*

非常勤講師も必要な確定申告スタート|今年からマイナンバーが義務化

公開日: : ニュース

2月16日から始まった今年の確定申告。一般的には、高収入のサラリーマンや、個人事業主だけに関係のあるものと思っている方も多いのではないだろうか?しかし、そんなことはないのです。

日経新聞)2016年分の所得税の確定申告の受け付けが16日、全国の税務署などで始まった。給与が2千万円を超えるサラリーマンや給与以外に年間20万円を超える所得がある人、個人事業者などが対象。

 

実際には、大学教員にとっては極めて身近な、つまりそれなりに多くの数の人が手続きしなければならないのが、この確定申告なのである。なぜならば、他大学で非常勤講師を務めている場合、「2ヶ所以上から給与」をもらっていることに該当し、それはすなわち自分できちんと確定申告しなくてはならない、ということなのである。昨年、非常勤講師を経験した方は先日、源泉徴収票を受け取ったことだろう。それがまさに、確定申告に向けての第一ステップとなっているのだ。

 

6355404323_cf97f9c58e_z

(Photo by 401(K) 2012)

 

 

さて、そんな若干面倒くさい(と思われがちな)確定申告については、僕自身も昨年初めて手続きをしたのである。そのときに色々と調べてなるほどと思ったこと、そして税金の仕組みから経費の定義などなど、大いに勉強になったのである。それらについては「他大学で非常勤講師をすると確定申告が必要」に詳しくまとめたので、ぜひご参考ください。ちなみに、今年からマイナンバーが義務化されたことからも分かるように、例えば今までうっかり手続きし忘れていた方も、今後はきちんと正確に申告しないと、税務署からはしっかり把握されているので、くれぐれも手続きをお忘れなく。

 

一見するとなんだか複雑に聞こえる確定申告だが、その手続方法をちゃんと予習しておけば、ネット上で必要情報を記入してくだけで書類を作成することができる。それをプリントアウトして税務署に持っていくだけなので、当日現地で困ることもないだろう。ただし、締切が3月15日と、一ヶ月の猶予しかないのに加え、当然のごとく締切間際が税務署に並ぶ行列がさらに長くなる。それを避けるためにも、早め早めに準備して、問題なく手続きを終えてきれいさっぱりするのがよいだろう。以下の書籍は僕が昨年初めてこの確定申告をするに当たって最も参考になった一冊だ。初心者でも間違いなくしっかり理解できる内容で、今年から確定申告が必要な人にはぜひおすすめしておきたい。

 

 

 

加えて、来年も確定申告しそうだという人に今のうちからおすすめしておきたいのが以下の2つ。まず一つ目は何と言っても、会計ソフトfreee(フリー)である。これは、銀行口座への出入金からクレジットカード利用履歴まで、クラウドでお金の管理をする優れもののサービスであり、一度使ってみるともう離れられないほどの便利さを実感するはずだ。30日間無料のお試しプランも用意されているので、一度使ってみるとそのスゴさが分かるはずだ。おすすめです。

 

二つ目のおすすめは、ふるさと納税。いまや大変な人気となっているこの制度だが、総務省のウェブサイトの解説をざっと読めばその概要が分かるし、より詳しい実践的な使い方やおすすめ特産品情報は各種ガイドブックで紹介されている。いずれにしろ、どうせ来年も確定申告しそうということであれば、今のうちから計画的にふるさと納税もしておくとよいのではないだろうか。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこちで聞こえそうなこの時期を狙って

記事を読む

埼玉県にヘルプに行っていた十日町の除雪隊と、記録づくめの地元雪まつり

2月の関東近辺で記録された大雪。ふだん雪が積もることが少ない地域だけに、埼玉県の秩父市や小鹿野町等、

記事を読む

dinner table

サンフランシスコ発の口コミ情報サイト「Yelp」が日本上陸

米国の口コミ情報サイト「Yelp」(イェルプ)が日本でサービスを開始したというニュース(日経新聞)。

記事を読む

フェイスブック・データでみるバレンタインデー|世界中が愛を込めて

いつの間にかバレンタインじゃないですか、諸兄の皆様方、心の準備はOK? さて、昨年のこの時期にも「バ

記事を読む

Wall Street Journal 125周年と、アメリカ現代史

ちょうど昨年、「フィナンシャル・タイムズ(FT)とウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」で書い

記事を読む

シンガポール建国50周年|エリート開発主義国家の光と影の200年

先日で建国50周年を迎えたシンガポール。Economist や、Wall Street Journa

記事を読む

キューバに行くなら今が最後のチャンス:アメリカ人観光客が殺到する前に

今年の「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」でも書いたように、今キューバが

記事を読む

2018年ノーベル経済学賞はノードハウスとローマーに|著書が半額セール中

今年のノーベル経済学賞が先日発表され、受賞者はイェール大学のウィリアム・ノードハウス教授と、ニューヨ

記事を読む

岡崎所属のレスターシティ奇跡の優勝と、これからのサッカー・データ革命

プレミアリーグ大番狂わせのレスターシティ優勝 ご存知のように、今年の英国プレミアリーグでは、岡崎が

記事を読む

ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所:2015年版

昨年「ニューヨーク・タイムズが選ぶ、今年絶対に行きたい世界52ヶ所」で書いたように、同紙では毎年1月

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

PAGE TOP ↑