*

おすすめKindleコミック『乙嫁語り』は2014年のマンガ大賞受賞作

公開日: : オススメ漫画

2008年に始まったマンガ大賞。ご存知でしょうか?過去には錚々たる作品がノミネートされ受賞しているこのマンガ大賞を、今年受賞したのが森薫の『乙嫁語り』だったというのは、2014年のハッピーニュースの一つと言ってもいいだろう。

 

既に読み終えたという方も多いだろうが、中央アジアの遊牧民を主役に据えたこの作品は(現在Kindle版がセール中)、その着眼点のユニークさと、特色あるキャラクター像、そして精緻で精巧な描写が魅力の、超一級のエンタテインメント作品である。僕も一旦読み始めたら途中で止めることができず、思いがけず一気に全巻読破してしまったことを告白せねばなるまい。

 

美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

 

そんな本作の舞台となる中央アジアとは一体どこなのか?それは、作者がマンガ大賞受賞メッセージ(以下イラスト)に寄せているように、カザフスタン、ウズベキスタン、キルギス、トルクメニスタン、タジキスタンという、旧ソビエト連邦に属する国家を指す。

 

otoyome-manga-2014

 

 

それにしても、上記の国々の名称に馴染みがない人がほとんどであろう。僕もそうだった、一年前までは。というのは他でもない、「あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国」でも紹介したように、本学ではこうした中央アジアからの政府派遣留学生が数多く学んでいるのである。僕の授業を受けた学生数はすでに相当数に上るし、実際にいま僕が修士論文を指導している学生の一人もキルギス出身なのである。

 

だから僕にとってこの漫画『乙嫁語り』を読むという行為は、純粋にマンガを楽しむということだけでなく、彼ら留学生の出身国の歴史や特徴を知る手がかりにもなるのである、という言い訳を用意しているところだ(笑)。いずれにしろ、こういう漫画がいま日本で人気があるんだよ、ということは彼らにも伝えたかったし、一方で彼らから見てこうした描写(とくに絵的なもの)はどの程度実感に合っているのか、それがとても気になったので早速聞いてみたのである。

 

結果としては、中央アジアの暮らしをとてもよく捉えている、ということだった。生活の描き方、衣装や絨毯といった細かい小道具の描写に対しても大きな違和感はないというのは、それだけ作者・森薫が「高校生の頃から憧れていた」というこの地域を研究し尽くした上で作品をつくっていることの証だろう。そしてそれはまた、漫画の随所に挿入される作者の創作裏話などにも伺えるものである。

 

僕は今こうした国々からの留学生を教えるという立場にいることがきっかけで本作品に興味をもったのだが、この漫画を楽しみ、そして留学生とその作品について話し、さらには作者・森薫のじつに入念な準備や下書きに始まる創作のインタビューを読み、僕はますますこの作品と作者のファンになってしまったのである。2014年のマンガ大賞受賞という肩書なんてなかったとしても、自信をもっておすすめしたい、そんなとことん素敵な漫画なのである。現在年末大セール中となっている他のKindleコミックの数々と合わせて、ぜひその世界観を味わって欲しい。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

山に登るということ:登山と遭難とそして救助

2008年のマンガ大賞にも選ばれた、山岳漫画『岳』。いまさら言うまでもないが、これものすごく胸を打つ

記事を読む

宗教と科学の壮大な人間ドラマ|漫画『チ。―地球の運動について―』がめちゃくちゃ面白い

第1集が出版されたときから異色の傑作漫画になると思って注目してきた『チ。ー地球の運動についてー』が、

記事を読む

中央アジアを舞台とした傑作漫画『乙嫁語り』|最新刊の精緻な描写が素晴らしい

待望の『乙嫁語り』の最新第10巻が発売された。さっそく読んだのだが、これまた素晴らしい生活描写と風景

記事を読む

NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1『ゴルゴ13』さいとう・たかを編

先日「NHK「浦沢直樹の漫勉」がおもしろい|シーズン1「東村アキコ」編」で書いたように、現代の人気漫

記事を読む

amazon box

Amazonキンドルが広げたコミック市場:ふだん漫画を読まない僕が鈴木みそにハマった

昨年Amazon キンドルを買って以来、もう完全に手放せないアイテムとなっているのだが、その最大の理

記事を読む

人生で大切なことは『アドルフに告ぐ』にも学んだ

先日「人生で大切なことはブラック・ジャックに学んだ」と言った舌の根も乾かぬうちに訂正させてくれ。『ア

記事を読む

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる「作者の意図は?」といった問い

記事を読む

父親の経済力と母親の狂気で決まる中学受験|異端の問題作『二月の勝者』がおもしろい

激変する受験界に舞い降りた、最強にして最悪のスーパー塾講師を主人公に据えたドラマ『二月の勝者』がいよ

記事を読む

刑務所の医師不足と漫画『ムショ医』

先日のNHK News Web でも報道された通り、現在日本の刑務所における医者不足が極めて深刻な問

記事を読む

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」でも紹介していたように、 宇宙

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

卒業・入学おめでとうキャンペーン|80年記念の新明解国語辞典で大人の仲間入り

今年もまた合格・卒業、そして進級・進学の季節がやってきた。そう、春は

食の街・新潟県南魚沼|日本一のコシヒカリで作る本気丼いよいよ最終週

さて、昨年10月から始まった2022年「南魚沼、本気丼」キャンペーン

震災で全村避難した山古志村|古志の火まつりファイナルを迎える

新潟県の山古志村という名前を聞いたことのある人の多くは、2004年1

将棋タイトル棋王戦第3局|新潟で歴史に残る名局をライブ観戦してきた

最年少記録を次々と塗り替える規格外のプロ棋士・藤井聡太の活躍ぶりは、

地元密着の優等生|アルビレックス新潟が生まれたサッカーの街とファンの熱狂

J2からJ1に昇格・復帰したアルビレックス新潟が今季絶好調だ。まだ4

【速報】ついに決定|14年ぶりの日本人宇宙飛行士は男女2名

先日のエントリ「選ばれるのは誰だ?夢とロマンの宇宙飛行士誕生の物語」

3年ぶりの開催|シン魚沼国際雪合戦大会で熱くなれ

先週末は、コロナで過去2年間見送られてきた、あの魚沼国際雪合戦大会が

国語の入試問題なぜ原作者は設問に答えられないのか?

僕はもうはるか昔から苦手だったのだ。国語の試験やら入試やらで聞かれる

PAGE TOP ↑