*

リチャード・マシスン『縮みゆく男』と、名医ブラックジャックにも治せない病

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 オススメ書籍

普段は僕自身読むことも少なく、おすすめする機会もほとんどないフィクションの分野。だけどこれだけは紹介したいという一冊が、このリチャード・マシスンの『縮みゆく男』である。1957年に執筆されたこの作品がKindle電子書籍で待望の復刊というのだから、この機会を見逃すわけにはいかないだろう。

スコット・ケアリーは、放射能汚染と殺虫剤の相互作用で、一日に7分の1インチずつ身長が縮んでゆく奇病に冒されてしまう。世間からの好奇の目、家庭の不和。昆虫なみの大きさになってなお、孤独と絶望のなか苦難に立ち向かう男に訪れる運命とは?2013年6月に逝去した巨匠マシスンの代表作を、完全新訳で25年ぶりに復刊。

 

表紙に描かれていることからも分かるように、奇病によって身長が縮んでいく主人公の前に立ちはだかるのがクモ。 普通の人間サイズならなんてことはないこのクモが、今の主人公にとっては生死を分かつほどに強大な難敵となって行く手を阻む。どう闘うべきか、そして生きる希望はあるのか、そういう絶対的困難を前にした人間の苦悩と運命を描いた物語が、この『縮みゆく男』なのである。

 

photo credit: Cath in Dorset via photopin cc

photo credit: Cath in Dorset via photopin cc

 

普通に読んでも面白い本書に対し、僕がさらなる関心を持ったのは2つの理由からである。一つは、身長が縮んでいくというこの奇病が、手塚治虫の漫画ブラックジャックに出てくるエピソード「ちぢむ!」のモデルになっていると言われているからだ。この回のブラック・ジャックは、身長が日に日に縮んでいく患者を前に為す術がない。万能の天才外科医である彼にしても治せなかった病気というのは、全作を通じても極わずかしか存在しない。その貴重なエピソードがこの「ちぢむ!」であり、そして亡くなった患者を前に、天に向かって「医者は何のためにあるんだ」と叫ぶラストシーンは、この名作ブラック・ジャックの中でも最も印象に残るベストシーンとして歴史を刻んでいる。

 

「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」でも書いたように、ブラック・ジャックには人生を考えさせるような実に含蓄に富んだシーンや台詞が多い。そんな魅力もぜひ合わせて、Kindle手塚治虫コミック配信シリーズで堪能して頂きたい。

 

さて、僕が本書『縮みゆく男』にこだわるもう一つの理由は、今回の復刊の解説を町山智浩が書いているからである。そう、あの、「町山智浩のハズレのない現代米国社会批評シリーズ」で紹介した、あの町山だよ。本職は映画評論家である町山智浩が、本作そして当時のアメリカ社会をどのように解説するのか知りたいというのが、本書を購入したもう一つの大きなモチベーションであった。「青木薫の「訳者あとがき」は、いつも読み応えがある」で書いたように、山形浩生や青木薫は、その訳者あとがきを読みたいというファンが多数存在する稀有な翻訳家である。今回の町山の解説は、僕にとってはそれらと同じように、解説者のネームで読んでみたくなるものだったのである。

 

というわけで、古典的傑作サイエンス・フィクションとなっている本書『縮みゆく男』をぜひとも楽しんで頂きたい。ブラック・ジャックと重ね合わせながらだと、さらに読み応えのあるストーリーだと感じられることだろう。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

medium_87885327

ビル・ゲイツが2013年のNo.1書籍に選んだ『コンテナ物語』

ビル・ゲイツ氏が選ぶ「2013年に読んだ記憶に残る7冊の本」が昨年末何かと話題となったが、その中でイ

記事を読む

shougi_old_board

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の

記事を読む

Doctoral-degrees

博士号だけでは不十分!研究者として生き残るために

先日懐かしく読み返した Economist 誌の記事 "Doctoral degrees: The

記事を読む

Dow-Jones-WSJ125-2

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

shougi denou sen

永世竜王・渡辺明の『勝負心』は、羽生善治に対する尊敬と憧憬と畏怖

『知ってても偉くないUSA語録』と、『Born to Run~走るために生まれた』に続けて、現在のK

記事を読む

medium_3066666879

町山智浩『知ってても偉くないUSA語録』は秀逸な現代アメリカ社会批評

映画評論家の町山智浩をご存知だろうか?そして、彼の秀逸な現代アメリカ観察記をご存知だろうか?そんな週

記事を読む

medium_12154391735

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

the-ball-488718_640

欧州サッカー「データ革命」|スポーツを科学する最前線ドイツからの現地レポート

先日書いた「錦織圭の全豪オープンテニスをデータ観戦しながら応援しよう|IBMのSLAMTRACKER

記事を読む

japanese dictionaries 1

2016年のベストセラー書籍トップ5冊【国語辞典編】

先日まとめた「2016年のベストセラー書籍トップ10冊【一般書籍】」および【英語編】に続き、本ブログ

記事を読む

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project

盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フェルメール盗難事件 史上最大の

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

credit: BrownGuacamole via FindCC
【Kindle特大セール】あの話題の一冊からオモシロ経済学本まで半額キャンペーンでお買い得

現在Amazon Kindle で開催中<全品50%ポイント還元>の「

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

kowai-e
ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

nobel-economics-2017
今年のノーベル経済学賞は「行動経済学」のリチャード・セイラーに

今年のノーベル経済学賞が発表され、行動経済学についての貢献が評価され、

kouba1
「工場の祭典」が今年も新潟・燕三条で開催中

さて、今年も「工場の祭典」フェスティバルの時期がやってきましたね。もう

428px-Johannes_Vermeer_-_Het_melkmeisje_-_Google_Art_Project
盗作と贋作のフェルメール|美術作品にまつわる犯罪史

先日NHK-BS で放送された「アナザーストーリーズ 運命の分岐点『フ

shougi_old_board
NHK探検バクモン「激闘!将棋会館」が面白かった|人工知能時代の天才棋士たち

先日NHKで放送された「探検バクモン」をご覧になっただろうか?「激闘!

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

PAGE TOP ↑