*

リチャード・マシスン『縮みゆく男』と、名医ブラックジャックにも治せない病

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 オススメ書籍

普段は僕自身読むことも少なく、おすすめする機会もほとんどないフィクションの分野。だけどこれだけは紹介したいという一冊が、このリチャード・マシスンの『縮みゆく男』である。1957年に執筆されたこの作品がKindle電子書籍で待望の復刊というのだから、この機会を見逃すわけにはいかないだろう。

スコット・ケアリーは、放射能汚染と殺虫剤の相互作用で、一日に7分の1インチずつ身長が縮んでゆく奇病に冒されてしまう。世間からの好奇の目、家庭の不和。昆虫なみの大きさになってなお、孤独と絶望のなか苦難に立ち向かう男に訪れる運命とは?2013年6月に逝去した巨匠マシスンの代表作を、完全新訳で25年ぶりに復刊。

 

表紙に描かれていることからも分かるように、奇病によって身長が縮んでいく主人公の前に立ちはだかるのがクモ。 普通の人間サイズならなんてことはないこのクモが、今の主人公にとっては生死を分かつほどに強大な難敵となって行く手を阻む。どう闘うべきか、そして生きる希望はあるのか、そういう絶対的困難を前にした人間の苦悩と運命を描いた物語が、この『縮みゆく男』なのである。

 

photo credit: Cath in Dorset via photopin cc

photo credit: Cath in Dorset via photopin cc

 

普通に読んでも面白い本書に対し、僕がさらなる関心を持ったのは2つの理由からである。一つは、身長が縮んでいくというこの奇病が、手塚治虫の漫画ブラックジャックに出てくるエピソード「ちぢむ!」のモデルになっていると言われているからだ。この回のブラック・ジャックは、身長が日に日に縮んでいく患者を前に為す術がない。万能の天才外科医である彼にしても治せなかった病気というのは、全作を通じても極わずかしか存在しない。その貴重なエピソードがこの「ちぢむ!」であり、そして亡くなった患者を前に、天に向かって「医者は何のためにあるんだ」と叫ぶラストシーンは、この名作ブラック・ジャックの中でも最も印象に残るベストシーンとして歴史を刻んでいる。

 

「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」でも書いたように、ブラック・ジャックには人生を考えさせるような実に含蓄に富んだシーンや台詞が多い。そんな魅力もぜひ合わせて、Kindle手塚治虫コミック配信シリーズで堪能して頂きたい。

 

さて、僕が本書『縮みゆく男』にこだわるもう一つの理由は、今回の復刊の解説を町山智浩が書いているからである。そう、あの、「町山智浩のハズレのない現代米国社会批評シリーズ」で紹介した、あの町山だよ。本職は映画評論家である町山智浩が、本作そして当時のアメリカ社会をどのように解説するのか知りたいというのが、本書を購入したもう一つの大きなモチベーションであった。「青木薫の「訳者あとがき」は、いつも読み応えがある」で書いたように、山形浩生や青木薫は、その訳者あとがきを読みたいというファンが多数存在する稀有な翻訳家である。今回の町山の解説は、僕にとってはそれらと同じように、解説者のネームで読んでみたくなるものだったのである。

 

というわけで、古典的傑作サイエンス・フィクションとなっている本書『縮みゆく男』をぜひとも楽しんで頂きたい。ブラック・ジャックと重ね合わせながらだと、さらに読み応えのあるストーリーだと感じられることだろう。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

roland_fryer

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

photo credit: Chema Concellon via photopin cc

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の完勝に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう。もちろん僕も毎年正月の楽しみと

記事を読む

nhk_dan_ariely

行動経済学者ダン・アリエリー|お金と感情と意思決定の白熱教室

NHK『お金と感情と意思決定の白熱教室』再放送決定 先日放送されたNHK『数学ミステリー白熱教室』

記事を読む

medium_3066666879

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

medium_3249920052

統計学と経済学をまる裸にする

ついにあの "Naked Statistics" に、待望の翻訳が登場。そしてあの "Naked E

記事を読む

chess board

機械 vs 人間:チェス、予測、ヒューリスティック

今回もサッカー・ワールドカップ予想をしている、毎度注目の統計家ネイト・シルバー。その彼の著書『シグナ

記事を読む

summerhouse1s

アメリカで最もお世話になったあの老夫婦がこの夏日本にやって来る

僕が米国留学で一番お世話になったのは、ひょっとすると大学院の指導教授ではなく、むしろアカデミックとは

記事を読む

credit: ehnmark via FindCC

ニッポンの国宝と景観を守る:外国人だけが知っている美しい日本

昨日書いた「キューバに行くなら今が最後のチャンス」の中で、この国の文化と歴史が色濃く残っているうちに

記事を読む

medium_2388310523

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点

また今年も科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。今月から来月にかけては、日本にいる数多く

記事を読む

kuzushi shougi

奨励会三段リーグ|天才少年棋士からプロへの最後の関門

中学生でプロの将棋棋士となったのは、加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明の4人であり、その後も第一

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1611-gentosha
【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【最大50%OFF】幻冬舎電本フェス が期

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

kindle-1605
【Kindleセール】ゴルフ・データ革命ほか、おすすめ6冊

Kindle 今月の日替わりセールが一新されたが、その中での一番のおす

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

PAGE TOP ↑