、逆に言えばこれからのポテンシャルが極めて大きいということでもあり、各選手のこれからのデータ活用が今後のグランドスラムの勝敗も大きく左右するのかも知れない。ぜひそんな観点からもテニスを見て頂きたい。

 

 

The game of tennis raises many questions that are of interest to a statistician. Is it true that beginning to serve in a set gives an advantage? Are new balls an advantage? Is the seventh game in a set particularly important? Are top players more stable than other players? Do real champions win the big points? These and many other questions are formulated as “hypotheses” and tested statistically.

Analyzing Wimbledon also discusses how the outcome of a match can be predicted (even while the match is in progress), which points are important and which are not, how to choose an optimal service strategy, and whether “winning mood” actually exists in tennis. Aimed at readers with some knowledge of mathematics and statistics, the book uses tennis (Wimbledon in particular) as a vehicle to illustrate the power and beauty of statistical reasoning.

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

錦織圭と大坂なおみの全米オープンテニス2019

さて、いよいよ始まった今年の全米オープンテニス。錦織圭は、相手選手の途中棄権があったものの、初戦を無

記事を読む

ラグビー日本代表が強くなった理由|エディー・ジョーンズのコーチング

冬のスポーツ風物詩と言えば、箱根駅伝に加えて高校サッカー、そして大学ラグビーである。そんなラグビーの

記事を読む

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、2022年1月8日に開幕戦を迎えた(

記事を読む

リンクトインのデータに見る、アメリカの新卒採用と転職行動

雑誌WIREDの記事「アップルやグーグル、フェイスブックはどの大学の卒業生を採用しているのか」で紹介

記事を読む

football studium

フットボールの経営学:欧州サッカー・マネーリーグ2014

以前「フットボール・マネーリーグ2013」で紹介した、"Deloitte Football Mone

記事を読む

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、錦織の4回戦、5時間を超える壮

記事を読む

most popular sport in the U.S. is NFL

米国一番人気アメリカン・フットボールの経営学:戦力均衡のリーグ運営

アメリカで最も人気のあるスポーツと言えば、アメフト(NFL)がナンバーワンなのである。野球(MLB)

記事を読む

欧州サッカー・マネーリーグ|今年も首位のバルセロナだけれども

毎年、この時期に楽しみなのが、「デロイトフットボールマネーリーグ」である。世界的な監査法人デロイトが

記事を読む

デロイト・フットボール・マネーリーグ最新版:欧州サッカーチームの経営学

デロイトが最新のレポート "Football Money League 2015" を発表した。これ

記事を読む

メジャーリーグ新時代|アストロズ優勝が示す鮮やか過ぎるデータ革命

先日 NHK-BS で放送された「アストロズ革命~MLBデータ新時代~」がめちゃくちゃ面白かったのだ

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

若き研究者フィギュアスケート町田樹のスポーツ文化論

2022年の冬季北京五輪の開幕も近づいてきた。ウィンタースポーツの代表

ラグビー新リーグ開幕|注目は経営のプロが率いる「静岡ブルーレヴズ」

日本ラグビーのリーグ戦が新たに「リーグワン」として生まれ変わり、202

辞書は時代を映す「かがみ」|新語に強い三省堂国語辞典が8年ぶりの全面改訂

いよいよ登場、国語辞典の大本命、三省堂国語辞典(通称サンコク)の最新第

経済学を学ぶなら読んでおきたい『若い読者のための経済学史』|イェール大学出版局リトル・ヒストリー

以前にも紹介した、イェール大学出版局のリトル・ヒストリーシリーズ。これ

箱根駅伝・青山学院の圧勝で見せつけた原晋監督のマネジメント能力

2022年の箱根駅伝も面白かったですね! レース自体は青山学院の記録づ

東京藝大で教わる西洋美術の見かた|基礎から身につく「大人の教養」

2022年1月3日から、BSイレブンで新番組「東京藝大で教わる西洋美術

今年も箱根駅伝の季節がやってきた

さて、今年もまた箱根駅伝の季節がやってきた。毎回手に汗握るドラマを見せ

人の想いこそが永遠に不滅|キャラクター論で読み解く『鬼滅の刃』

漫画発行部数は一億冊を優に超え、まさに国民的ドラマとなった『鬼滅の刃』

PAGE TOP ↑