*

今年買って本当に良かったモノ:暮らしを豊かにするホーム・アイテム5選

公開日: : 最終更新日:2014/12/21 オススメ

先日の「今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選」に続いて、ホーム編で今年買ったベストアイテム5選を紹介しよう。

 

ダイソン製ベッド布団用ハンディクリーナーが想像以上の破壊力だった

ダイソン社の公式ウェブサイトでも「最強のベッド・布団用ハンディ・クリーナー」と紹介されているこの製品が、文字通り最強にして最高のアイテムでした!まずは下の写真のように構える。あとはベッドや布団に吸口を当てて、ガガガッーと吸い取る。というだけの実にシンプルな操作なのだけれども、ものすごい騒音がして一瞬ビビる。だけど、慣れるとこれがまた心地良いんだよね、まとめて一気にゴミが取れてるようでね。

 

2014-12-07 16.08.41

 

 

しかも、実際にクリーナーをかけ終わった後の写真が下にある通りだ。ダイソンお得意の透明ケースによって、吸い取ったゴミやホコリが一目瞭然。それと同時に、その余りにもリアルな様に愕然とする瞬間でもある。自分は今までこんなにも汚いベッドに寝ていたのかと・・・。

 

2014-12-07 16.09.19

 

 

さらに、この製品のスゴさは、上の写真のように目に見える効果だけではないのである。なんと、クリーナーをかけ終わった後のベッドがとっても気持ちよいのである。クリーナー前とは見違えるほどにマットの弾力が回復しており、言うまでもなく寝心地も素晴らしいまでに改善しているのだ。

 

こんなことなら本製品を、もっと早くに買っておけばよかったという後悔。とくにベッドは布団と異なり、マットを干すという機会がほとんどない。布団であっても冬の間はなかなか外に出しにくいという日も多いだろう。そんな季節だからこそ、このベッド・布団クリーナーが想像以上に役に立つのである。間違いなく、今年もっとも買ってよかったと思えるホーム・アイテムである。ちょっぴり値が張るけれども、それだけの価値がある超おすすめの逸品だ。年末の大掃除にぜひどうぞ。

 

 

 

対流型のコロナ石油ヒーターで身も心も暖かくなる直火の魅力

寒いですね、冬ですね、ここ新潟県南魚沼はもう一面の銀世界ですよっ!昨年と同様に、消雪パイプの稼働も始まり、除雪隊の活躍も続いている。

 

2014-12-08 13.25.36

 

 

というわけで、今年は暖を取るのに石油ストーブを買ってみたのである。エアコンはあの空気の流れがどうしても好きになれないんでね。そして選んだのがこのコロナ製の対流型石油ストーブ。なんといってもデザインが素敵。昔ながらの石油ストーブもまだ売っているけれど、それらと比較するとこのモダンで洒落たデザインは抜きん出ていると思う。オフ・ホワイトの色合いも暖かみが増すというものだ。

 

それでいてなんと、当たり前なんだけど、このストーブめちゃくちゃ暖っかいじゃないか!この製品の強みは、下写真を一目見て分かるように、ストーブが円筒形になっているところ。つまり、その周囲360度が温まるんですよ!だから、部屋の真ん中に置いておくだけで、どれだけあったかいことか。そのくせ邪魔にならないこのデザイン性。うーむ、実によく考えられ設計されていると思う。さらには、ストーブの中でメラメラと火が灯っているのもいい。こんなことなら、この石油ストーブも昨冬のタイミングで買っておけばよかった・・・。そんな冬の風物詩ともなりそうな実に味のある製品で、心もほっこりします。オススメ。

 

 

 

iPhone ケース:パワーサポート製エアージャケットがサイズぴったりで高品質

iPhone 6 に乗り換えてから、新しいサイズに合うケースを探していたのだが、「iPhone 6 ケースとして超おすすめできる、パワーサポート製エアージャケット」で詳述したように、このエアージャケットがベストという結論に達した。

 

iphone6-1

 

 

このケース、実にクオリティが高いのである。できるだけギリギリの範囲まで携帯本体をカバーできるように設計されているため、携帯上部や横にあるスピーカや各種ボタンまでが、ぴたりとフィットするデザインなのだ。

 

iphone6-3

 

 

これは iPhone 付属の、Apple 純正の携帯カバーなんじゃなかろうか、と思ってしまうくらいの高品質。買って満足、触って満足、そしてもちろん携帯に被せて大満足の、iPhone 6 ケースなのである。いちおしです。

 

 

 

コーヒー豆挽きがあるだけで毎日の暮らしがどれだけ豊かになることか

僕はコーヒーが好きだ。ジャンキーと言ってもいいだろう。そういう人にとっては、香り高いコーヒーを毎朝飲めるだけでハッピーになってしまうのである。その意味で、今までの僕の毎日はアンハッピーだったと言わざるを得ない。だって、店で既に挽いてもらった豆を買ってきて、残念なまでに香りの飛んでしまったコーヒーを飲んでいたのだから。だが、今は違う。毎朝コーヒー豆を挽いて、フレッシュな香りを楽しんでいるのだ。なんと素晴らしい一日の始まりだろうか!

 

2014-12-13 17.07.27

 

 

しかも、コーヒー豆なんていうのはスタバでも買えるし、より専門的な珈琲店に行けばより多くの種類のコーヒー豆の中から選ぶことができる。とくに赤道周辺の通称「コーヒーベルト」では、世界で多様なコーヒー豆が栽培されており、そういう正に豆知識を得ていくことも楽しみの一つだったりするわけだ。朝のコーヒーの香りがあるだけで幸せになれるんだから、グラインダーなんて本当に安いもんでした。

 

 

 

ガーミンのカーナビにGPS地図ソフトを追加すれば海外レンタカーも怖くない

今年の夏はひさびさにヴァカンスな気分を満喫してきた。まず到着したのが南仏ニース。実にいいところだ、歴史的に数多くの人たちから愛されてきたこの欧州リゾート地の素晴らしさを初めて実感した。

 

IMG_0751

 

 

そしてニースを発ち、コート・ダジュールを駆け抜け、プロヴァンスを巡った果てに辿り着いた、食の街リヨン。美味しい地元食材に舌鼓を打つと同時に、ここに至るまでのプロセスも大満喫できる旅行コースとなったのである。
IMG_0986

 

 

そのお供となってくれたのが、ニースでレンタカーした最新型プジョー308だった。馬力があって速度も出て、高速道路も綺麗に整備されていたものだから、ものすごく快適なドライブ旅となったのである。リヨンで返却するのがあまりにも惜しくなってしまい、思わずそのままパリまで疾走したくなったほどだった。

 

IMG_0860

 

 

そんなドライブ旅行の最大の強みは、バスや電車では行きにくい田舎の町や村をも気軽に訪れることが出来ることだ。これはとくにフランス南部の地方を旅行する際にはとても大きなメリットとなった。ツアー旅行には興味が無いけれど、かといって自由旅行で行くとなるとあまりにも不便で時間がかかり過ぎる。そんな悩みを一気に解決してくれるのが現地でのレンタカーだ。

 

今ではカーナビがあるため、海外でのドライブも実に簡単・快適。ただし、そのカーナビレンタル費用が結構高いのである。ある程度の日数レンタルするならば、新品のカーナビ本体を買ったほうが安く済んでしまうほど。だから今回僕が選んだのは、自分が日本国内で使っているガーミン(GARMIN)のカーナビをフランスに持参するということと、ヨーロッパ国内のGPS地図として以下のソフトを利用するということだった。これがまじで大正解。レンタカー会社からカーナビ本体を借りるよりもずっと安く、かつ何の問題もなく、フランス南部周遊を思い切り楽しんできたのである。しかもこれ、ヨーロッパ全土の地図が入っているもんだから、次回フランス以外の国に行く時にも使えるというお得度。最高です!

 

 

 

photo credit: Τϊζζ¥ via photopin cc

photo credit: Τϊζζ¥ via photopin cc

 

というように、以上が僕が今年買った、いちおしホーム・アイテムの数々である。こういうちょっとしたアイテムがあるだけで、日々の暮らしがずっと豊かになる、そんな製品を開発してくれた方々に感謝。そして今年も来年も、happy shopping!

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

Amazonプライムを利用して話題のWOWOW「連続ドラマW」を見る|無料キャンペーン実施中

いまWOWOWドラマが面白い 圧倒的に質が高い大人のための本格作品 これまで何度も紹介してきたよ

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

『下町ロケット』含めたWOWOW「連続ドラマW」が無料で視聴可能|Amazonプライム・ビデオが作品拡充

いまWOWOWドラマが面白い なんと、Amazonプライム・ビデオにWOWOWの人気「連続ドラマW

記事を読む

[NHK今夜再放送]伝説のチェスプレーヤー・ボビーフィッシャーの闘い

先日は、最強の将棋棋士・羽生善治が、チェスの元世界王者ガルリ・カスパロフとハンデ無しの勝負をして大き

記事を読む

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

Amazon買取サービスが面白い|古本業者にとっての新たな脅威

この秋の大きな話題の一つとして、動画配信サービスを各社が一斉に開始したことが挙げられるだろう。各種報

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

クラウドソーシングを使って優秀なリサーチアシスタントを早く安く簡単に探す

英語論文の校正にかかる費用と時間というのは、多くの研究者を悩ませるところだろう。安くて早くて質のいい

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

あの伝説の一戦「3連勝4連敗」から9年|羽生善治・永世七冠誕生

2017年12月5日、長い将棋の歴史に新たな偉業が刻まれた。羽生善治が

【Kindleセール】おすすめ高価格ノンフィクションが半額キャンペーン

現在実施中の 【50%OFF】日経BP社キャンペーンでは、経済書からサ

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こ

japanese igo
囲碁タイトル7冠同時制覇|井山裕太と師匠・石井邦生が創りだした盤上の宇宙・独創の一手

すごいな、井山裕太。大きなニュースとなったことで、囲碁ファン以外にも伝

ゾクゾクするほどコワい人間のココロ|「怖い絵展」にもう行きましたか?

アートファン待望の「怖い絵展」が、いよいよ上野の森美術館で始まった。既

PAGE TOP ↑