*

赤瀬川原平『新解さんの謎』と『辞書になった男』:いま日本で最も売れている「新明解国語辞典」の誕生秘話

公開日: : 最終更新日:2016/11/27 オススメ書籍

これまで何度か、各種おすすめ国語辞典のそれぞれの個性について書いてきたが、その中でも最も「個性的」なのはやはり三省堂の『新明解国語辞典』であろう。そんなクセのあるこの辞書が、いま日本で最も売れている国語辞典というのだから面白い。そして、その人気に火を付けたのが、赤瀬川原平の『新解さんの謎』であるというのは、もはや疑いようがない歴史である。

 

そんな『新解さんの謎』をまだ読んでいないならば、ぜひご一読を。なぜこれほどまでに新明解国語辞典が愛されているのか、その謎が腹に落ちるように分かる一冊なのだ。「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方」でも紹介したとおりだが、「恋愛」や「実社会」そして「公僕」といった言葉が新明解ではいかにユニークに定義されていることか。それを踏まえ本書『新解さんの謎』では、一体どういうモチベーションでそのような語釈となっているのかを、おもしろおかしく推論していくのである。

辞書の中から立ち現れた謎の男は、魚が好きで苦労人、女に厳しく、金はない――。「新解さん」とは、はたして何者か?三省堂「新明解国語辞典」のページをめくると、あなたは濃厚な言葉の森に踏み込んでしまう。【恋愛】【合体】【火炎瓶】【浮世】【動物園】……数々の、あまりに親切な定義に抱腹絶倒しながらも、「新解魂」に魅せられていく、言葉のジャングル探検記。

 

 

赤瀬川原平の鋭い視点により、明らかな人格を有することが発見された史上初の国語辞典、それがこの新明解なのだ。これ以降そのパーソナリティに敬意が表され、辞書なのに「新解さん」と “さん” 付けで呼ばれるなんて、日本の他の辞典はおろか世界中探したって見つからないだろう。

 

しかし、本書『新解さんの謎』でも明らかにならないのは、一体全体なぜ、どういう経緯でこの国語辞典がかようなパーソナリティを持つようになったのかということ。その最後にして最大の謎に回答を与えたのが、「国語辞典を選ぶならこの3冊がおすすめ」でも紹介した近年稀にみる傑作ノンフィクション『辞書になった男 ケンボー先生と山田先生』だったのである。

2013年にNHKBSで放映され、ATP賞最優秀賞(情報・バラエティ部門)に輝いた、『ケンボー先生と山田先生~辞書に人生を捧げた二人の男』がついに書籍化!辞書は小説よりも奇なり。 これはことばに人生を捧げた二人の男の物語です。『三省堂国語辞典』と『新明解国語辞典』を知っていますか? 両方合わせて累計三千万部の国民的ベストセラーです。お世話になった人、なっている人も多いでしょう。でも、この二冊を書いた見坊豪紀(ひでとし)と山田忠雄のことはほとんど知られていません。この二人、実は東大の同期生。元々は二人で一冊の辞書を作っていました。その名は『明解国語辞典』。戦時中に出されたその辞書は字引の世界に新たな新風を吹き込みました。戦後も二人の協力関係は続きますが、次第に己の理想を追求して別々の道を歩みはじめ、見坊は『三省堂国語辞典』を、山田は『新明解国語辞典』(赤瀬川原平さんの『新解さんの謎』でブームとなった辞書です)をほぼ一人で書き上げることになりました。一冊の画期的な辞書を作った二人の人生が、やがて戦後辞書史に燦然と輝く二冊の辞書を生みだすことになったのです。しかし――。『新明解』が出された一九七二年一月九日。 ついに二人は訣別のときを迎えます。以後、二人は会うことはありませんでした。一冊の辞書がなぜ二つに分かれたのか? 二人はなぜ決別したのか? 二人の人生をたどりながら、昭和辞書史最大の謎に迫ります。

 

これは、本当にスゴい一冊だった。東大同級生にして同じ辞書の編纂に情熱を注いだ見坊と山田。しかし、二人の天才が一つの作品を作り上げることは叶わず、中途で仲違いした結果生まれたのが『三省堂国語辞典』と『新明解国語辞典』だった、というわけなのだ。

 

 

その後「新解さん」と呼ばれるようになった『新明解』の山田は、なぜ見坊と決別したのかについて、終生語ることはなかった。あの年の一月九日に二人の間に何があったのか、それはもう永遠に解くことの出来ないミステリー、そう誰もが思っていた謎についに回答を発見したのが本書であり、その元となったNHKのドキュメンタリーだったのだ。しかもその手がかりが、なんとあの「新解さん」こと『新明解国語辞典』の語釈の中にあったなんて!という衝撃の展開には、まさに「辞書は小説よりも奇なり」としか言いようがない。ここでネタバレはしたくないので、ぜひこれは珠玉のミステリーとして読んで頂きたい。

 

最後に、「学校で教えて欲しいおすすめ国語辞典の選び方・使い方・遊び方:複数の辞書を比較して使い分けよう」でも書いたことだが、クセのある辞書というのは何もこの「新解さん」に限った話ではない。どの辞書にも個性と特徴があり、だからこそそれらの違いを十分に理解した上で、目的と用途に合わせて辞書を選ぶ必要があるのだ。国語辞典なんてどれも一緒、では全くないのだから。そして、それをとても優しく面白く解説してくれるのが、国語辞典芸人ことサンキュータツオの『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』である。

 

国語辞典コレクターの著者がその知識と経験をぞんぶんに活かして、現在日本で販売されている多種多様な国語辞典のそれぞれの個性と愛嬌を、それこそ愛情たっぷりに解説するという素晴らしい内容となっている。国語辞典を買う前に、ぜひ本書でも各種辞典の特徴を掴んでもらいたい。「新解さん」以外にもこんなにも表情豊かな国語辞典があったのかと驚くこと請け合いだ。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

【超おすすめ】サンキュータツオの名著『学校では教えてくれない!国語辞典の遊び方』が待望の文庫化

あのサンキュータツオをご存知だろうか?早稲田大学大学院文学研究科の博士課程に学び、一橋大学で非常勤講

記事を読む

論文捏造はなぜ繰り返されるのか?科学者の楽園と、背信の科学者たち

先週は、小保方晴子氏の論文「学位取り消しに当たらず」(NHK)との報道が新たな議論を引き起こしている

記事を読む

スコット・ジュレク『EAT & RUN』は、世界各地を走り尽くし、食べ尽くし、そして語り尽くした名著

ベストセラー『EAT & RUN 100マイルを走る僕の旅』は、とくにランナーにはおすすめ。

記事を読む

新中学生・高校生から新社会人にまでおすすめする国語辞典4選|辞書それぞれの個性を理解して選ぼう

中学生・高校生から新社会人まで必須アイテムとしての国語辞典 この4月から中学校・高校・大学に入学し

記事を読む

人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった。しかしそれを文字通り、自分が

記事を読む

越後妻有アートトリエンナーレ「大地の芸術祭」|おすすめの読むべき4冊と訪れるべき5ヶ所

「今年の夏は「大地の芸術祭」越後妻有アートトリエンナーレへようこそ!」で紹介したように、今年は3年に

記事を読む

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の3連覇に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう。もちろん僕も毎年正月の楽しみ

記事を読む

kuzushi shougi

最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士となってから、これまで29連勝

記事を読む

「貧困不良少年」が経済学のスターになった!

という東洋経済オンラインの記事。取り上げているのはハーバード大学経済学部教授のローランド・フライヤー

記事を読む

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも書いたように、2017年の受賞

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

research proposal
科研費採択された研究者におすすめの2つのサービス|クラウドを利用して研究・事務作業を効率化する

科研費で利用したい研究効率化のための2つのサービス さて先日は、今年

科研費およびその他の研究費管理には、クラウド会計がびっくりするほど超便利

さて先日は、今年度下半期の科研費採択プロジェクトが通達された。経済学を

誰も教えてくれない、科研費に採択されるコツを公開|研究費獲得に向けた戦略的視点2018年版

今年も9月になり、科学研究費助成事業(科研費)の締切が近づいてきた。自

全米オープンテニス|錦織がフルセットを制して準決勝進出

日本時間早朝の全米オープンテニス生中継を観戦したみなさま、お疲れ様でし

グランドスラム初優勝を目指す錦織と大坂|データで観戦する全米オープンテニス

現在熱戦が繰り広げられている今年の全米オープンテニス、錦織圭と大坂なお

今からでも遅くない「行動経済学がわかるフェア」

「今年のノーベル経済学賞は『行動経済学』のリチャード・セイラーに」でも

辞書編纂者・飯間浩明の仕事の流儀プロフェッショナル

先日NHKで再放送された「プロフェッショナル仕事の流儀」をご覧になった

ジョジョの奇妙な原画展|荒木飛呂彦の冒険

この夏最大の注目とも言えるべきイベント、「荒木飛呂彦原画展JOJO-冒

PAGE TOP ↑