*

現代アメリカ社会の象徴:メガチャーチの誕生と新たなコミュニティの創造

公開日: : 最終更新日:2017/12/11 アメリカ

毎年クリスマスを迎えるたびに思い出すことがある。それは若い頃の甘酸っぱいデートの記憶、ではもちろんない。そうではなく、僕がいつも思い起こすのが、アメリカのメガチャーチだ。僕がこの現代アメリカ社会を象徴する巨大教会について初めて知ったのは、「アメリカン・コミュニティ」の中で紹介した渡辺靖著『アメリカン・コミュニティ:国家と個人が交差する場所』であった。

 

強固な外壁に囲まれたロス郊外の超高級住宅街、保守主義の牙城・アリゾナの巨大教会、ディズニーが創ったフロリダの町など、9つの地域を丹念に調査。多様性を象徴し、内側から社会を支えるコミュニティこそが、アメリカをより深く理解するための鍵である。なぜこの国はダイナミックに変化し続けられるのか。真の力の源泉とは何か―。

 

現代米国社会を象徴する9つのコミュニティを訪問しその現状を紹介した本書の中でも、最も強烈に僕の印象に残ったのが、保守主義の砦・巨大教会(メガチャーチ)だったのである。過去にはクローズアップ現代「巨大教会が政治を動かす~アメリカからの報告~」でも特集され、宗教と政治が密接につながった姿が衝撃を与えた、あの巨大教会群のことである。

 

photo credit: Flickmor via photopin cc

photo credit: Flickmor via photopin cc

 

 

だから、2008年夏に僕がアメリカで留学を始めた際に誓ったことの一つに、必ずこの巨大教会とやらを見てやろう、そしてその何がアメリカ的なのかを探ってみたい、ということだったのである。そして僕はその翌2009年のクリスマスに、そんなメガチャーチの一つを訪れる機会を得た。これは本当に幸運だったと思う。僕にはまさにそのメガチャーチに通う米国人のクリスチャンの友人がおり、彼ら家族に連れられてクリスマスの集いに出席することができたのだ。

 

このことを大学のアメリカ人友人に話すと、まず間違いなく驚かれた。それは、なぜ日本人の僕が、アメリカでも特異な目で見られているメガチャーチなんかを訪れる機会があったのかという驚きである。なにしろ普通に留学生活を送っている限り、同級生も教授も国際色ゆたかでリベラルであるからこそ、宗教的保守のメガチャーチとの接点など生じようがないのである。

 

しかし、僕が大学とは全く関係ない古いアメリカ人友人と一緒に、実際にメガチャーチを訪れて感じたのは、そこがアメリカの一つの平均像だということだ。学歴が飛び抜けて高いわけではないが低いわけでもない。郊外で生まれ育ちそして働き、近隣の大都市や海外への関心は乏しい。白人が大多数を占めており、僕が訪れた当日、間違いなく僕は教会内での異物であった。新興住宅街の新住民がそろって同じ教会に通い、ご近所付き合いを大事にする。それと同時に、新しい住宅地が開発されれば熱心に勧誘し、新たな信者を連れてきた人には教会側からプレゼントが用意される。

 

このように、従来の教会や伝統的な宗教に対する我々の考え方とは大きく異なるシステムとサービスを、実に現代的なビジネス・マーケティング的志向で構築したのが、このメガチャーチとその裾野に広がる新たなコミュニティなのである。そしてもう一つ注目したいのが、このメガチャーチの隆盛が、「『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容」で書いた『綻びゆくアメリカ』と同時期に進行している点である。

 

以下のレポートが、僕がまさに自分の目で見てきた現代アメリカの一つの象徴である。ぜひまた、その後の成長拡大ぶりをみに、僕自身このメガチャーチを再訪したいと思っている。

 

  1. メガチャーチの衝撃
  2. 神をも消費するアメリカ
  3. メガチャーチ信者の特性
  4. 日本とアメリカに見る郊外
  5. 日本の正月とチャーチの未来
  6. メガチャーチのメガ化が止まらない

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

『ヤバい統計学』著者による新作『ナンバーセンス』で知る、アメリカ大学ランキングの舞台裏

以前に「テーマパーク優先パスの価格付け」でも紹介したように、カイザー・ファング著『ヤバい統計学』は、

記事を読む

アメリカ大統領選挙まであと数日|敗者の演説で振り返るステーツマンシップ

ヒラリー・クリントンとドナルド・トランプの、泥仕合のまま迎えることとなりそうな米国大統領選挙。8年前

記事を読む

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

スタンフォード大学に集まる若き経済学者たち

先週のニューヨーク・タイムズ紙の記事 "How Stanford Took On the Giant

記事を読む

『ゼロ・トゥ・ワン』のティールと米国社会の変容『綻びゆくアメリカ』

米国の著名投資家ピーター・ティールが著した『ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか』が、「今

記事を読む

[若きテクノロジストのアメリカ]宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由

『宇宙を目指して海を渡る~MITで得た学び、NASA転職を決めた理由』を読み終えた。少年の頃に天体に

記事を読む

takoyaki

米国人一家と英国一家が美味しい日本を食べ尽くす

ちょっぴり巷で評判の『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』を読んでみたら、これが思いの外おもしろか

記事を読む

夏本番。今年はぜひ美味しいクラフトビールを飲もう!

アメリカのビールと言えばバドワイザー。そのイメージは正しい。なにしろ下図が示すように、市場シェアで圧

記事を読む

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを

記事を読む

綻びゆくアメリカと繁栄から取り残された白人たち

2014年に翻訳出版された『綻びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語』に今また注目が集まって

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要|提出締切は3月15日

毎年1月から3月にかけては確定申告の季節。一般的には2/16から受付開

【Kindleセール】「カリスマ同時通訳者が教えるビジネスパーソンの英単語帳」と「日本人なら必ず誤訳する英文」

現在実施中の「ディスカヴァー・トゥエンティワン書籍キャンペーン」のおか

メジャーリーグ新時代|アストロズ優勝が示す鮮やか過ぎるデータ革命

先日 NHK-BS で放送された「アストロズ革命~MLBデータ新時代~

打倒青山学院|来年の箱根駅伝をもっと面白くするこの5冊

青山学院の3連覇に沸いた今年の箱根駅伝、ご覧になった方も多いことだろう

起業家視点の戦略的ボードゲーム「カタンの開拓者たち」|世界的ベストセラーがシリコンバレーで盛り上がる

今年の冬休みこそボードゲームを楽しもう ことしもまた冬休みが近づいて

2017年ふるさと納税|大人気のおすすめ返礼品7選

ふるさと納税の人気が止まらない。2017年4月には、総務省から過剰な返

2017年のベストセラー書籍トップ25冊

2017年も残すところあとわずか。それでは今年も本ブログを通じてのベス

Amazon.com の勢いが止まらない|サイバーマンデーで過去最高売上を記録

株価上昇が続くアメリカ経済の中でも、Amazon.com の勢いはひと

PAGE TOP ↑