*

秋学期に担当した統計学の、学生による授業評価が返ってきた

僕が昨年の秋学期(10-12月)に担当していた統計学の授業は、修士課程1年生の必修科目である。その受講生による授業評価が先日発表された。いまどき学生による授業評価といったものは、おそらくは多くの大学で

続きを見る

ビル・ゲイツが2013年のNo.1書籍に選んだ『コンテナ物語』

2014/01/27 | オススメ書籍

ビル・ゲイツ氏が選ぶ「2013年に読んだ記憶に残る7冊の本」が昨年末何かと話題となったが、その中でイチオシされている本書『コンテナ物語』は確かに素晴らしく壮大な一冊。 photo credi

続きを見る

プリンストン大学の研究に、フェイスブックが倍返し

2014/01/26 | ニュース

WSJ「『フェイスブック滅亡』論文、物議を醸す」や、CNET「Facebook、ユーザー急減の予測にジョークでやり返す」等で取り上げられているように、Google Trends のデータを基に、フェイ

続きを見る

雪国・南魚沼と、消雪パイプシステム

2014/01/25 | 南魚沼・新潟

国際大学のある南魚沼市は新潟県の中越に位置するが、このエリアは長岡や越後湯沢を含め、日本のというか世界でも有数の豪雪地帯である。   大学後方に聳える越後三山(八海山(1,778

続きを見る

リズム・トーン・メロディの強弱と切替で考える英語スピーキング

2014/01/24 | 英語

僕のおすすめの英語テキストの一冊『日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術』。   日本人の知らないワンランク上のビジネス英語術 エール大学厳選30講 po

続きを見る

10代の母:アメリカと日本のテレビの影響

National Bureau of Economic Research (NBER) の最新のワーキングペーパーの一つ、"Media Influences on Social Outcomes: T

続きを見る

ゲイツ財団と世界の貧困に関する3つの誤解

2014/01/22 | ニュース

今年もビル&メリンダ・ゲイツ財団の年次書簡が発表される時期がやってきた。「ビル・ゲイツからの手紙と innovations in measurement」で書いたように、昨年の同財団は、貧困というグロ

続きを見る

アメリカと日本と国際養子縁組

2014/01/21 | アメリカ, ニュース

先日のTBSの番組「女児はなぜアメリカへ行ったのか?国際養子縁組を考える」を観た。 豊かな社会とは何だろう。ひとつには選択肢が多様であることだろう。1歳の女の子さくらちゃんが、去年アメリカにわたった

続きを見る

あらためて国際大学(IUJ)の紹介:留学生の出身国

2014/01/19 | 大学・授業

以前に紹介した通り、国際大学の学生は全員が修士課程生であり、その多くが開発途上国を中心とした海外からの政府派遣留学生である。各国の中央銀行や財務・法務等の中央省庁または地方自治体の行政官等で、合計3-

続きを見る

越前・越中・越後と、上越・中越・下越

2014/01/17 | 南魚沼・新潟

新潟県の面積はなかなかに大きいのだが、さて、日本の都道府県の面積を大きい順に5番目くらいまで正確に言えるだろうか?   もちろん最大面積を誇るのは北海道なのだが、その後は、岩手、

続きを見る

あらためて国際大学(IUJ)の紹介:ロケーション

2014/01/15 | 大学・授業

さて、国際大学(International University of Japan, IUJ)については、以前に「国際大学の紹介」で書いた通りなのだが、それを補足する形で、ここでもう少し詳しく解説して

続きを見る

Amazon Campaign

japanese dictionaries 1
卒業・進級・入学のお祝いに|今も昔も定番の国語辞書をプレゼント

いよいよ春も近い。それはすなわち、卒業シーズンを迎え、そして進級・入学

統計はウソをつく|ブルーバックス名著に学ぶ騙されないための数学的思考法

ご存知のように政府統計の不正が大きな問題となっている。各種政策のもとと

NHK「最後の講義」物理学者・村山斉を見逃すな

先日のNHK「最後の講義」みうらじゅんが圧倒的に面白かったのは既にお伝

NHK「最後の講義:みうらじゅんの幸福論」が面白すぎた

2/2(土)に放送されたNHK「最後の講義」に登場した、みうらじゅん。

今年も確定申告の時期がやってきた|便利なクラウド会計で手続きを簡略化

さて、2019年もあっという間に12分の1が過ぎ、早2月を迎えた。それ

錦織圭の死闘|全豪オープンテニスが面白い

今年の全豪オープンテニスがめちゃくちゃ盛り上がってますね。観ましたか、

若き探検作家・角幡唯介の「極夜行」は最悪の旅だからこそ最高のノンフィクション

探検家・角幡唯介のノンフィクション作品を読んだことがある人も多いことだ

箱根駅伝「幻の区間賞」と関東学連チーム出場の是非

来年もまた正月から箱根駅伝にくぎ付けとなってしまう、そんな人も多くいる

PAGE TOP ↑