*

データとマネジメントとストラテジー|ドイツ・サッカー復活の道のり

公開日: : 最終更新日:2016/07/11 スポーツ

昨年のサッカー・ワールドカップ。開催国ブラジルを7-1という大差で沈め、決勝でも強豪アルゼンチンを倒し、1990年イタリア大会以来じつに24年ぶり(当時は西ドイツ)の優勝トロフィーを持ち帰ったドイツ。その復活の背景には「ビッグ・データ」があり、ドイツ企業SAPが開発した Match Insights というデータ活用のシステムがあったというのは、以前に「ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕」で書いた通りだ。

 

しかし、ドイツが今回ふたたび大国として結果を出すまでには、母国サッカーリーグと代表チーム運営で様々な改革がなされてきたというのが、以下の記事で書かれていることであり、とても興味深く読んだ。

 

 

上記記事にもあるように、データとPCを常に手元に置いておくのはもはや当たり前。それだけでなく、クラブチームにはアカデミー設立が要請され若手育成に力を入れてきたこと、過去の有名選手を代表監督に据えるのではなく無名でも監督能力が高いと考えられる人材を抜擢すること。その象徴が、そもそも指導者ライセンスを持っていなかったレーウを代表監督に招聘して達成した昨年のワールドカップ優勝である。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

もちろんこうした改革の成果が出るまでには時間がかかり、ドイツの場合も10年を経てようやく高いレベルに再び立ち返ったところなのである。そうであるならば、まだその高みに立ったことがない日本は、そのレベルを目指すためにどのような大改革が必要なのか、という点でも参考になる論点の数々である。とくに代表監督に関しては、海外から招聘しては批判し解任するばかりではなく、どんな指導者を求め、そういう人物をどう探すか、そして将来の候補をどう養成していくのか検討が必要だろう。

 

以前に「サッカー・データ革命の時代に読んでおくべきこの5冊」でも紹介したように、現代サッカーにおいては、もはや精緻なデータのない試合戦術などは考えられない。しかし、国レベルでサッカーを強くしていくためには、何よりも母国リーグ強化のための総合的な仕組みが欠かせない。そういう全体の戦略とマネジメント、それを世界に強烈に印象づけたのが、2014年のワールドカップとドイツの優勝だったのではないだろうか。将来的には、この年を境に世界のサッカーが変わった、そう歴史に位置づけられるほどのインパクトを与えた大会だったのかも知れない。

 

 

Amazon Campaign

follow us in feedly

関連記事

the-ball-488718_640

日本代表はなぜ負け続けるのか|サッカー・データ革命はどこに?

サッカー・ロシアW杯出場を賭けたアジア最終予選が始まった。と思った矢先に、対UAE戦にホームで敗れる

記事を読む

wowow-tennis-australia-2017

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭のテニスをデータ観戦しよう

さあ、いよいよ注目の一戦が始まるぞ。2017年の全豪オープンテニス4回戦で、錦織圭がロジャー・フェデ

記事を読む

economist-tennis-grand-slam

テニス・グランドスラム優勝回数ランキング

【追記】「難敵アンディ・マレーをフルセットで倒した錦織が準決勝進出|データで見る2016年全米オープ

記事を読む

nishikori

グランドスラム初優勝を目指す錦織圭の全仏オープンテニスを、SlamTracker でデータ分析しながら応援しよう

グランドスラムでのベスト8進出が、もはや驚きではないということ自体に驚かされる錦織圭のテニス。現コー

記事を読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ワールドカップの閉幕、そしてデータドリブン・サッカーの開幕

ドイツ優勝で幕を閉じたサッカー・ワールドカップ。7-1という大差でブラジルを撃破した準決勝の試合に象

記事を読む

photo credit: Kei Nishikori via photopin (license)

データで考える|史上最高の男子テニスプレイヤーは誰だ?

今年の全豪オープンテニスはジョコビッチの優勝で幕を閉じた。錦織にはもう少し上まで行って欲しかったが、

記事を読む

baseball_border

フェイスブックのパーソナルデータが明らかにする、米国スポーツチームのファン境界線はココだ。

これまで何度か書いてきたが、フェイスブックのデータサイエンスチームというのは、いつも興味深いデータを

記事を読む

wimbledon-2015-4

ウィンブルドン決勝ジョコビッチの優勝をデータで振り返る

さて先日の「テニス・ウィンブルドン決勝|ビッグ・データを制するのは誰だ?」にも書いたように、僕は今年

記事を読む

origin_14629072806

ヨーロッパ各国サッカーリーグ開幕:データ革命の時代

さて、いよいよ開幕したヨーロッパ各国のサッカーリーグ。ハメス・ロドリゲスがレアルに移籍し、香川真司は

記事を読む

football coach economics

サッカーチームの経済学|デロイト・フットボール・マネーリーグ2017年版

毎年デロイト社が発表するレポートの最新版 "Deloitte Football Money Leag

記事を読む

Amazon Campaign

Amazon Campaign

last-lecture-ishiguro
人間はアンドロイドになれるか|ロボット工学者・石黒浩の最後の講義

大学教授が定年退官の前に行う授業、それがこれまでの「最後の講義」だった

konchu
若き昆虫学者のアフリカ|いまこそ昆虫が面白い

もうご存知と思うが、いま昆虫が熱い。ちょっと前から大ブームだ、とまでは

tennis-ball
テニスプロはつらいよ|トッププレイヤー錦織圭とその他大勢の超格差社会

2014年の全米オープンテニスで日本人初のグランドスラム決勝進出を果た

auroras-1203288_640
スノーピーク初のグランピング施設が三浦半島にオープン

いよいよ夏が近づき、今年はまたキャンプにでも行こうかという話があちこち

kuzushi shougi
最年少プロ棋士・藤井聡太とAI将棋の時代|人工知能が切り拓く新たな地平

ついにストップした藤井聡太四段の連勝記録。しかし、史上最年少でプロ棋士

shougi_old_board
中学生プロ棋士・藤井聡太四段の新たな歴史的偉業

快進撃を続けていた若干14歳のプロ棋士・藤井聡太四段が、ついに、なんと

bhutan royal couple
「幸せの国」ブータン王国を築いた国王のリーダーシップとマネジメント

「眞子さま、ブータンから帰国 」(日経新聞)等と各種ニュースで報道され

chemistry-740453_640
「もっとヘンな論文」がついに登場|アカデミック・エンターテインメントの最高峰

NHK Eテレの番組「ろんぶ~ん」をご存知だろうか?ロンブー淳が司会を

PAGE TOP ↑