*

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

公開日: : オススメ書籍

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になっただろうか。「言葉の海で、心を編む」というサブタイトルで特集されたのが、辞書編纂者・飯間浩明である。

 

“辞書の神様の生まれ変わり”と評される、気鋭の辞書編纂(さん)者・飯間浩明(50)。“言葉ハンター”の異名を取り、街なかやSNSなどで日々生まれる言葉を集める。「黒歴史」「シズル」「鉄板」…時代を映す言葉の数々。その本質を、的確かつ端的に辞書を編む。言葉ひとつひとつに並々ならぬ愛情を注ぐ飯間。国語辞典の改訂に向け、8万語を超える言葉と一身に向き合う男の、知られざる熱き闘いの現場に密着!

 

日本を代表する国語辞典である『三省堂国語辞典』は、新語に強いことが大きな特徴となっている。その背景には、飯間のような編纂者たちが日夜町中に繰り出して拾い集めてきた、生まれたばかりの新しい日本語があるのだ。初代・編纂者の見坊豪紀が述べたように、辞書とは言葉を正す鑑であると同時に、言葉を写す鏡でもあるのだ。そして飯間は、辞書の「鏡」の面に並々ならぬ思い入れを持っている。つまり、それは間違った言葉遣いだと糾弾するのではなく、世相を反映しなるべく多くの言葉を生かしてあげたい、そういう思いなのだ。

 

とくに今回の番組「プロフェッショナル」で取り上げられていた事例が、「的を射る」と「的を得る」の使い方である。一般的には「的を射る」が正しく「得る」は誤用とされてきた。しかし飯間は、これだけ多くの人々が既に使っている「的を得る」という言葉遣いを誤用だと指摘し、言葉を死なせたくないと考える。なんとか生き残らせるために数々の文献にあたり、実は昔も使われていたという根拠を見つけ、そして三省堂国語辞典の第7版にはきちんと掲載したのである(参考:「的を得る」と「的を射る」)。

 

辞書に載せるということは、辞書は鑑という観点から考えると「正しい言葉」として世間から認識される可能性が高い。まだ議論が紛糾している中でこうした決断をくだすことには、さぞ勇気が必要だったことだろう。実際に、改定作業の編集部内でも明確な結論を出せずにいたことを踏まえても、飯間の思いを押し通した形になったのだと思う。それくらい、一つ一つの言葉に対する思いがなくては、辞書編纂は務まらないのだろう。

 

こうした飯間の仕事ぶりはその著書『辞書を編む』でも明らかにされる。とくに街を歩きながらの新語を収集する「言葉ハンター」の狩猟ぶりは大変に印象深く、読むものに新鮮な驚きをもたらす。本書はもちろん、映画もヒットした『舟を編む』にちなんだ書名となっており、辞書改定の実務をかいまみることができる、希少でエキサイティングな一冊だとおすすめしたい。

 

 

そして、それよりも、もっとおすすめしたいのがこの『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』だ。先に書いたように、三省堂国語辞典の初代編纂者にして辞書の神様とうたわれたケンボー先生こと見坊豪紀。彼が当時どのような考えで三省堂国語辞典を新しく立ち上げようとしていたのか、そしてその結果何が起こったのか・・・。「国語辞典業界最大の謎がいま明らかにされる」でも紹介したとおり、本書は実際に起こった、小説よりも希な、実に美しいミステリーなのである。ネタバレはできないので、ぜひご自身で読んでみて、その最大の謎を理解して頂きたい。

 

 

最後に、国語辞典はなにも三省堂だけじゃない、ということを強く言っておきたい。というよりも、辞書はそれぞれ個性がある、というのが重要な点であり、そうしたメッセージを力強く発信しているのが、お笑い芸人サンキュータツオによる実にまじめな一冊『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方」である。これも「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を比較して使い分けよう」で紹介した一冊だが、とっても素敵な内容なので、辞書を選ぶ際にはもちろんのこと、国語辞典についてもっと詳しくなりたいときにはぜひ手に取って頂きたい。辞書ってこんなに個性的で面白いものだったのか、が分かる優れた一冊なのである。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

Kindle電子書籍でわくわく読む、角川書店の初心者向け数学シリーズ

今年はますます電子書籍市場の拡大に拍車がかかりそうだ。「2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

記事を読む

theme park long queue

『ヤバい統計学』とテーマパーク優先パスの価格付け

『ヤバい経済学』の大ヒット以来、『ヤバい社会学』、『ヤバい経営学』と続けてきたこのシリーズ。内容その

記事を読む

puma

スポーツの統計学|データ・サイエンティストたちのゲーム分析

スポーツ界に広がるデータ革命 これまで何度か書いてきたように、スポーツとデータというのはとても相性

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

【おすすめ書籍】ハーバード数学科のデータサイエンティストが明かす恋愛ビッグデータの残酷な現実

アメリカでベストセラーとなった一冊 "Dataclysm" がようやく翻訳出版された。これは人気出会

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

container boxes

プロフェッショナルのコンテナ物語

昨晩ひさしぶりにNHKの『プロフェッショナル 仕事の流儀 』を見た。「港のエース、ガンマンの絆」と題

記事を読む

NHKアニメ『英国一家、日本を食べる』が毎回ハイクオリティで、つい新宿・思い出横丁に飲みに行ってしまった

「大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった」で

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

経済学と統計学のオススメ2冊が半額以下の注目セール

Kindle本日の日替わりセールに、山口慎太郎『「家族の幸せ」の経済学

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証

バッタの大群襲来|書籍『バッタを倒しにアフリカへ』が現実に

以前に「若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い」でも書いたように

今年のM-1優勝はミルクボーイ|松本人志はじめ審査員の採点と評価コメントにこそ大注目

2019年、令和最初のお笑い王座を決める M-1グランプリは、決勝初出

数学者たちの異常な日常|世にも美しき最後の秘境

以前に「あたなの知らない、世にも美しき数学者たちの日常」でも紹介した、

ワールドカップ決勝へ|ラグビー名将エディー・ジョーンズの勝負哲学

ラグビー・ワールドカップが面白い。まったくもってニワカなんですが、ルー

2019年ノーベル経済学賞は開発経済学者3氏と貧困解消に向けた実験的手法に決定

2019年のノーベル経済学賞受賞者が発表された。受賞者は、マサチューセ

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2019年版

今年もまた、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自然科学

PAGE TOP ↑