*

マッサン・ブームに乗っかって、ウィスキー「余市」を飲んでみた:今まで飲まず嫌いでごめんなさい

公開日: : 最終更新日:2015/08/20 オススメ, オススメ書籍

ニッカウヰスキーの創業者・竹鶴政孝と、その妻リタをモデルとしたNHKの朝ドラ「マッサン」が面白い。いままで朝ドラなんて全然見たことなかったのだけれども、アメリカで「あまちゃん」を見てからすっかりはまってしまい、その後も「ごちそうさん」に「花子とアン」を経て現在の「マッサン」まで見続けているというわけなのだ。

 

その「マッサン」を見て、いまウィスキーが一大ブームとなっているらしい。とくにニッカでは生産が追いつかないほど注文が入っているほか、競合のサントリーも大幅増産の予定だという(産経新聞)。しかしながら、以前にも書いたように、僕はどちらかというとビールと日本酒を好んで飲んできたため、今までウイスキーなんて飲んだことがなかったのである。

 

だがしかし、このドラマ「マッサン」の面白さと、それが生み出した現在のウィスキー・ブームは見過ごせない。というわけで、そんな空気に思い切り乗っかって、僕もウィスキーを飲んでみようと思うに至ったのである。

 

photo credit: djwtwo via photopin cc

photo credit: djwtwo via photopin cc

 

そしてさっそく読んでみた(注:飲んでみた、ではない)。まずはニッカ創業者の竹鶴政孝の著書『ウイスキーと私』(現在Kindle版セール中)を読み、その魂に触れると同時に、今まで飲もうとも思わずにごめんなさいと謝罪する。ちなみに本書は竹鶴政孝の自伝であるが、これまではニッカウヰスキー株式会社が発行した単行本(非売品)としてしか存在していなかった著書を、今回のドラマ放送に合わせてNHK出版が改訂復刻したもの。グッジョブ!

 

 

本書『ウイスキーと私』の中では竹鶴政孝の宿命的なウイスキー人生が実に気持ちよく語られる。ウイスキーとの遭遇に始まり、スコットランド留学という幸運、そして妻となる女性リタとの運命的な出会いと湖畔で誓い合った二人の将来。帰国後は寿屋(後のサントリー)の山崎工場長として日本初のウイスキーづくりに腕を振るうが、やはり自分が信じる最高品質のものをつくりたいという思いは抑えられずに寿屋を退社する。そして北海道余市に大日本果汁(後のニッカ)を立ち上げ、当初のジュース生産販売を経て、ついにニッカウヰスキーを世に送り出す。

 

苦労と努力の物語なのに、それが全く悲壮さを漂わせていないのは、竹鶴政孝が持つ陽気で豪放磊落な性格のためであろう。北海道でも自ら野菜をつくり、山に出ては熊を狩り、海に出ては大魚オウヨを釣り上げる。実に楽しそうに人生を送っている姿に、読んでいるこちらの気持ちまでぐっと明るくなってくる。ニッカウヰスキーを飲む前に、いやもちろん飲んだ後にでも、ぜひとも読んで欲しいと思えるほどに、本書『ウイスキーと私』は素晴らしい創業者自伝となっている。書籍版は現在のブームで早くも在庫切れとなっているのだが、こういうときにこそ、品切れなどせず価格も安い電子書籍の便利さと優位性を改めて感じるというものだ。

 

 

そしてもう一冊読んでみた(注:まだ飲んでいない)。それが、創業者・竹鶴政孝の孫にあたる竹鶴孝太郎による『ウイスキーとダンディズム:祖父・竹鶴政孝の美意識と暮らし方』だ。孫の目から見て、竹鶴政孝とはどのような人物だったのかが語られるというのは、それだけで大変に興味深い。自伝と読み合わせることでより立体的に、政孝の姿が浮かび上がってくる。

 

 

本書を読んで個人的に印象に残ったことが二つある。1つ目は、「ダンディな人たらし」と孫が述べるように、竹鶴政孝の周囲からの愛され方である。しかし政孝の自伝を読んでも分かるように、こんな人物に惚れるなという方が無理な注文であろう。それくらい魅力的な人物だったのだ。そして2つ目は、竹鶴政孝と白洲次郎を並べて語っているところ。この二人に交流はなかったようだが、ほぼ同時期にイギリスに留学し、そして両者ともにダンディズムとプリンシプルの人であった。孫の竹鶴孝太郎でなくとも、この二人が直接会うシーンなどは誰もが想像してみたくなる光景なのである。

 

ただし、僕個人としては、白洲次郎とではなく、星一と竹鶴政孝を並べてみたくなった。「若き起業家のアメリカ」や、「明治の国づくりと人づくり」でも書いたように、星製薬の創業者(にしてSF作家・星新一の父)である星一も、明治の時代に海外へ出て、そして帰国後は自分が信じる事業に邁進した。その星一の猪突猛進な姿勢と、周囲から大いに愛された人柄、そして何よりも自分の事業を通じて国をそして人びとの暮らしを豊かにしたいと願ったその気持ちは、ウイスキーづくりに一生をかけた竹鶴政孝と相通づるものがあると言えるだろう。

 

 

というわけでここまで来るのに思わず時間がかかったが、上記二冊を読み終えて今ようやく、ようやくそのシングルモルトウイスキー「余市」に口をつけることになりました!結果、リーズナブルな価格で旨いじゃあないか。竹鶴さん、今まで飲まず嫌いで本当にごめんなさい。

 

nikka-yoichi

 

 

こうして僕は、NHK朝ドラ「マッサン」のブームに便乗してニッカウヰスキー創業者の竹鶴政孝の物語を読み、そして口にした初めてのウイスキーで、きっちりファンになってしまったのである。駆け出し初心者ではあるものの、次はぜひ「竹鶴ピュアモルト」を頂いてみたいと思う。そして続けて、竹鶴政孝が初代工場長として手腕を発揮したサントリー「山崎」へと飲み進めていこう。しかもタイミングよく先日は、サントリーの「山崎」が世界最高のウィスキーと評価されたというニュース(朝日新聞)。いまウイスキー業界がものすごく盛り上がっているようだ。ぜひ飲もうじゃないか。

 


 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

sushi-and-beyond

大ヒット『英国一家、日本を食べる』がなんとNHKでアニメ化|初回放送が予想以上におもしろかった

ちょっと前に『英国一家、日本を食べる』という本が、その続編「ますます食べる」も含めて大きな話題となっ

記事を読む

shougi_old_board

永世竜王・渡辺明の『勝負心』と、あきらめたらそこで試合終了だよ

渡辺明の新著『勝負心』を読み終えたところなのだが、これが実に面白かった。「羽生世代」に続く、将棋界の

記事を読む

ted-megan-washington

[TEDトーク]教科書になるプレゼン|吃音のミュージシャンが語る私の言葉

NHK Eテレで放送されている「スーパープレゼンテーション」をご覧になっている人も多いことだろう。そ

記事を読む

medium_12154391735

人はなぜ走るのか?を問う『Born to Run~走るために生まれた』は、米国ランナーのバイブル

米国で異例のベストセラーとなり、何度目かのランニング・ブームを引き起こした一冊『Born to Ru

記事を読む

photo credit: marcoderksen via photopin cc

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

photo credit: Andrew from Sydney via photopin cc

今年買って本当に良かったモノ:仕事の生産性を高めるオフィス・アイテム7選

今年もいよいよ年の瀬。この一年、仕事に関連するオフィス・アイテムを色々と買った中で、これは最高!と思

記事を読む

519irztjoil

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

us-open-2016-wowow

錦織圭の全米オープンテニスをデータ生中継で応援しよう|初のグランドスラム優勝を目指して

全米オープンテニスに出場している錦織圭が見事に4回戦を突破し、2年ぶりのベスト8進出を決めた。ビッグ

記事を読む

2015-01-04 12.27.12

春の入学・進級・入社シーズンに絶対おすすめの国語辞典3選

3月は日本全国いたるところで卒業式が行われる。小学校を卒業して中学生になれば電車もバスも大人運賃だ。

記事を読む

echigo-tsumari-2015-2

3年に一度のアートの祭典|越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」は今週末まで

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」でも紹介したように、今年は三年

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

kindle-1611-gentosha
【Kindle特大セール】幻冬舎の電子書籍が半額以下の大キャンペーン|おすすめ8作品

幻冬舎による大型キャンペーン【最大50%OFF】幻冬舎電本フェス が期

medium_2388310523
誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2017年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

kindle-1605
【Kindleセール】ゴルフ・データ革命ほか、おすすめ6冊

Kindle 今月の日替わりセールが一新されたが、その中での一番のおす

medium_8822210920
辺境ライター高野秀行の原点『ワセダ三畳青春記』の「野々村荘」こそ日本最後の秘境

「高野秀行はセンス抜群の海外放浪ノンフィクション作家」にも詳しく書いた

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

PAGE TOP ↑