*

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

公開日: : オススメ漫画

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこのマンガ大賞を、今年受賞したのが森薫の『乙嫁語り』だったというのは、2014年のハッピーニュースの一つと言ってもいいだろう。

 

既に読み終えたという方も多いだろうが、中央アジアの遊牧民を主役に据えたこの作品は(現在Kindle版がセール中)、その着眼点のユニークさと、特色あるキャラクター像、そして精緻で精巧な描写が魅力の、超一級のエンタテインメント作品である。僕も一旦読み始めたら途中で止めることができず、思いがけず一気に全巻読破してしまったことを告白せねばなるまい。

 

美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

 

そんな本作の舞台となる中央アジアとは一体どこなのか?それは、作者がマンガ大賞受賞メッセージ(以下イラスト)に寄せているように、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、トルクメニスタン、タジキスタンという、旧ソビエト連邦に属する国家を指す。

 

otoyome-manga-2014

 

 

それにしても、上記の国々の名称に馴染みがない人がほとんどであろう。僕もそうだった、一年前までは。というのは他でもない、「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」でも紹介したように、本学ではこうした中央アジアからの政府派遣留学生が数多く学んでいるのである。僕の授業を受けた学生数はすでに相当数に上るし、実際にいま僕が修士論文を指導している学生の一人もキルギス出身なのである。

 

だから僕にとってこの漫画『乙嫁語り』を読むという行為は、純粋にマンガを楽しむということだけでなく、彼ら留学生の出身国の歴史や特徴を知る手がかりにもなるのである、という言い訳を用意しているところだ(笑)。いずれにしろ、こういう漫画がいま日本で人気があるんだよ、ということは彼らにも伝えたかったし、一方で彼らから見てこうした描写(とくに絵的なもの)はどの程度実感に合っているのか、それがとても気になったので早速聞いてみたのである。

 

結果としては、中央アジアの暮らしをとてもよく捉えている、ということだった。生活の描き方、衣装や絨毯といった細かい小道具の描写に対しても大きな違和感はないというのは、それだけ作者・森薫が「高校生の頃から憧れていた」というこの地域を研究し尽くした上で作品をつくっていることの証だろう。そしてそれはまた、漫画の随所に挿入される作者の創作裏話などにも伺えるものである。

 

僕は今こうした国々からの留学生を教えるという立場にいることがきっかけで本作品に興味をもったのだが、この漫画を楽しみ、そして留学生とその作品について話し、さらには作者・森薫のじつに入念な準備や下書きに始まる創作のインタビューを読み、僕はますますこの作品と作者のファンになってしまったのである。2014年のマンガ大賞受賞という肩書なんてなかったとしても、自信をもっておすすめしたい、そんなとことん素敵な漫画なのである。現在年末大セール中となっている他のKindleコミックの数々と合わせて、ぜひその世界観を味わって欲しい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

shoku-no-gunshi

至高のグルメ(ギャグ)漫画『食の軍師』を、TOKYO MX がまさかのドラマ化

『孤独のグルメ』で新たなグルメ漫画のあり方を提示した久住昌之が、さらなるイノベーションをもたらしたの

記事を読む

manben-urasawa

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1東村アキコ編

NHKでこの秋放送されていた「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっただろうか?これがものすごく面白

記事を読む

tezuka-kindle2

人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ

手塚治虫の名作『ブラック・ジャック』。モグリの医者をダークヒーローとし、命とは、生きるとは、そして金

記事を読む

photo credit: TomFahy.com via photopin cc

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

manben-urasawa

NHK「浦沢直樹の漫勉」シーズン2が今日から始まるよ!|漫画に魂が宿る瞬間

NHKで昨年放送された「浦沢直樹の漫勉」という番組をご覧になっていただろうか?再放送もされていたので

記事を読む

tezuka-kindle2

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

medium_8603078776

おすすめKindleコミック『ナナのリテラシー』に待望の第2巻が登場!漫画家・鈴木みそはキンドル界のスーパースター

鈴木みそという名前の漫画家が一体全体どれくらい知られているのか、コミックに詳しくない僕には未だよく分

記事を読む

2015-12-23 09.59.43

中央アジアとシルクロードを舞台にしたおすすめの漫画『乙嫁語り』の細かい描写が素晴らしい

ついに出ましたね、『乙嫁語り』最新第8巻。今回はパリヤさんの結婚物語。いやぁ今回も楽しく読ませて頂い

記事を読む

shimakosaku

Kindle版が無料だったので、ものすごく今更だが漫画『島耕作』シリーズを読んでみた

最も有名なサラリーマン漫画といってもいいだろう『島耕作』シリーズ。僕自身はまったく読んだことなかった

記事を読む

manben-saito

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

6550520_64aeb7bd3c
英語をイメージと塊で捉える『英会話イメージリンク習得法』

先日放送されたテレビ番組「情熱大陸」の主役は、通訳者・橋本美穂。ピコ太

PAGE TOP ↑