*

クラウド会計「freee」が大型上場|確定申告と研究費管理に役立つ画期的サービス

公開日: : オススメ, ニュース

先日は、クラウド会計サービスを手がける freee (フリー) が東証マザーズに上場し、その規模が今年2番目の大きさになったと話題になった。公開価格を大幅に上回る初値と終値で、この上ないスタートを切ったと言えるだろう(参考:「freee」大型上場、海外投資家が殺到した理由(東洋経済新報社))。

 

さて、このクラウド会計だが、主な顧客は個人事業主やベンチャー企業そして中小企業といった法人である。つまり、専門の会計士に業務依頼をするほどではない、もしくはその金銭的余裕がないところを相手に、極めて安価でそれでいて高品質の会計ソフトを、クラウドで提供しているのが、この freee なのである。そんな有望なマーケットを見つけたのはもちろん同社だけではなく、競合他社としては「マネーフォワード」や「弥生」が挙げられ、この3社が業界の主要企業となっている。

 

そんな3社のなかにあっても現在 freee は、ユニークユーザ数およびシェアでトップを占め、業界のリーディングカンパニーの座にある。その理由は、競合他社にはない、「会計がまったく分からなくても自動で帳簿がつくられる」という、じつにユーザフレンドリーな開発思想にあると言えるだろう。

 

 

 

なにしろこの freee では、自分のアカウントを、銀行口座やクレジットカードと連携させることで、利用明細が次々と読み込まれ、自動で仕訳されていくのである。しかも、どんどん学習していくものだから、精度は飛躍的に高まり、ほおっておくだけで年末には帳簿が完成していると言えるほどなのである。これは本当にものすごいサービスですよ。今まで四苦八苦しながら会計帳簿とにらめっこし、細かい数字の確認や修正に追われるという、実に非生産的な時間を過ごしていた人たちにとっては、まさに朗報、じつに神がかったサービスとなっているのだ。

 

そして、このサービスを利用し活用するのに、とくだん会計の専門知識は必要ない。そんなお手軽で、自動で、直感で利用できるからこそ、これだけ広く普及し、そして今回の上場に至ったというわけである。ちなみに、ここまでの話を聞き、これは法人向けのサービスだと思ったあなたにも、実は役立つシーンがいくつもあるんですよ。

 

 

 

第一に、個人で確定申告する人にとっても、本サービスは実に助かるものなのだ。近年は、ふるさと納税の盛り上がりや、住宅ローン減税などで、確定申告する人が増えている。しかも大学教員が、本務校以外で非常勤講師を勤めることも多いだろうが、そのときは確定申告が欠かせないのである(参考:「他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要」)。であるならば、申告手続き前に慌ててばたばたと作業するよりも、一年の最初から日頃の記録を付けておいた方が絶対にラクなのは言うまでもない。でも、小学生のときから、お小遣い帳を書き留めるのが苦手だった人いますよね(笑)、だからこそのクラウド会計サービスであり、徹底した自動化にこだわる freee なのである。むちゃくちゃ便利で、一度使うと絶対にそれまでの暮らしにはもどれない、それくらい画期的なサービスなのだから。

 

第二に、このクラウド会計は、研究費管理にも大変役立つのである。大学教員であれば、本務校の研究費に加え、科研費等の外部資金等もあり、そのやり繰りに苦労している人も多いことだろう。もちろん僕もその一人だったのである、過去にはね。何かを購入しても、それは消耗品費なのか設備備品費なのか、はたまたその他雑費のように一括りにしちゃってよいのか、そんなことを考えるだけで頭が痛くなるじゃないですか(苦笑)。そんなときも、このクラウド会計サービスがあれば、そしてとくに freee の自動仕訳機能があれば、いったん設定してしまえば、あとは全部おまかせでいいんです。そんなラクなやり方があったなんて、僕自身このサービスを使い始めるまで知りませんでしたよ。

 

そんな freee は、こんなに優れた機能とサービスを提供しているにも関わらず、お値段の面でもじつにユーザフレンドリーだ、ありがたいね。個人で使うなら下記のスターターで十分だし、いまなら30日間無料でお試し利用ができるので、これを使ってみるのがいいだろう。僕がここまでアツくクドく、力説してオススメしても、いまひとつピンと来ないでしょ(笑)。そうなのだ、こういうサービスって、まずは使ってみることが一番大事なんだよね。使えば分かる、その素晴らしさが。そして一度使うと絶対に離れられなくなる、その優秀な機能に。ぜひそれをご自身で体験し、いままでの無駄な会計・精算作業から自らを開放してはどうでしょうか。本当にこの freee は、おすすめですよ。

 

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

廃棄カツ横流し事件でよみがえる『震える牛』と食品・外食産業への不信

先日からニュースで大きく報道されている冷凍カツの横流し事件(NHKニュース「カツ横流しで業者 廃棄食

記事を読む

【再掲】今年の3月14日は世紀に一度のパイの日だった

すでにご存知の通り、3月14日といえばホワイトデー、ではなくて「パイの日」と答えるのが大正解である。

記事を読む

春の一大イベント・新潟淡麗「酒の陣」が今年も開幕|県内90の蔵元と500種類の日本酒が勢揃い

今週の土曜と日曜日の二日間は、いよいよ日本酒党が待ちに待った年に一度のお祭り「酒の陣」ですよ!200

記事を読む

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2016年版

今年もまたこの時期がやってきた。そう、デロイト社によるレポート "Football Money Le

記事を読む

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧

記事を読む

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journa

記事を読む

米国Amazon.com が公表する、アメリカとカナダの Most Well-Read Cities

毎年恒例となった、Amazon.com (および Amazon.ca)が発表する "Most Wel

記事を読む

The 2015 Daily chart Advent calendar by The Economist

Economist 誌が毎年行っている恒例の "Daily chart Advent calenda

記事を読む

電子書籍市場の急拡大:2018年には米国と英国で紙書籍を追い抜くか

今年は、電子書籍がより一層勢いを増して拡大した一年だったと振り返ることが出来るだろう。2013年の始

記事を読む

Amazon Student 大学別会員数ランキングが引き続き興味深い

秋の新学期開始に合わせた、Amazon Student のキャンペーンが、かなり手厚くて羨ましい(笑

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

これは面白いピタゴラス的発想!|「解きたくなる数学」をビジュアルで考える

以前に「クリエイター佐藤雅彦が好きだ|最新著『ベンチの足』にみるユニー

海をわたって不可能を可能に|大谷翔平メジャーリーグMVP

大谷翔平、満場一致で最高栄誉のMVPを獲得。投打の二刀流で大活躍のシー

【おすすめ英語テキスト】重要単語を因数分解|語源から根こそぎ完璧に理解する

現在開催中のKindle本ストア 9周年キャンペーン。本日はこの中から

父親の経済力と母親の狂気で決まる中学受験|異端の問題作『二月の勝者』がおもしろい

激変する受験界に舞い降りた、最強にして最悪のスーパー塾講師を主人公に据

寝苦しい今夜も嫁を口説こうか|珠玉の芸人エッセイ3冊

以前にも何度かおすすめしてきたように、お笑い芸人が書くエッセイには、な

会計のベストセラーおすすめの4冊はこれだ|僕は本当に「さおだけ」を買っちゃいました

会計というものはとても面白い。その専門的内容がおもしろいというだけでな

第69期将棋タイトル王座戦五番勝負最終第5局、新潟県南魚沼市で開幕せず!

さてさて、永瀬拓矢王座に木村一基九段が挑戦する第69期王座戦五番勝負、

今年のノーベル経済学賞はアメリカの労働経済学者3名が共同受賞

今年のノーベル賞受賞者が発表されるなか、いよいよ経済学賞の受賞者が明ら

PAGE TOP ↑